青森へ出張

 いつも通り、朝から17時まで仕事をして、羽田まで車で送ってもらうことにする。父が冗談交じりに
「もし、癌だったらどこで手術をしてもらうんだ?」と言う。
「さぁねぇ。調べて調べまくって、一番確かな先生を探すとか、間違いないドクターを探すかなぁ。。」
「癌だとしたら、何したいですか?」
と、事務所で一番長く勤務している職員が聞くので、
「仕事なんて止めて海外旅行にでも行くよ。」
と答える。癌だなんてことになったら、まともに受け入れられないだろうし、寿命だって限られてくるのだろうから、やりたいことをやって、好きなように生きるんだ!と、このときの正直な気持ちだった。
 
 気力があれば羽田まで自分で運転をしていき、帰りもバスの時間など気にせず、すぐに帰ってこられるけどなぁ、と思いながらも、まだ納車から一か月もたっていない新車だったこともあって、羽田まで送ってもらい、食事をして職員と別れ搭乗口へ。

 青森のホテルに到着するのは10時を過ぎる。9月の鹿児島では前泊してスタッフと共に郷土料理を美味しく頂きながらお酒もかなり飲んだけれど、到着時刻も遅いし、仕事を一日した後だったので、先発のスタッフとは合流せずにホテルの部屋へ。
by toco_tax | 2008-11-17 23:50 | 発見~検査~入院まで | Comments(0)
<< 青森でのセミナー 検査翌日のゴルフ >>