カンムリワシを追いかけて~石垣島観光
 6時朝食~8時出発!

 時間のロスをしないよう、昨日のうちに借りていたレンタカーに全ての荷物を積み込み、出発です。
 
 事務所のCさんにとって、今日の「カンムリワシ」に出逢うことが、石垣島のメインイベントだったので、朝からソワソワしています。
 ネットで、カンムリワシの臨場感、躍動感溢れる写真を多数アップしている石垣島在住の方と、事前にメールで色々と情報を教えて頂き、まず、名蔵湾近くの田んぼを目指し、教えて頂いたポイントへ到着。

 しばらく探索しましたが、確認することができず、お聞きしていた携帯電話に連絡させて頂いたところ、場所が少し行き過ぎていたので、移動し、私とHさんは全く見つけられなかったのですが、Cさんが「いた~っ!」と、一羽発見しました。少しすると、今は環境省の依頼で毎日、石垣島の生物を追いかけているNさんが来て下さいました。

 車で、何か所か移動しながら、近寄り過ぎてストレスを与えない程度の距離を保ちつつ、何羽かのカンムリワシを見ることができましたemoticon-0115-inlove.gif

c0196754_0321256.jpg


c0196754_0322683.jpg


 私はバードウォッチャーではないのですが、やはり詳しく解説をしてくださる方が一緒ですと、とても興味を持って観察することができ、鳥の気持ちや縄張りなどのことが分かると、なるほどなぁ~と、滅多に遭遇することのできないものに出逢えたことにとても感動を覚えました。

ムラサギサギ も、関東ではなかなか撮れない鳥らしいですが、私のレンズと腕では、この程度にしか写りません。
c0196754_036633.jpg


ソリハシリセイタカシギ
c0196754_0402990.jpg


記念にNさんと一緒に。
c0196754_041271.jpg


Nさんに教えて頂いた、365日田んぼで手作業をしている、おじいの所へ車でまわってみました。警戒心の強い鳥も、このおじいに対しては不思議と警戒心がないとのこと。ただ、このおじいは、人と話すのが面倒なようだともおっしゃっていました。
c0196754_048498.jpg


カンムリワシを追いかけて、予定外のルートで、御神崎灯台を巡り、
c0196754_0504133.jpg
c0196754_0505654.jpg


まったりと石垣牛が草を食む姿を眺めたり、
c0196754_051536.jpg


東京は大雨だった模様ですが、レンタカーのナンバーが「8047」「晴れよなemoticon-0157-sun.gif」と、気持ちの良い晴天です。
c0196754_0531817.jpg


美しい川平湾
c0196754_0555264.jpg


グラスボートで、しばし珊瑚とトロピカルな魚たちとご対面
c0196754_0565433.jpg
c0196754_057486.jpg


ニモも姿を見せてくれました。
c0196754_0573716.jpg


川平湾を後にして、時計回りで海岸線を北上。ランチ予定の「赤石食堂」を目指します。
c0196754_101330.jpg


さすがに疲れも出てきて、この看板を読み取れる力が無く、一番上のパラグライダーの看板に、左方向の矢印が付いていたので、そちらへしばらく走ってみましたが、何も見当たらず、引き返して「赤石食堂」へ着くと、満員で、少しだけ待ちました。
c0196754_131096.jpg
c0196754_133194.jpg

私的には、ここのソーキそばが一番美味しかったかなぁ(*^_^*)

ここで時間は既に1時半~2時頃だったでしょうか。平久保灯台を目指すのは諦め、白保の街並みを見ながら、公設市場方面へ戻ることに。

お買い物をする時間が余りない中、リキマスさまに教えて頂いた黒糖の美味しいお店が分からず、電話をして教えて頂き、「クールダウンにぜんざいはいかが?」と、公設市場の2階で、ぜんざいを頂きました。
c0196754_194250.jpg


黒糖とバウムクーヘンなど試食させて頂いたら、やっぱりこれがとても美味♪ 3人分まとめて郵送して頂くことにして、今度は泡盛を物色しましたが、時間が段々と気になり始め、「泡盛市場」へ。

