震災後初、ホームへ

 大震災のあと、すっかり引きこもっていましたが、3月のマンションコンペ以来、約1ヶ月ぶりにホームでラウンドしてきました。

c0196754_22231750.jpg


 花粉もピークを迎え、東京より原発に近付くし、繁忙期の後でリンパ浮腫の状態も余り快調ではないし…と、腰が引け気味ではありましたが、ゴルフを忘れてしまいそうなのが怖くて^_^;、Nさんが転居されてホームでのいつものラウンド仲間が欠けてしまったのですが、H家にお誘い頂いたので、ありがたく参戦させて頂きました。


 少しゆっくり目の時間帯だったのですが、震災後、初の常磐道の車の数はとっても少なく感じました。新しく開通したスマートインターチェンジからのアクセス!

 実は、私の車に積めるバックは3つが限界で、いつも他のメンバーに同乗させて頂くばかりで、ホームへ自分で運転していったことがないm(__)mので、今ひとつルートを把握できていないので、今までより便利になったのかよくわからないまま到着!


 3月のコンペの後の花粉症は翌日まで引きずり、鼻水クシャミだけでなく、目を中心に腫れあがり悲惨な結果だったのですが、マスクとサングラスくらいしか装備していきませんでした。
 
ありがたいことに、つい最近、デビューしたYさんが、「鼻栓」を分けて下さり、背に腹はかえられず、初めてコンタクトレンズを、恐怖心をもって目に入れた時と同じように、思い切って鼻に差し込んでみました。

c0196754_2219312.jpg


 鼻の穴が広がって、鏡を見たら可笑しくて、すぐにマスクで隠しました(^^ゞ 

 一日通して使ってみなければ効果が判らないし…と、途中で何度外そうかと思いましたが、夜の苦痛を思うと、一日耐えてみよう…と、1ホールごとにマスクと鼻栓をとって鼻をかみ、マスクの中では口を開けっ放し、息苦しいわ、集中できないわ で、修行のようなラウンドとなりました。

 Yさんは、この集中できない鼻栓とマスクを外して「後で辛くても、楽しいゴルフがしたい!」と、後半に臨んだら、別人のように絶好調066.gif

 私は忍耐のゴルフを続けましたが、いつも「月例では白ティー使用なので」、ということで白ティーを使用しているためか、ホームで良いスコアを出したためしがなく、気分を替えて、シルバーティーを使用してみよう!と、距離のプレッシャーから解放されて、練習も全くしていなかったのですが、ティーショットだけは気持ちよく打つことができました。白ティーからでは絶対に届かない所までボールがころがり、「ゴルフ楽しい~♪」と思いながら、でも、結局、2打目以降に劇的な違いがあるはずもなく(>_<)、51、54という結果で終わりました。


 地震で、クラブハウスの照明のカバーが外れ、1つのホールで地滑りがあった…と聞いていましたが、ガッポリと、大きな木も一緒に崩れていました。その手前のバンカーにも亀裂が入っていて、地震の大きさを物語っていました。

c0196754_22203643.jpg


c0196754_22211187.jpg



 しかも、ランチタイム中に、ゴーっと地鳴りのような音がして、ドスっと大きな揺れを感じ、心臓バクバクしながら、私は頭上に大きな照明があったので、頭に手を当てて、思わず立ち上がってしまいました。震源は茨城県南部…。怖かったです007.gif

 さらに、筑波山の方向には黒煙があがって、消防車のサイレンがしばらく鳴っていたり…。

c0196754_22214564.jpg

 
 そうそう、前半終わってあがってきたら、何とA夫妻とお会いしてビックリ!元気なお二人は、ラウンドハーフされて、帰路は常磐道を並走してマンションまで到着!


 引きこもりがちな毎日でしたが、久しぶりにラウンドできて、ようやく止まった時間が流れ始めたような気がします。
by toco_tax | 2011-04-03 22:15 | ゴルフ | Comments(0)
<< 放射線 春の息吹 >>