母娘二人旅~Hawaii2011夏【5日目-ダイヤモンドヘッドへ♪】
 ワイキキ5日目の予定は、
「…早起きしてダイヤモンドヘッドに登頂してご来光~ハウツリーラナイで朝食、ショツピングをしてハレクラニのオーキッドでサンデーブランチ、カタマランに乗ってワイキキを海から眺める…」
と、想い描いていましたが、流石に連日の早起き&海遊び&ショッピング…と、そろそろ旅の疲れもあって、「何を諦めるか、目が覚めてから決めよう!」ということにしましたemoticon-0100-smile.gif

 起きた時間は朝8時!
 早起きして、5時にホテルからタクシーでダイヘモンドヘッドを目指す計画を諦め、さらに、オーキッドのサンデーブランチの予約をキャンセルすることに…(:_;)
 そして、9:00に予約した「ハウツリーラナイ」の朝食からスタートすることになりましたemoticon-0100-smile.gif

 いつものように、カラカウア通りに出て、ワイキキビーチを「あさんぽ」しながら、

c0196754_2194895.jpg


 あらっ?後ろの外人さんと、なんか被ってるぅ~^_^;

c0196754_193122.jpg


その昔、4人の祈祷師がヒーリングパワーを用いて人々の病気を治していて、ハワイを離れることになった際、人々のために病を治癒させる万能力を注入した「カパエマフの魔法石」なるものを眺め、

c0196754_1931939.jpg


お約束の記念撮影スポット、「デューク・カハナモク像」で、親切なおじ様が撮ってくれました。

c0196754_1933044.jpg


白とブルーのパトカー!

c0196754_1934380.jpg


甘い香りを漂わせているプルメリアemoticon-0155-flower.gif

c0196754_1935485.jpg


イルカと誰かがサーフィンしてます(*^^)v

c0196754_194396.jpg


ビーチバレーの練習に励む、高校生でしょうか。

c0196754_1941375.jpg


まだ9時前なので、ビーチの人影もまばらです。

c0196754_1942298.jpg


予約した9時ちょうどに到着~!タクシーで乗り付けているグループもいました。

c0196754_1943466.jpg


満席で、入口では数組並んでいましたが、予約してあることを告げると、すぐに案内されました。
作家ロバート・スティーブンソンが「宝島」をその下で執筆したというハウの巨木で知られるレストラン。とくに潮風が心地よい朝食の時間がおすすめ。

と、「地球の歩き方」に紹介されていたり、雑誌などでも人気の朝食で見かけていたので、一度は訪ねたかったレストランだったのですが…。

c0196754_1944316.jpg


ロコモコも、

c0196754_1945234.jpg


エッグベネディクトも、とってもボリュームがあって美味しいのに…

c0196754_1945833.jpg


残念なことに、スタッフに笑顔がなくて、余り「心地よい空間」ではありませんでした(:_;) 案内してくれた受付の女性も男性も、ニコリともせず、むしろ怖いくらい…emoticon-0107-sweating.gif 「やっぱり、どんな時にも笑顔って、大切だねっ!」と、娘と妙に納得してしまいましたemoticon-0115-inlove.gif


 さて、本当はここからタクシーで「ダイヤモンドヘッドの登山口」まで行く予定でしたが、朝食のボリュームも凄かったし、「朝のお散歩は気持ちいいから歩いて行ってみない?」と、娘が言いだしました。「へっ?」と驚きながらも、「歩けない距離じゃないし、いいかも!」と賛成して、いざ出発~emoticon-0169-dance.gif

c0196754_1952945.jpg




ワイキキでは、たくさんのレインボーシャワーが咲いています。

c0196754_1951335.jpg


カピオラニ公園では、ダイヤモンドヘッドをバックに、「ヨガ」をする人たち…そういえば、ワイキキでは、ピーチやパークでヨガをするのがブームみたいです。

c0196754_1963923.jpg


広々としたカピオラニ公園。ホノルル・マラソンのゴールの地ですね。

c0196754_1965171.jpg


公園を抜けた通りに出たので、右折して真っ直ぐに行けば、ダイヤモンドヘッドトレイルへと続く道…と思っていたのですが、海沿いの時計回りとは逆のダイヤモンドヘッド通りを進んでいました^_^;

ブーゲンビレアが美しく咲いた立派な塀のあるお家や、

c0196754_197463.jpg


素敵な門扉のお家、

c0196754_1971929.jpg


一緒に泳いだイルカの門扉のお家…、大きなお屋敷が続く道。

c0196754_1973131.jpg


ダイヤモンドヘッドビーチを見降ろす小高い丘を歩きながら、「なんだか、違う道来ちゃったみたいだね~^_^;」と、かなり大周りしているようですが、真っ青な海と空を眺め、「レンタカーでは絶対に見ることなかったよね~!しかも、普通だったら通らなかった道だし~!」と、沢山の市民ランナーがジョギングする道を、ハードなウォーキングが続きますemoticon-0169-dance.gif

