ゾラテックス投与 5回目/24回
 昨夜は美味しいビールとワインを久しぶりに何杯も飲んだので、ふと中川元大臣のことが頭をよぎり、いつも寝る前に飲んでいる睡眠導入剤ハルシオンと睡眠薬ユーロジンを飲まなかったのと、台風の雨と風の音が気になって、熟睡できないまま朝を迎えました。

 うっかりしていましたが、今日は4週に一度の診察の日。毎回、採血があるのに、診察前夜に飲み会はNGですねっ(^^ゞ

 台風の影響で、待合室はいつもの半分くらいの患者さんで、採血の結果が出た後、直ぐに診察に呼ばれました。

 今日の白血球数は3400!今までは2000台だった白血球数が、ようやく正常値に近い数値まで回復してきました。血小板も194,000と、全く問題のない数値で心配ないです、とのことでした。
「調子はどうですか?」
「特に問題なく元気です。」

 5回目となるゾラテックスを、お臍の脇をつまんで、皮下注射。カプセルを埋め込む注射なので、少し太い針でパチンという感じです。少し痛いです。
「ホルモン療法の副作用で、関節痛があるとのことで、ストレッチやマッサージは頑張って続けています。」
「強いお薬なので、色々な副作用が出てくると思います。女性は様々な変化を経験していけるけど、男性はそんな変化には耐えられないですからね。女性は強いんですよ。」
との先生のお話に、なるほどなぁ~、と妙に納得。

 確かに、女性は初潮から妊娠、出産、閉経…と、男性には絶対に出来ない劇的なことを経験していくのですから、肝が据わっているのかもしれません。
「インフルエンザの予防接種はどうなんでしょうか?」
と、お聞きしてみたところ、季節型は接種が始まっているので、やっておいた方がいいでしょうとのこと。新型については、まだはっきりとしたことが決まっていなくて、医療従事者については、来週かその次の週頃から始まるらしいけれど、薬がどれくらい入ってくるのかも分らない状況なので、できれば接種した方がいいけれど、今は何とも言えない、とのことでした。
 
 今日は、季節型の予防接種をするために、検温をしたところ、全く普段と変わったこともないのに、なんと37.0℃。平熱が低い私自身がビックリですemoticon-0104-surprised.gif 看護師さんが、
「今日は体調が悪いとか、喉が痛いとか、いつもと違ったことはないですか?最近、体温を測ったりしていないですよね?」
「はい。全く、どこも調子悪いということもないんですけど。最近、特に熱を測ったことはないです。」
「お薬の影響で、体温が高くなっているのかもしれないようなので、特に体調が悪くなければ、注射しても大丈夫でしょう、と先生がおっしゃっているので、やりましょう。」
ということで、無事季節型のインフルエンザ予防接種をして頂きました。







                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2009-10-08 23:00 | ホルモン療法 | Comments(0)
<< 台風一過の空 Kirin-Cityへ >>