八重山釣行 ③ 【2011年11月11日】 西表島にて
 八重山2日目は、西表島でのメインイベント「マングローブリバーフィッシィング」ですemoticon-0165-muscle.gif


c0196754_1444848.jpg


上原港に着いたら、そのまま出撃できるように、ラッシュガードレギンス、沈してもOKなパタゴニアハーフパンツ、日焼け対策の長袖にFox fireの半袖シャツ、キャップ、マリンシューズ…そして愛用のがまかつの花柄バッカンと釣り竿でルンルンですemoticon-0159-music.gif

c0196754_14491594.jpg


しまかぜさんに離島ターミナルまで送って頂きました。ありがたいぃ~~emoticon-0152-heart.gif

しか~し、

c0196754_1450353.jpg


上原行きは欠航…(-_-;)

c0196754_14512375.jpg


安永観光では、上原行きが欠航の時は、上原までバスで送ってくれるので、バスチケットを頂いて、8:30の大原行に乗船です。

c0196754_14531355.jpg


離島桟橋は、団体ツアー客でお天気が今一つでも大勢の観光客でした。

c0196754_14542723.jpg


離島日帰りツアーの人で満席の船室!

c0196754_14551477.jpg


海は上原行きが欠航になるくらいなので、うねりが出ていて、雲行きも怪しい西表方面の空模様…emoticon-0156-rain.gif

c0196754_1458527.jpg


大原港に到着後、マイクロバスにて上原方面へ。行き先を告げると、目的地で降ろしてもらえます。荷物を持っての移動なので、少し時間はかかるけど、むしろラッキーでした♪


ロビンソン小屋に到着すると、アキさんと、今日のガイドをお願いしている高市澄人さんが出迎えてくれて、

「今日はこんな天気で、釣りは厳しいです。釣れないですけど、どうしますか?」

「ええええっ!釣れなくても行くぅ~~~!今日することが何もなくなっちゃうぅ~~~emoticon-0106-crying.gif


「風が強くて、川の流れと風でカヌーで釣るのは期待ではないですけど、出来るようだったら釣りをして、滝の方へトレッキングして、また帰りながら釣りが出来たらちょっと釣る…ってことで行ってみましょうか。」

「それでいいのでお願いしますっ!」

何とかマングローブリバーフィッシングに行けることになって、慌ただしく準備に取り掛かります。

「カヌーには荷物積めますけど、電子機器は置いていってくださいね。タックルとルアー見せてください。」

「魚はたくさんいますけど、今日は活性が悪くて、とにかく釣れませんっ!餌釣りしますか?」

と、何度も念をおされ、Cさんすかさず、

「私、ルアーにこだわらないので餌、お願いしますっ!」

「T様の分も、タックル、持ってきたのでやりますよね?」

「いいから大丈夫!俺はカヌーに乗れるだけでいいんだから!」

わーわーと、慌ただしく積み込む荷物と、釣り具の準備でバタバタですっemoticon-0169-dance.gif

隣の川満スーバーでお弁当と飲み物を買って、電子機器はダメと言われながら、
「私の携帯は防水仕様だからOKねっ!」と、携帯と、首から防水仕様ではないコンデジを隠し持って、高市さんの車に乗り込みます。


船浦港を過ぎて船浦大橋を渡った辺りでしょうか。

c0196754_15225770.jpg


西田川の広い河口付近、ヒナイ湾で車を降りると、このところの雨で水量豊富な豪快なピナイサーラの滝が正面に見えます。

c0196754_1524337.jpg


ここで、高市さんから、カナディアンカヌーの漕ぎ方のレクチャーを受け、カヌーを置いてある所からカヌーを準備!すると、生き物好きなCさん、すかさず何やら発見!こそっとカメラを持ってきた私が撮っておきました。

c0196754_1552968.jpg


「思ったより風、大丈夫そうですね。」

と、二艇に分乗して、西田川河口から上流を目指して、いよいよ出発~!

c0196754_15571640.jpg


「10㎝の水深でも50㎝超のマゴチがいるポイントですからね!投げて下さい。どんどん、手返しよく投げて!」

と、カヌーを操りながら、次々と指示を出してくれます。ポイントによってルアーを変えながら、西田川の上流へと進みながら、繋留してあるボート付近を狙ったり、マングローブの根元、オーバーハングしている下、樹木が水面から飛び出ている辺りを狙って、投げ続けます。

