放射線治療とリンパ浮腫
今年最初のリンパマッサージの日、お正月を過ぎて年末に比べてずっと成長したルークくん!立ち上がると、もう私の背丈ほどになっていて、ずっしりと重い感じです 


c0196754_2163417.jpg


先日、朝起きたら泥棒さんが入って荒らしたのかと思うほど、やりたい放題で、思わず写真を撮ってしまった!と見せて頂いた写真。ルークくん、なかなかやりますっ でも、やっぱり超可愛くて、会えることが楽しみです


年末以来、いつもより少し間が開いてしまうので、日頃サボりがちだったセルフリンパマッサージを、お風呂上がりには、真面目にするように頑張った甲斐があったようで、
「思ったより柔らかくていいですね。」
と、ホッとして頂けました。

久しぶりにゴルフの練習をして、心配だったのですが、やはり日々のケアが大事なんだと改めて思いました。
「もう少し流れてくれるといいんだけど、放射線も当てているから、時間がかかるんですよね。」
とのお話でした。

なるほど、がん細胞だけでなく、正常な細胞まで放射線治療で破壊されているから、側管がなかなか再生されないのでリンパ浮腫がなかなか改善しないのだそうです。

思っている以上に放射線治療のダメージが大きいということと、1回2グレイを25回の放射線治療で、がん細胞には威力を発揮して破壊してくれたんだな、ということを実感しました。

いつも装着しなければいけない弾性スリーブ・グローブは、それだけで結構なストレスになりますが、リンパ浮腫を悪化させないために必要なんだと思って、身体の一部と感じられるようにしたいと思います。
by toco_tax | 2011-01-09 23:11 | リンパ浮腫 | Comments(0)
<< 「断捨離」連休 短期決戦! >>