c0196754_1974050.jpg


ロコたちが、サーフボードを抱えてビーチへと降りて行きます。

c0196754_19753100.jpg


「地球は丸いね~~♪」

c0196754_198351.jpg


たっぷり歩いて、

c0196754_1981657.jpg


ようやくバス停まで辿り着きました。

c0196754_1982921.jpg


ここから、さらにダイヤモンドヘッドクレーターまで歩き、

c0196754_1983848.jpg


トンネルを抜けると、

c0196754_1985269.jpg


入園入口(入園料$1)です。昔登ったときは、駐車場($5)も、入園料も無料でした。

c0196754_1994773.jpg


頂上から降りてきたら、ここでスムージーだぁ~emoticon-0115-inlove.gif

c0196754_1995763.jpg


自販機とトイレ、ここから先にはありません。

c0196754_1910958.jpg


いよいよ、ここがスタート地点です。

c0196754_2221960.jpg


夏休みで、大人も子供も、たくさんの人が頂上への道に続いています。

c0196754_19102168.jpg


クレーターを覗きながら、

c0196754_19104020.jpg


山道になってから、娘は「山の申し子おりてきたぁ~!」と、ズンズン速足で進みます。

c0196754_19105151.jpg


99段?の階段。かなり急です。

c0196754_1911259.jpg


昔は、最後のトンネル内に電気はなく、本当に真っ暗闇で、手さぐりで登りましたが、今は懐中電灯も必要ありません。

c0196754_19111215.jpg


頂上手前で、少し順番待ちをして、山頂に出る踊り場のような所で、「登山証明書」なるものを販売していましたが…違法な商売らしいです^_^; 正式な登山証明書は、ホノルル動物園の横の「パークショアワイキキホテル」内トラベルデスクで発行しているそうな。。。

c0196754_2142017.jpg


順番に、狭い出口を潜り抜けると視界が開けます。マノア方面。

c0196754_19112451.jpg


ハワイカイ方面。

c0196754_19113721.jpg


ワイキキ方面を一望できる素晴らしい眺めemoticon-0115-inlove.gif 約30分ほどの楽しい絶景ハイキング。お薦めです(*^^)v

c0196754_19115230.jpg


ウエストコースト方面?なのでしょうか。

c0196754_1912161.jpg


赤い灯台が、とっても可愛いのですemoticon-0115-inlove.gif

c0196754_21292464.jpg


頂上では、みんながお互いに写真の撮りっこをしますemoticon-0160-movie.gif

c0196754_2144576.jpg


 昔、閉門があるとは知らずに、娘の友達母娘4人で、夕方登頂したときは、「明日、息子が日本人女性と結婚式を挙げるんです。」という韓国人男性一人の五人しか山頂にいなかったことがあって、その時もお互いに写真の撮りっこをしました。
 その後、駐車場まで降りて行くと、既に閉門の時間が過ぎていたようで、ガードマンに「ハリーアップ!」と、急かされながら車を出して走り始めると、頂上で一緒になった男性が一人で帰り道を歩いていたので、「よかったら、ワイキキまで乗っていきませんか?」と声を掛け、ホテルまでお送りしたかったのですが、夕食の予約時間が迫っていたので、私たちのホテルで降りて頂いたことがありました。
 その夜、息子さんのお嫁さんになる日本人の女性からお礼の電話を頂き、「実は、明日結婚式なんですけど、喧嘩をしてしまって、お父さんは一人でダイヤモンドヘッドへ行ってしまったんですが、日本の方に優しくしてもらった、ととても感激して、みんなで仲直りができて、明日は幸せに結婚式を迎えられますemoticon-0152-heart.gif」と、嬉しいお話を聞かせていただいたことを、懐かしく思い出しました。

c0196754_19121312.jpg


頂上での絶景を堪能して、再び急な階段を下っていきます。復路は20分ほどでスイスイと下山。

このマンゴースムージーは、マンゴーの果実がたっぷりフレッシュで、感動的な美味しさでしたemoticon-0131-angel.gif

c0196754_1912248.jpg


ワイキキまで歩いてもよかったのですが、そういえばまだ一度も「ザ・バス」に乗っていなかったので、一度は乗ってみよう!ということで、バスを待ち始めました。

ところが、シーライフパーク方面へ行く、反対方向のバスは3~4台来ているのに、全く来る気配がなく、タクシーが相乗りの誘いをかけてきます。
「一緒に乗る人、レイズヨアハンド~!」
と、叫んでいましたが、最初のタクシーは、
「プアハンド…だ!」
と言って、行ってしまいました。

さらに待つこと5分…、私たちは、まだそれ程待っていなかったのですが、バスは$2.50、タクシーは一人$3でどうだ!と、2台目のタクシーが勧誘にやってきたので、

c0196754_19123543.jpg


「乗っちゃうかぁ!」
と、隣で並んでいた日本人のファミリーと、外人さんと、相乗りでホテルまで送って頂きました。

c0196754_19124593.jpg


朝8:30~午後2:30までの、ダイヘモンドヘッド登山、たっぷり歩いて、その後30分のお昼寝タイムとなりましたemoticon-0113-sleepy.gif






  5日目-ワイキキビーチでリゾート♪ へ続く








         「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v              

         
by toco_tax | 2011-07-31 23:59 | | Comments(1)
Commented by じょんなむ at 2011-08-29 12:43 x
僕も1人で登りました。でも登山口までバスを利用しましたけど・・・ 最後の梯子出口のところで腹がつかえて、もう少しでプーさんになるところでした。(*^。^*)
<< 母娘二人旅~Hawaii201... 母娘二人旅~Hawaii201... >>