「トビハゼのイメージで!そうです!アピールしてますよ!」
と、細かく教えて頂きながら、狙った樹の近くにうまくキャストできた瞬間、

「巻いて、巻いて!」

と、ドキドキしながら引きを楽しみつつ寄せてくると、すかさず玉網でキャッチしてくれて、

キャ~~~~!MJキター~~~~~~


c0196754_1612759.jpg


途中、土砂降りの雨に見舞われた中での嬉しいヒットでしたemoticon-0159-music.gif

その後、ターポンのポイントで、ノーシンカージグヘッドにピンク色の派手なワームに替えて、投げ続けると、当りキタ~~っ!と、一瞬緊張が走り、ターポンの姿を見たものの、うまくフッキングできずにバラシ…(:_;) ワームにはバックリと噛み痕が残っていました。


西田川をこれ以上進めないポイントまで進み、西田の滝トレッキングの入口まで来ましたが、釣り続行!

c0196754_16255330.jpg


餌釣りに切り替えたCさん、ここから爆釣ですっ(*^^)v

c0196754_16261831.jpg


Cさん、今回新調したフィッシュグリップを使いたくて、はいポーズ!

c0196754_16264943.jpg


カヌー乗船のメンバーチェンジをした後は、Cさん餌釣りを満喫していました(^^♪

c0196754_16295275.jpg


空模様は…

c0196754_16305316.jpg


まだ日が暮れる時間ではないのに…

c0196754_16313022.jpg


こんな薄暗い空で、3時半頃でしょうか、干潮になるとカヌーに乗って戻れないそうですが、最後はロープで繋いだ二艇、競うようなスピードで、ヒナイ湾を漕いで元の場所に辿り着き、数こそ釣れなかったものの、高市さんの献身的なガイドに感動しながら、楽しいリバーフィッシングが終わりました。


今回は条件に恵まれませんでしたが、前回はガイドなしで、カヌーをCさんと操作しながら、それなりの釣果があったことは、ちょっと奇跡的!だったかも…と、釣りは本当にその時の状況によって、全く違うものだということを思い知らされました。


ロビンソン小屋への帰り道、夜釣りもあるかも!ということで、高市さんに船浦港と上原港のポイントを教えて頂きながら帰着。


前世は、お犬様だったに違いないT様は、

c0196754_16381433.jpg


ボスとアスカと戯れていました(^_^)v

c0196754_16394551.jpg


お世話になったアキさんと、素晴らしいガイドスタッフ、ナチュラリスト高市さんと一緒に記念撮影emoticon-0160-movie.gif 惜しみない働きっぷりに感謝でしたemoticon-0115-inlove.gif

そして、今夜の素泊まり宿「ビックリぎょうてん丸」まで送って頂きました。


c0196754_16463553.jpg


前回お伺いした時は、暑さで弱り気味だったHiromiさんが、爽やかに出迎えてくださり、熱いシャワー浴びて冷えた身体をサッパリして、順番に生き帰り…

c0196754_16485888.jpg


釣った魚の調理は大変なので、全てリリースしたため、今夜はビックリぎょう天丸から徒歩3分ほどの「いるむてぃや」でゆんたく…18:00からの営業だったため、開店までの時間を、星砂の浜をしばし散策。

c0196754_1651552.jpg


「竿、持ってくれば良かったねぇ…」

c0196754_1652992.jpg



c0196754_2155736.jpg


「いるむてぃや」の大将が釣ったという魚拓が…

c0196754_16542266.jpg


郷土料理を頂きながら、飲むか、夜釣りか、真剣に悩みつつ…

c0196754_16553877.jpg



ダイバーT様予報は、

「降らないから行っといで!」

だったので、そのお言葉を信じて、いそいそと夜釣りの支度。

c0196754_1657315.jpg


青木船長にお願いしてあった車をお借りして、上原港、船浦港…と竿を出し始めた途端、またまた土砂降りの雨がぁ~~~emoticon-0156-rain.gif

まさか降られるとは思わず、軽装だったので、小一時間粘ったものの、寒さに勝てず撤収!


そんなこんなの八重山釣行2日目の長い一日が終わりました…とさ。
by toco_tax | 2011-11-23 16:43 | | Comments(2)
Commented by 正男 at 2011-11-23 23:34 x
千太郎さんの笑顔が素晴らしいっす!悪条件にも関わらず、釣った心意気がスゴイ!
Commented by 千葉の千太郎 at 2011-11-24 07:49 x
> こそっとカメラを持ってきた私が撮っておきました。

ナナフシです!。


> 正男さん

思いっきりの笑顔つくってみました!。
<< 八重山釣行 ④ 【2011年1... 小春日和な第16回マンションゴ... >>