手術終了~長い夜
 手術室からリカバリールームへ移動。

 主治医が、 「○○さん、わかりますか?」と呼んでくれて覚醒する。
 「痛みますか?」
 「はい。」
 「それでは、鎮痛剤を使いましょうね。」

 と、直ぐに鎮痛剤の点滴を始めてくれた。痛みも治まり、眠くなっていく。
 父と母も付き添ってくれていたようで、「また明日来るね。」と引き上げていった。

 手術に要した時間:1時間23分 
 出血量:5cc

 だったとのこと。

 心電図、血圧計、酸素濃度系、酸素マスク、点滴、尿のチューブを付けられ、リンパ節を郭清したのでドレーンからリンパ液が排出されている。身体は抑制されている。

 手術が終わったのが午後3時頃だったので、覚醒した後、午後10時半頃まで7時間ほど眠ったのだろうか。

 目が覚めると、抑制されているため、腰と足首が痛み、喉がカラカラで口元が乾燥している。全身麻酔の挿管で、喉が痛んでいるらしい。痰が切れず、看護師さんに何度か吸引してもらう。
 長い長い夜だった。空気は乾燥しているし、入院する前日から不運なことに風邪っぽく、元々喉は丈夫ではない方なので、とても辛い。一時間ごとに検温。血圧計も引っ切り無しに自動的に測定をして、モニターに映されている。
 自分がどういう状態になっているのか、全く把握できていないので、右腕も左腕も、このまま動かなくなってしまうのかしら、と思うほど、動かすことができない。
 
 私の後に手術をした方が、1つベットを隔てて、時々看護師さんに「今、何時かしら?」と、やはり腰を痛がったり、口元が乾燥する、と話している。時間を確認する度に、あぁ、まだ朝まで5時間もある、あと4時間、あと3時間…と、起床時刻までが、本当に待ち遠しかった。

 ようやく6:00a.m. 起床時間だ。周囲の動きも活発になっていく。
 回診が待ち遠しく、すでにいっぱいいっぱいの状態。喉こカラカラ。腕も固まったまま、自分で動かすことができるのか、恐怖心でいっぱいだった。

 リカバリールームには時計がなかったので、時間の感覚が全く分からなかったが、8:00過ぎだったのだろうか。主治医の回診で、全ての機械が取り外され、腕も持ち上げられて、上がることが確認できてホッとした。

 「水を飲んでもいいですよ。」 と、許可が出る。看護師さんがコップに水を入れて持ってきてくれた。一口飲んで、一度コップを返してしまったら、手の届かない場所にコップが置かれてしまった。お昼は五分粥との指示が出た。

 「手術室に入ったのは覚えてますか?」
 「はい。」
 「いつ眠くなったのかは覚えてる?」
 「手術台に乗ったところまでです。」
 「手術室から戻ってきたことは覚えている?」
 「はい。先生が呼んでくれました。」

 など聞かれ、手術した胸の傷を確認すると、
 「出血もしていなくて、綺麗ですね。」
 「午前中には歩いてお部屋の方へ戻りますからね。」
 と言われて、尿の管も切断して、膀胱に尿が溜まるのを待つことに。
 そんな時に限って、尿意が現れない。

 ベットを起こして、体位が変わったので、腰も楽になった。

 10:30過ぎに看護師さんに付き添われ、部屋に戻ることに。途中、トイレに寄って尿管を外してもらう。ホッと一息。

 リカバリールームにいる間に、
 「○○先生に、お花が届いたのでお部屋に届けておきました。」
と、会計受付の方が伝えに来てくださったり、本部の経理担当の方がお見舞いに来てくださったりと、日頃お世話になっている顧問先ならではの待遇に感謝
emoticon-0152-heart.gif

 自室に戻り、昨夜の長い長い悪夢!から解放され、手術着から通常の入院着に着替える。



c0196754_15101087.jpg 高校時代からの友人二人からの素敵なお花が届いていた。なんて優しい素敵なアレンジメントだろう。
 親しい税理士の奥様が、入院している病棟に勤務されていて、この方が色々と気遣って下さり、届いたお花を開梱して枕元に飾ってくださった。










 
by toco_tax | 2008-12-11 22:26 | 手術~外出許可 | Comments(0)
<< 術後1日目 手術 >>