術後7日目

 入院前に、「手術後5日~一週間で退院できる手術ですから。」と、お聞きしたとき、父が、「なるべくゆっくり入院させておいてください。」と、主治医にお願いしていて、半ば冗談だろうと思っていたが、主治医も「ここにいた方が、まぁ安心でしょう。」などと笑いながら応えていた。
 私は、といえば、さすがに入院生活にも疲れてきて、ドレーンさえ外れれば、すぐにでも退院したい気分だった。

 今朝の回診は主治医のS先生。
「このまま、化学療法を来週の22日月曜から始めましょう。最初の抗がん剤投与後は、副作用などの経過を診るために10日ほど入院を続けてもらいますが、年末にかかってしまうので、20日土曜に相談しましょう。お父様も来られますか?」
「大丈夫ですが、そんなに長く入院が続くと思っていなかったので、どうしてもやらなければならない仕事があるので、外出はできるでしょうか?」
「外出はどうぞ、大丈夫ですよ。」

 手術後の永久病理検査の結果が出たのだろう。手術が終了した時点で、両親への説明で、センチネルリンパ節2個のうち1個が陽性だったことは聞いていたし、化学療法をすることも承知していた。ただ、一週間~10日程度の入院のつもりでいたので、急に我が家へ帰りたい想いが湧いてきて、少々凹んだ一日だった。

 ホームシックにかかっている場合ではない。主治医の判断に従って、完治を目指さなければemoticon-0148-yes.gif
 長期の入院となるなら、娘に「持ってきてもらう品リスト」を作って、必要なものをメモをした。

 保湿ティッシュ、洗濯バサミ、S字フック、マグカップ、練習用の短いゴルフクラブ、愛用枕、モニタオル、爪楊枝、綿棒、ジャージ、ヒートテックサーモの下着、ソックス…外出用のセーターもだ! 
by toco_tax | 2008-12-17 20:57 | 手術~外出許可 | Comments(0)
<< ドレーンがとれた 術後6日目 >>