家族の絆


  大きな揺れがおさまった直後、事務所では、繋がりにくくなっている電話で、みんなが家族の無事を確認しあっていました。

 毎日、家族の行方を捜している被災者の皆さまの姿をテレビで見ていると、涙が止まらなくなります。


  幸い、娘は自宅にいて、二人の猫ともども、押入れに避難していたとのことでした。春休みに入っているので、食事の準備や片付けは、殆ど娘がやってくれています。続く余震や、原発の不安から、極力外出は控え、食事の買い物が唯一のお出掛け…といっても、隣のSCだけなのですけれど^_^;

 こんな時だからこそ、家族と過ごすことのできる時間のありがたさを、しみじみと感じます。


 計画停電の影響などで、みんな事務所を定時に切り上げているため、一人で残るのは怖いので溜まっている仕事は自宅で処理しています。久しぶりに明るいうちに庭に出てみると、クリスマスローズがたくさんの花を咲かせていました。


c0196754_0335847.jpg



 クリスマスローズを見ながら、沈んでばかりいた一週間を振り返り、「強い気持ちを持って、前を向いて、精一杯生きていかなければ…」と、思いました。
by toco_tax | 2011-03-18 23:26 | 日々のこと | Comments(0)
<< カッサ 3月11日 >>