入院3日目

抗がん剤FEC1001クール2日目、放射線治療終了後42日目

 昨夜に引き続き眠れない夜を過ごしました。さすがに朝6:00起床時間は、朝が苦手な私には過酷なスケジュール。

 今朝は6:10に看護師さんが、
「朝早くからごめんなさいね。採血させてください。」
と、やってきました。いつも採血する右腕には、まだ点滴の針が留置してあるので、
「痛いですけど、足から採らせてね。」
ということになり、足首内側から初採血。確かに少し痛かった~!

c0196754_118497.jpg


  ちょっと寂しい朝食は半分しか食べられず、昨夜差し入れてもらった苺をよく洗って食べました。
 
 午前中、主治医のS先生の回診があって、今朝の採血の結果、白血球は4300とのこと。今日は、一安心な数値です。

 その後、看護士さんに点滴の針を抜いて頂いたので、右腕がようやく自由に楽になりました。

 抗がん剤の副作用の一つに便秘がありますが、経口投与の下剤が程良く効いて、11時過ぎに、お腹スッキリ大量に排出されました

 
 お昼過ぎからはテレビでWBC日韓戦を観戦。昼間からフル観戦できてしまうのが嬉しいような悲しいような…。残念な結果でしたが、まだまだ敗者復活戦がありますものね。

 夕方はやはり二晩続けて眠れず、微熱36.9℃もあったのでアイスノンで気持ちよくまどろみました。


  夕食後、娘が中学生のときからずっと英語でお世話になっていた先生がお見舞いに来てくださいました。六年間もお世話になっていた間、いつも大人しくしていたことがなかった私が、こんなふうに入院していることが信じられない!と、大きな目をくりくりさせながら驚いていらっしゃいました。

 ちょうどそこへ娘も到着して、大学の成績表などを見ながら、今の大学の評価方法のGPAに、私と同様、時代の流れを感じているようでした。

 お見舞いに頂いた苺を、先生が帰られた後、娘と早速いただき、甘くて美味しくて、食欲が少し落ちていた私には嬉しい差し入れでした053.gif






 
by toco_tax | 2009-03-18 21:25 | 化学療法② | Comments(0)
<< 腋の下のしこりはリンパ液 入院2日目 >>