乳癌プロトコール

 朝の回診にて抜糸がすべて終わった。

 今日は、病理検査の結果と、今後のスケジュールなど、主治医からの詳しい説明を、両親と共にお聞きすることになっていた。

 10:30a.m. 主治医の説明は、いつものように、ペーパーに図示をしながら、解りやすく丁寧だった。

 センチネルリンパ節の転移が2個中1個、そしてリンパ節転移は6個中2個であった。

 局所をコントロールするために、放射線治療をする。週に5日を5週間。

 8個のうち3個が転移。術後薬物療法の指針として3個以上の転移がある場合には、全身にひろがることを予防するために、化学療法とホルモン療法を組み合わせる必要がある。

 化学療法の副作用として、代表的なものに、吐き気、白血球減少、脱毛などがあり、ホルモン療法の副作用として、更年期障害があらわれ、身体がほてって熱くなる、うつ状態になるということがあげられる。

 ホルモンレセプター:ER(エストロゲンレセプター) (+)
              PgR(プロゲステロンレセプター) (+)
              HER2(ハーツ) (-)

 残念ながら、HER2は(-)なので、癌細胞にだけ効果のある分子標的薬は使えない。


とのこと。そして、乳癌プロトコール(レジメン)を頂いた。
 静注で使用する薬剤名と量、経口投与の薬剤名と用法、スケジュール表など6枚に亘っている。
「これを差し上げておきますので、何か不明なこととか、分からないことがあったら、何でも質問してください。」
 そして、来週の月曜、12月22日(月曜)から第1回目の抗癌剤の投与をスタートさせることとなった。

 これから、最低でも5年間は治療を続け、一生ずっと乳癌と仲良く付き合っていかなければならないのだから、K病院で信頼できるS先生に診ていただくことができて、本当に幸せなことだと改めて、両親ともよろこんだ。

 そして、この日は、どうしても事務所へ出てやらなければならない仕事があったので、外出許可を頂いて、面会時間終了の午後8時まで、出かけてよいことになった。

11:00~事務所着
12:00 事務所近くの台湾料理店にてランチ優優

13:00 姪っ子と甥っ子が事務所に会いにくる
16:00 年末調整等、どうしても終わらせたかった仕事終了
17:00 娘と合流して、美味しい焼肉店にて早目の夕食
ElaEla

18:20 予約していた美容院へ到着。大混雑中!
19:30 門限が迫った私だけ取り急ぎ終了。一緒に病院に送ると言っていた娘は続行中。
19:50 タクシーにてK病院へ到着

 慌ただしい一日だった。気になっていた仕事を片付けることができたし、美容院へも行って、入院中、洗髪がなかなかできないので、ショートヘアにしてきて、サッパリした。
by toco_tax | 2008-12-20 20:31 | 手術~外出許可 | Comments(0)
<< 日曜日 初めての外出許可 >>