魚釣り in 石垣島
 まだ真っ暗な早朝、羽田へ向かう首都高!葛西臨海公園の観覧車に別れを告げて…。

c0196754_1305688.jpg


 UAのマイレージで予約したE-チケットのメールをプリントしてANAのカウンターへ。「予約ありません。」と言われたりしたらどうしよう…と、久しぶりの旅行にちょっとドキドキッ!

c0196754_133466.jpg


 「搭乗券」ではなくて、「搭乗案内書」と記載されています。携帯でピピッと搭乗したり、カードでピピッだったり…、昔とは世の中、進化しているのね~と改めて感じます。

 手術後、初の飛行機搭乗だったので、気圧の関係でリンパ浮腫がパンパンになったらどうしよう…と不安がありましたが、何事も起こらず、那覇で無事に乗り継ぎ、石垣空港に到着です。

 実は、那覇まで向い風のため、到着予定時刻が20分程遅れる予定なので、
「場合によっては、石垣行きの便は、1時間後の便になってしまうかもしれません。」
と、CAに羽田-那覇の上空で言われたのですが、
「午後の予約が入っているので、機長に急いでもらってください034.gif
と、告げておいたので、しばらくすると、
「機長から、到着時刻は9時33分の予定ですと話がありました。地上係員が待機してご案内しますので、到着したら早めにお出口までお願いします。」
と、知らせに来てくれました。

c0196754_1462119.jpg
c0196754_1463951.jpg


 那覇は雨模様でしたが、石垣島に着陸するとき窓から地上を見ると、海は白い波が立っているし、滑走路脇の草原は強風で草木がなびいていたので、午後のフィッシングツアーは無理かなぁ~と、心配でした。

 ホテルで確認して頂くと、午後のツアーは催行予定なので、タオルを忘れずに来てください、とのことでした。

 石垣島、最初のランチは、昔からある地元の「のりば食堂」の予定でしたが、あいにく午後3時まで貸切で、写真だけ撮って、運転手さんにお任せすることに。

c0196754_156469.jpg


 途中、「辺銀食堂」で一日限定何本…とかで一人1本しか買えない「ラー油」を今の時間で買えればラッキーですよ、と言われて、立ち寄ってくださり、思わず各自1本ずつ買ってきました。
 そういえば、リキマスにこの話を聞いていたので、超ラッキーでした♪

 運転手さんがおろしてくれたのが、「なかよし食堂」でした。ここの名前もリキマストラベラーズで聞いていたので安心しました。

c0196754_205777.jpg


 ソーキそば600円!お店は、地元の人が次々と訪れます。

c0196754_213184.jpg


 少し時間があったので、タクシーでは土地勘がつかめないため、離島ターミナルまで歩いてみることに。

c0196754_235284.jpg


 船に乗って、海釣りをするのは、初体験だったので、とりあえず持参したカッパを着ておくことにして、靴はそのままで乗船。平日で観光シーズンではないためか、私たち3人だけの貸切船でした。

 船長、補助のお兄さん、ツアーのお世話をしてくださ方の計6名の乗船で出港です。

 
 ぎゃ~~~!!いきなり、バコンバコンと、海面を凄い勢いでピョンピョン跳ねるように船はスピードをあげて、水しぶきがハンパではなく、ジャバジャバ海水が飛んでくるので、持参したマリンシューズに履き替え、ベンチに座ってしっかり掴っていないと、海に投げ出されそうです。

c0196754_2102881.jpg


 予約をしたときに、「酔い止めの薬を飲んだほうがよい」という注意事項が書いてあったので、乗り物酔いをしたことはなかったのですが、念のため、昼食後に薬を飲んでおいたのが効いたのか、誰も込みあげる人はないどころか、
「きゃ~楽し~いっ!もう、これだけでアトラクションみたいで十分満足~~037.gif
と、歓声をあげながら、竹富島を通り過ぎ、小浜島の手前?まで30~40分ほど乗ったところで停泊して、いよいよ初魚釣りです。

 餌はサンマの切り身で、「皮から皮へ」3か所つけて、「竿は左の脇にぐっと抱えて、釣り糸を海底に届くまで垂らし、止まったら少し巻いて、ピクっときたら、右手で巻いてください。」と、説明を受け、いざ始めると、餌をつけた竿を最初に受け取ったHさんは、いきなり、
「きゃ~!なんか釣れた~!」
と、私が餌を付けているうちに、もう釣りあげています。

c0196754_2205445.jpg


 1か所目は、水深25mのポイントでしたが、海底に落ちたかどうかの感覚が今一つピンとこないうちに、今度は私の竿にぐぐっと当たりがきました。

c0196754_2242461.jpg


 初めての魚釣り~!超、楽しいですっ!
 リンパ浮腫の心配がなければ、なんだかハマりそうな気がしましたが、左脇に抱え込んで、左手で支えて、右手でリール?を巻きあげる動作は、後のケアがどうなんだ~!と、途中で心配になりながらも、ついつい夢中で釣り糸を垂れて、地球を釣りあげようとしたり、隣の人を釣りあげようとして絡んでしまったりもしましたが、大揺れの船で、足を踏ん張り、つかまったりしながら、楽しい体験をさせていただきました。

 
c0196754_230379.jpg
c0196754_2304823.jpg


 小さい魚と、美味しくない魚は海に帰されてしまいましたが、それぞれ仲良く4匹ずつ釣りあげ、港に到着です。

c0196754_233674.jpg


 釣った魚は、船長の知り合いのお店に届けて頂いて、7時の予約で伺うことになりました。

 
 ホテルに送っていただき、大浴場でサッパリと暖まり、紹介して頂いた「ゆくい」という居酒屋へ!

c0196754_236561.jpg
c0196754_2361678.jpg
c0196754_2362763.jpg


 釣った魚を、お刺身、煮つけ、焼き魚に調理して頂き、オリオン生ビール、泡盛などで美味しく頂き、楽しく長~い一日が過ぎていきます。

郷土料理も、お腹一杯になるまで頂き、大満足!

c0196754_23919.jpg
c0196754_2392379.jpg



お店を後にして、コンビニCocoで、沖縄缶チューハイを買って、飲みながら歩き始めましたが、ホテルまで歩くのは断念。

c0196754_24153.jpg
c0196754_2411339.jpg



どこの通りか未確認ですが、びみょ~なイルミネーションを眺めながら、タクシーを拾って、無事に一日目が終わりました。
c0196754_2412643.jpg

by toco_tax | 2009-12-03 23:59 | | Comments(4)
Commented by Oddy at 2009-12-07 23:42 x
いいですねえ。熱帯魚みたいな魚は美味しかったですか?
Commented by sen-kin at 2009-12-08 09:05
職場のCです。
おいらは5匹釣り上げました!。
うち食べない魚2匹は放されてしまいましたが…(笑。
Commented by toco_tax at 2009-12-09 01:46
>Oddyさん 
自分たちで釣りあげた魚は、どれも見覚えがあって、最高~でした。刺身も、焼き魚も!いつもはあまり食べない煮付けも、とっても美味しいって思いました。
Commented by toco_tax at 2009-12-09 01:47
>Cさん
そういえば、写真も撮らないうちに海に帰されていた魚がいましたね。
<< 波照間島と西表島&幻の酒「泡波」 準備万端(*^^)v >>