祈りを込めて
 今回の八重山行きは、鳩間島のゆみさんのお見舞いが大きな目的の一つでした。

 旅の少し前まで、ゆみさんと一緒に、ビックリぎょうてん丸の船をチャーターして、「西表の秘境で釣り三昧な海遊びをしようね!」と約束しながら、日程を調整して、指折り数えて楽しみにしていたのです。

 最終的な打ち合わせのためにお電話をしたら、病院に付き添っていた川ちゃんにその電話が繋がりました。ゆみさんの長い手術が続いている最中でした。


 それから、ただただゆみさんの無事を祈りながら、手術の成功に安堵して、ICUから一般病棟へ移ったことにホッとして、予定通りに八重山行きを決め、石垣空港から八重山病院へと直行しました。


 病院でのゆみさんは、一生懸命、突然ゆみさんの身に起こった病と闘っていました。ゆみさんちのコミュで報告した、その時の様子です。


開いていた病室のドアをコンコンってノックすると、
窓側を向いていたゆみさん、
「首がイテェ~っ!」
と、まさしくゆみさんの声でした!

窓側にまわって、ゆみさんに
「会いに来たよ~!また一緒に釣りに行こうね!」
と、作ってきたフォトブックをパラパラとめくって
見てもらったら、写真を眼で追いかけながら、
ニッコリ笑ってました

「ゆみさん、今日はお誕生日だね。
プレゼントに帽子を持ってきたから、使ってね。」

「とげぬき地蔵のお守り、もらってきたよ。
私の乳がんにも効いて、こんなに元気になったから、
ゆみさんも絶対に元気になるからね。」

「また来るからね。バイバイ(^^)/~~~!」

って、手を振ったら、ゆみさんも小さく手を振ってくれました。



 娘とゆみさんちを訪ねたときに一緒に海遊びをした「じょんなむ」氏が呼び掛けてくれて、ゆみさんに千羽鶴を届けるプロジェクトが立ち上がり、東京チームもみんなで折り鶴に祈りを込めながら、毎日折り続けました。

c0196754_0145672.jpg


 ようやく、今日、鳩間に向けて発送することができました。

 私も二年半~二年前まで病院で、折り鶴やお守りをいつも枕元に、応援してくださるたくさんの皆さまから、たくさんのパワーをもらって、闘病生活を送りましたが、今はこうして元気過ぎるほどに回復して、幸せに過ごしています。

 今、病床のゆみさんが、私自身の闘病生活と重なって、心から頑張って!と、祈り続けています。

 一日も早い、ゆみさんの回復に、各地のゆみさんファンから寄せられた千羽鶴が力となることを願ってやみません。
by toco_tax | 2011-06-21 23:49 | | Comments(0)
<< 八重山2011夏~【1日目】 八重山の休日 >>