お店の方曰く、「預ける荷物には、瓶類は預かってもらえないですよ。手荷物です。」と言われ、ギョッとしてしまい、泡盛を買うのに腰が引けて、慌ててレンタカーを返却して、空港へ。

人によって、言うことがマチマチなのです。
判明したことは、
① 基本、ビン類などは預かる荷物に入れられては責任を負えない。
② 泡盛等は、手荷物で持ち込み、座席下に入れ、座席上の荷物入れには入れられない。
③ 預け荷物にした場合、破損等して、他の荷物を汚してしまった場合の責任は、預けた本人にある。
ということで、それを承知で預けようとしたら、何と3人で重量制限の60㌔をかなり超過していました。
タオルや衣類でパッキンにした泡盛などを再び取り出して、全て手荷物にしてようやく搭乗手続き完了!

少しだけ時間に余裕があったので、汗をかきかき、ようやく待合室にて、搭乗時間を待ちました。

那覇で乗り継ぎ、噂のスパムのおむすびを買って、3日間最後の食事は機上で「ぽーく卵むすび」
c0196754_1234282.jpg
c0196754_1235382.jpg


羽田に到着したのが22時10分頃だったでしょうか。
無事に、120%満喫した3日間の沖縄離島めぐりから、師走の東京へと戻ってきました。
明日は一日ゆっくり休んで、パワーをたっぷり充電してきたので、また月曜から頑張りますemoticon-0165-muscle.gif

手術後一年、初の飛行機も問題なく、こんなに元気に楽しい旅行が出来たのも、ずっと応援して下さっている皆さまのお陰です。いつも本当に温かく見守って頂いて、ありがとうございますemoticon-0152-heart.gif
by toco_tax | 2009-12-05 23:56 | | Comments(6)
Commented by 職場のC at 2009-12-09 09:16 x
ムラサキサギの飛翔写真、すばらしく良く撮れてますね!。
日本でムラサキサギが生息するのは、八重山列島に周年(留鳥)いますが、数は少ないとの事です。
Commented by お茶した同期 at 2009-12-09 17:59 x
短時間でも
濃~い旅だったんですね!
下調べも完璧といった感じで
さすがです!
お天気にも恵まれたようでよかったですね♪

写真凄くキレイに撮れてますよ~!!
Commented by リキマス at 2009-12-09 23:58 x
羽田に帰る飛行機まで、沖縄してましたね
八重山、初上陸とは思えない程の行動力

今度 泡盛片手に三線聴きながら、ゆんたくしましょ!
Commented by toco_tax at 2009-12-10 00:23
>Cさん
申し遅れましたが、トップのカンムリワシの写真1枚、パクらせて頂きました。m(__)m 

お褒めに預かり恐縮です。バードウォッチングも色々な知識が増えると、楽しいものですね。今回は、Nさんという素晴らしい方との出会いがあって、貴重な体験ができて嬉しかったです。
Commented by toco_tax at 2009-12-10 00:30
>お茶した同期さん

波照間が快晴だったら100倍美しいということで、完璧だったのですが、また次の楽しみになりました。
下調べ…実は出かける前にバタバタして、自分では何も調べていなかったのですが、リキマストラベラーズさまのお陰で、ポイントを抑えて巡ることができて、本当に楽しむことができましたぁ~♪

写真もかなり撮りましたぁ!コンデジ、デジイチと2個持ちで…(^^ゞ
今どきはデジタルだから便利よねぇ!
Commented by toco_tax at 2009-12-10 00:37
>リキマスさま

帰ってきてから改めてパンフをめくりながら、リキマストラベラーズで仕入れた色々な裏情報が、とっても貴重だったことを実感してます。

今回は三線を聴けたのが、水牛車だけでしたので、ぜひ「泡盛片手に三線聴いて、ゆんたく」したいですっ(*^^)v



<< PET-CT検査受診 波照間島と西表島&幻の酒「泡波」 >>