夏のホットフラッシュ

 ホルモン療法を始めて1年になりますが、昨年はあまり意識しなかったホットフラッシュが、今年は強烈に襲ってきています。蒸し暑い日が続き、どうしても冷房を入れることになりますが、足元は冷え冷え!そして、周期的に一人、顔がカーッと火照ってきて、汗が噴き出てくるのです。夜も昼も…です。

 幸い、毎日やることが多くて、気分がふさいだり、鬱状態になる暇はないのですが、このホットフラッシュは結構、堪えてます。毎晩、死海の塩を入れて、40~60分は39~40度のお風呂に入るようにしていますが、その後もたっぷり汗が噴き出て、それがおさまってからベットに入ります。それでも後からドーッと汗が流れたり、夜中に汗をかいて目が覚めたり、寝苦しい夜が続いています。

 ゾラテックス注射は2年間ですが、経口投与のタスオミンは5年間ということになっています。夏が過ぎれば、少しはホットフラッシュはおさまるのでしょうか。
by toco_tax | 2010-06-25 23:16 | ホルモン療法 | Comments(0)
<< 卓球~! 授業参観 >>