大切なお友達

 今日は、墨東病院で月に一度の、放射線科の診察日でした。
 先生はお盆休みも殆ど関係なく診察の毎日だったようです。

 一か月の経過を報告して、放射線治療で照射した胸と、甲状腺あたりを触診して頂きます。
「リンパ浮腫とは一生お付き合いしないといけないのでしょうか?」
と、唯一最大な後遺症についてお聞きしてみました。
「そう思っておいてもらったほうがいいかもしれないですね。でも、ある時を境に、スーッと上手く流れていくようになることもあるんですよ。」
と、多くの患者さんを診ている放射線専門の先生がおっしゃるので、微かな希望(*^^)vもあるのかもしれません。
 月に一度の経過観察ですが、主治医の先生とともに、大きな安心感を与えてくださるO先生とお話していると、心が和むような気がしています。



 ものぐさな娘ですが、いつもお友達に恵まれ、ろくにメールを返信しなかったりのようですが、今夜は中学・高校の6年間を一緒に過ごしたお友達二人が泊まりに来てくれました。
 春休みや夏休み毎に泊まりにきてくれて、私も仲間に入れてもらって楽しいひと時を過ごします。

c0196754_201756.jpg


 私が娘に言っても聞いてくれないことも、しっかりした二人のお友達が、娘に「ちぃちゃん、それはダメでしょ!」「お母さんは心配して待っているんだから、ちゃんと連絡はしなくちゃダメだよ!」と、お説教をしてくれたり、何でも言い合える大切なお友達がいてくれて、本当にありがたいことです。

c0196754_2041100.jpg


 今夜はきっと、三人で明るくなる頃までおしゃべりをするのでしょうねemoticon-0157-sun.gif
by toco_tax | 2009-08-18 23:58 | 日々のこと | Comments(0)
<< オニバスの花 おままごと(*^^)v >>