「ゾラデックス」&「タスオミン」から「フェマーラ」へ
 関節痛が辛く、ゾラデックス注射を「強制終了」させた前回の診察から2週間後の診察日でした。

c0196754_1312222.jpg


 血液検査の結果、リウマチ因子は見当たらず、問題なのはコレステロール値だけで、血液の数値はどれも正常値とのことです。

 「ゾラデックス注射を中止して、何か変わったことはありましたか?」 

 「関節痛は大分緩和されました。おりものが少しあります。」

 乳がんに用いられるホルモン剤にはいくつかの種類があって、閉経前か閉経後かによって使われる薬は異なります。閉経前でしたので、卵巣からのエストロゲン分泌を抑制する「LH-RHアゴニスト製剤のゾラデックスを使ってきましたが、私は年齢的に超ビミョ~で、このまま閉経すれば閉経後に使用されるアロマターゼ阻害薬の「フェマーラ」が成績をあげているそうです。


c0196754_125976.jpg

 
 「ゾラデックス&タスオミン」は卒業して、4週ほど経過をみて、特に変わったこと(生理が復活とか?…(^^ゞ )がなければ、次回の診察から「フェマーラ」を服用することになるそうです。


 「ゾラデックスは、何回くらいするものなんですか?」

と、今更ながらお聞きしてみたら、

「2年間といわれていますが、今は3年、そして心配な人はもう少し長く続けますね。もう42回やったので終りにしましょう!」

「フェマーラは、腫瘍を小さくするという効果もあげている薬なので、これで問題なければずっと続けていける薬です。」

「副作用はあるんですか?」

「ほてったり、関節痛もあるかもしれないですね。」

 リアル更年期と注射で、眼が近くも遠くも見えにくくなったり、関節が辛かったここしばらくですが、「フェマーラ」と仲良く付き合っていけたらいいなぁ~~!と、期待と不安な気持ちです。

 あと4週は薬服用の呪縛から解放され、関節痛や手指のこわばりも一休みです。さて、何を楽しもうかしら~~emoticon-0115-inlove.gif






                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2012-10-11 12:53 | ホルモン療法 | Comments(0)
<< 東部ブロック10月例会 「カ フラ ホア」で踊ってきました♪ >>