最後の抗がん剤投与-無事終了

抗がん剤FEC100  4クール投与日、放射線治療終了後102日目

 昨夜は、病院に戻ってから、色々と用事を済ませたら就寝時間が0時を過ぎてしまったので、今朝の起床時間はあっという間にやってきました。抗がん剤投与の前の晩は、緊張感からか、眠れないことが多かったのですが、さすがに昨夜は爆睡しました。

 今朝の白血球は2400。やはり3日前の19300の白血球の貯金はしっかり減少していました。お昼頃、ノイトロジンの注射をして頂き、最後の抗がん剤は午後2時頃に無事終了しました。点滴の針も直ぐに抜いて頂き、これで順調に経過してくれれば、右腕一本で頑張ってくれたこの腕も、この後は採血だけで、長時間の点滴針を刺されることもなく、しばらく休養できるかと思うと、右腕に「よく頑張ったね!ありがとう。」と褒めてあげたい気持ちです。今日は、内側の血管は炎症を起こしているので、外側の血管を使っての投与でした。

c0196754_20193937.jpg


 朝食と昼食は、ほぼ食べられ、お昼にはアイスクリームもペロリ037.gif

c0196754_20244075.jpg


 やはり、点滴終了後は喉もとまで、なんだか詰まっている感じで、吐き気もムカムカもないのに、抗がん剤投与日の中では、今までで一番「投与した~!」という感覚が残りました。
 夕食は珍しく、半分ほどしか食べられず、今日はお菓子も食べていません(^^ゞ



 少し悩ましいのは、お隣の部屋の患者さんの状態がよくない様子で、一日中断続的にうめき声が聞こえてきてしまうので、枕元でウォークマンのスピーカーから音楽を流して、気を紛らわしています。この調子だと夜はヘッドホンをつけて寝たほうが良さそうです。今のお部屋は角部屋で明るいし、引っ越しは大変なので、もう少しなので、ここのお部屋で頑張ってみようと思っています。
by toco_tax | 2009-05-18 20:25 | 化学療法② | Comments(0)
<< 副作用-眠り姫と脱毛 外泊最終日 >>