腋窩穿刺のエコー-白血球1800

抗がん剤FEC1002クール5日目、放射線治療終了後65日目

 
 今日の白血球の数値が良ければ退院もあるかも…と、昨夕T先生のお話はありましたが、私はむしろ今週末から来週中旬頃が厳しい数値になるのかなぁ、と考えていました。

 昨夜は久しぶりに夜中にトイレへ行かずに朝まで過ごすことができ、ややホッと朝を迎え、恒例の採血。熱は36.2℃と正常です。
 
 午前中にS先生の回診と、エコー検査。腋下穿刺によるリンパ液の抜き取りがありました。

c0196754_17243176.jpg


c0196754_17221510.jpg


大きなエコーのマシンを横になりながらパチリ!とやっていたら、先生が、

「写真差し上げますよ。」
と、リンパ液が溜まって黒い影になっている部分の写真をプリントして下さいました。

c0196754_172641100.jpg


「こうやって、度々リンパ液を抜くと、癖になってしまうというようなことはないのでしょうか?」

とお聞きすると、

「そういう心配はないですね。やはりリンパ節を郭清していることと、放射線治療の後だということでどうしても溜まってしまって、量が少ないとエコーではよく見えないので、今日は黒い処から25㏄抜いたので、綺麗に萎みましたね。」

と、画像を見ながら説明して下さいました。

「ただ、やはり白血球数は今朝の数値は1800と、2000を切ってしまっているので、退院は無理なので、ノイトロジンでとにかく白血球を上げましょう。」

 フルでなく85%位に落としての投与も考えなければでしたが、私の希望が入院でのフルでの投与でしたから、当然に予想できた数値でもあったのかと思います。


 今日はお天気も良く、お昼寝日和?だったためか、午前も午後も、ウトウト、トロトロ、なんだか数日分のお昼寝をしてしまったようです014.gif

 夕方になって、ノイトロジンの注射の影響か、微熱が少し出てきたので、看護師さんが氷枕を持って来てくださいました。

c0196754_17263674.jpg

by toco_tax | 2009-04-11 17:29 | 2回目の入院 | Comments(0)
<< 退屈な午後 手術から4か月-胸部CT造影検査 >>