最近の体調

 数日、バタバタしていてブログ更新を出来ずにいると、何人かのお友達が心配して、
「体調、よくないの?ブログの更新がないので具合が悪いのではないかと心配しています。」
といったメールを下さいます。いつも気に掛けて頂いて、本当にありがたいと思います。
 
 化学療法が終わり、すっかり抗がん剤も抜けた~と実感している今日この頃です。
 ホルモン療法は、6月16日の1回目のゾラテックス投与から今日が20日目となり、経口投与の抗エストロゲン剤のタスオミンも朝と夕の2回、今までのところ飲み忘れることもなく、お薬カレンダーが活躍しています。

 これといった副作用も、今までのところ特別意識するようなこともなく、ホルモン療法も順調に経過しています。強いて挙げるとすれば、時々カーッと額から頭頂部にかけて汗が出るホットフラッシュ、不眠症気味、集中力・記憶力が散漫…(って、数年前からかぁ(^^ゞ )がありますが、それほど気になるようなものではありません。

 術後のリハビリとQOLを高めることが、今の私にとって一番大きな問題です。精神的には、とても元気なのですが、やはり手術前の生活に戻すには、かなりの時間を要するということを、最近、ひしひしと感じてもいます。手術、放射線治療、化学療法を終え、腫瘍マーカー値も正常値となり、ホッと一山越えたという安堵感もあり、悲壮感はないのですが、乳がん治療は一生モノだな、と思うのです。


 2月頃から気になり始めたリンパ浮腫は、体調管理のバロメーターとなっていますが、重い物を持ったり、高い所から荷物を降ろしたり、腕を下げた状態を長時間続けていると、上腕部から腋の下、胸までが張ってくる感覚は、改善したり辛かったり…の繰り返しです。
 
 手術をした左側の腕が使えないので、一本で頑張ってきた右腕は、たくさんの採血と抗がん剤の点滴の後遺症で、血管が硬く収縮してしまった状態で、引き攣れて右腕はデコボコになってきました。でも、大丈夫!腕の曲げ伸ばし等には全く支障はないし、常に痛みがあるわけでもなく、処方されているボルタレンゲルという軟膏も、ほとんど登場する機会はありません。10㌔に成長したバロンちゃんだって、持ち上げられます。

c0196754_19415342.jpg


 少し集中力に欠けたり、記憶力が散漫なのは、乳がんとは、関係のない加齢によるものかもしれませんしねっ(^^ゞ
by toco_tax | 2009-07-06 19:46 | 日々のこと | Comments(0)
<< 不覚にも… お買い物とランチ >>