フェマーラの副作用?

 ゾラデックス&タスオミンを卒業して、フェマーラにお薬が変わってから2週間が過ぎました。

 骨密度検査の結果「骨密度指数(スティフネス値)73、骨年齢は63歳」という結果レポートによる衝撃も影響しているのかもしれませんが、フェマーラの副作用?と思うような症状が幾つか現れています。


 とっても残念な、地味~な副作用の積み重ねが、少し気持ちを後ろ向きにさせています。

 私自身が色々なことにやる気を失くしている‥って思いたくないだけなのかもしれないですが、自分の体のあちこちが、急激に老化している気がして悲しいです。

 

 私に必要のない情報は、なるべく取り込まないようにしていますが、「薬の副作用」と解れば、自分の「怠け心」ではないんだと納得することができるので、「がんサポート情報センター」のHPは、とても役立っています。


 そして、今日見かけたのは、

 副作用対策
 ホルモン療法の副作用


 ホルモン療法の副作用について、様々な症状のデータを見て、少しホッとしました。

[図1 自覚症状のセルフチェックリスト]
(ホルモン療法の副作用)

体や顔がほてる
汗をかきやすい
指の関節にこわばりや痛みがある
手や足の先がしびれる
気力がなく、疲れやすくなった
物忘れが多い
くよくよし、憂うつである
体がだるく、重い
イライラする
体重が増えている
最近、骨折した
膣からおりもの、出血がある
膣の乾燥がある


 殆どの症状に該当しています(^^ゞ

 ホットフラッシュ、関節痛、うつに対処し、治療を完遂する方法
 ホルモン療法中のつらい副作用は、こうして乗り切る


という記事でした。

c0196754_0525567.jpg



 ずっと関節痛に悩まされていましたが、今日は吐き気と頭痛、軽いめまい…そんな症状まで現れ、かなり凹みました。

 化学療法の副作用は、脱毛、吐き気、骨髄抑制…など、顕著な症状で認識され易いですが、ホルモン療法の副作用は、長期に亘ってじわじわと辛い思いをするので、何とも言いようのないストレスが溜まっていきます。

 とはいえ、フェマーラは、何年継続できるか分かりませんが、再発リスクを効果的に減らすことが証明されているようです。日常生活で改善すべきことは前向きに向き合っていかなくちゃ!とへこたれそうな気持ちに渇を入れてがんばろ~っとemoticon-0165-muscle.gif













                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2012-11-25 23:52 | 日々のこと | Comments(0)
<< X'mas Party... 例年最初の忘年会 >>