娘が風邪をひいた!

 放射線治療8回目を終え帰宅。今日は休講で学校へ行かなくていい娘が、帰宅してもまだ布団に入ったまま寝ていた。
 退院するときに、「くれぐれも風邪をひかないように気をつけてくださいね。」と、看護師さんには何度も念を押されていた。白血球が減少しているときは、普段ならなんでもないことでも感染してしまう怖れがあって、肺炎を起こしたら大変なことになってしまうという。
 出かける時に、「具合が悪いのなら、早くお医者さんへ行きなさいよ。」と何度も言ったのにも拘わらず、朝から布団に入ったきりだった。午前の診察時間には今からでは間に合わない。
 お昼には、すりおろしりんごとうどんを作って食べさせる。食べている時以外は、もちろんお互いにマスク着用。娘と同じ空間にいるとヤバいと感じて、私もだるかったのでベットでしばし休養。娘をなんとか午後の診察時間に送り出す。その間に、しばらく目をつぶってやり過ごしていた掃除を始めて少しスッキリした。
 娘が帰宅して熱を測ったら、38.5℃だった。途中、立っていられないほど具合が悪くなって座り込んだりしながら帰宅したとのことだった。

 ずっと気遣ってくださっているマンションのご近所友達が、今日も夕食のお惣菜を差し入れてくださった。買い物にも行けていなかったので、本当にありがたい。そしてデリバリーしてくれるのは、春に小学生となるSちゃん。「これね、早く○○さんが元気になりますように、ってお母さんが作ったから食べてね。」と、いつも可愛い声で手渡してくれる。emoticon-0152-heart.gif
 栄養をつけさせて、とにかく早く風邪を治してもらわなければ、我が身にも危険が降りかかるemoticon-0124-worried.gifと思い、すりおろしりんご、昨夜の鍋の残り物で作ったお雑炊、頂いたお惣菜がありがたく御馳走になり、食後には、山のように処方されてきた薬を飲ませる。


 一息つき、夜になって明日の食材の買い物へと出かけた。あ~なんてこったぁemoticon-0130-devil.gif何しろ、うつらないようにしなければで、娘に優しくできない自分が情けなかった。
by toco_tax | 2009-01-08 23:41 | 日々のこと | Comments(0)
<< 初めて娘が学校を休んだ日 転回禁止&ベリーショートに >>