ゾラデックス注射43回目…中止!
 今日はゾラデックス注射43回目となる診察日でしたが、

「特に変わったことはないですか?」

という問い掛けに、いつもなら「大丈夫です!」と即答しますが、今日は、

「体調不良で、関節痛が酷くて辛いです。膝とか肘とか、手指のこわばりが痛くて、仕事にも集中できない日がありました。もう42回注射しているので、終りにしたいんです。」

と、主治医に訴えました。

「そうですか。。。いつ頃からですか?今日の注射は中止にしましょう。関節リウマチの検査もしてみましょう。」


「先生、骨密度の検査もお願いします。」


 ということで、今日は、先日来からの膀胱炎の経過をみていただくこともあって、尿検査、骨密度の検査、採血をしました。

c0196754_12131451.jpg


 この機械、超音波で踵の骨の骨量を調べる可般型の骨密度測定装置、なんだそうです。前に検査したときは、手の甲にX線をあてて調べたので、この機械を使うのは初めてです。


 尿の白血球数は減少して、膀胱炎は大丈夫!ということで、採血の結果は2週間後の診察日にお聞きすることになりました。


 ゾラデックス注射を中止することによる再発リスクと、QOLを維持すること…、難しい選択なのかもしれませんが、現時点で、私はQOLを選択したいと思います。5年後、10年後…のことを心配するより、今の幸せを感じて生きたいと思うのです。。。






                 「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2012-09-20 12:30 | ホルモン療法 | Comments(0)
<< 秋の気配に… 東部ブロック9月例会 >>