ジェネリック医薬品促進通知書


 フェマーラの薬価が高いことは、先日認識しましたが、


c0196754_2341243.jpg



 健保組合から「ジェネリック医薬品促進通知書」が届き、少しムッとしてしまいました。健保組合の医療費削減のために、「ジェネリック医薬品お願いカード」まで添えられての「費用削減効果の比較的大きい方々を対象に…」と、私宛に発行された、この通知書。

 そもそも、フェマーラに認可されているジェネリックはない筈…と、よくよく裏面を見たら、対象になっている医薬品は、「リピトール」でした(^^ゞ


 患者の立場からすれば、経済的な負担が軽減されるとはいえ、専門的なことはよくわかりませんが、ジェネリック医薬品の利点だけでなく、そのリスクについても十分に説明をした上で、「促進」するべきだと思います。

 特に命にかかわるお薬について、私は安全で安心できるオリジナルな薬を服用したいと思っています。


 
by toco_tax | 2013-01-21 23:33 | 治療費用 | Comments(0)
<< 放射線科の診察日2013-1月 2013年東部ブロック1月例会 >>