カテゴリ:ホルモン療法( 63 )
フェマーラ再開しました!

 6月8日の診察で再開することになり、処方されていたフェマーラですが、旅行中に関節痛や諸々の副作用がでるのは辛いので、6月19日、帰国後から服用を開始しました。


 育毛剤やシャンプーなどザ ヘアケア アデノバイタル効果?か、パーマ効果か、単に気分の問題か(^^ゞ…、髪をポニーテールに結べるくらいになってきたのに、また薄毛に悩むことになるかなぁ~と、幾つかの不安要素はあるものの、ドクターとしては、やはり再発・転移のリスクを少しでも解消するために、フェマーラの服用を!と処方されています。


 しばらくの間、どうしても飲まなければいけない薬から解放されていたので、問題は、お薬の飲み忘れです。一日にたった一錠の薬!朝飲むか、夜飲むか…ちょっと悩みながら、フェマーラ再開です!














                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v



 
by toco_tax | 2013-06-20 23:25 | ホルモン療法 | Comments(0)
ザ ヘアケア アデノバイタル
女性ホルモンを抑えるホルモン療法は、個人差があるのでしょうが、私にとって悩み深いことの一つに、薄毛…があります007.gif

無駄毛が気になる季節でも、全く心配しなくていいのですが、髪が細く、腰がなくなってしまい、薄毛の悩みは続いています(--;)

美容院でお薦め頂いたのが、コチラ!!

c0196754_22241.jpg


c0196754_223019.jpg


劇的に急激に髪が増えた、とかいうことではないですが、日々使い続けるうちに、少しずつ、髪の立ち上がりが出来るようになってきた気がしています001.gif

本当は、直ぐにでもベリーショートにしたいところですが、イベントなどでフラを踊るには、前髪をキッチリ上げたアップスタイルに出来ないと、キッチリ感が出ないので、人生初の前髪の長さを更新しています023.gif

ようやく最近は一つに縛って、ピンが2本あれば纏まるようになってきました!

猛烈な汗をかくので、これから迎える夏はスッキリと髪を纏めて過ごします!

…それにしても光の加減や、風、陽の当たり具合では、頭の地肌が透けて見えてしまいそうな頼りない髪~!どうか長~いお友達でいてもらいたいです♪
by toco_tax | 2013-06-10 02:00 | ホルモン療法 | Comments(0)
フェマーラ再開予定
 フェマーラをお休みして8週、リピトールをお休みして4週で迎えた診察日。

 リピトールをお休みして、明らかに膝の関節痛(変形性膝関節痛…なんだと思う)が緩和しました。40歳の節目健診から服用を続けているリピトール…(/_;) ホルモン療法が始まって、さらに数値が悪化したため、通常の倍の2錠を服用するようになって、半年?くらい経ってからでしょうか。

 筋力低下を自覚したのは、昨年の初サーフィン体験の時でした。陸でダイちゃんに、軽くレクチャーして頂きましたが、この時点で全く立てる気がしなくて、実際にいい波に乗せてもらいながら、膝で立つのが精いっぱい!しかも、足ヒレをつけて、最後にボディーボード、気合いを入れたらピキーンと猛烈にツッてしまい、痛くて歩くのもやっと…ということがありました。


 それからどんどん膝が痛くなって、秋頃には体中がギシギシ…。整形外科で診てもらっても、骨には異常なし。暮れには、膝痛から腰痛になって、とっても辛い日常生活でした。もやもやと、フェマーラだけの副作用だと思い込み、フェマーラを続けられなくなる恐怖と関節痛のジレンマに、暗い気持ちに落ち込んだこともありました。


 4週前の診察で、リピトールも休薬することになって、徐々に膝の痛みが緩和して、仕事中、立ち上ったときの不快な痛みは、1週間ほど前から消えています。

 リビトールをお休みしているので、今まで無頓着だった食事にも気を配り、ベジタリアンか?というくらい、野菜中心の食事を心がけ、油は控えめにしています。


 そんな状況で迎えた診察日。

「フェマーラ、リピトール…どちらが原因だったんでしょうね?」

「先生、間違いなくリピトールだと思います!」


本人が、一番良くわかります。


「今日はフェマーラを出します。やはりフェマーラでしっかり抑えましょう。」


「はい。でも、来週旅行があるので、帰ってから再開するってことでもいいですか?」

「それは構わないでしょう。」


ということで、フェマーラは、木曜から出掛ける旅から帰ってから再開することになりました
(*^^)v


 長いこと飲んでいた大事な薬、今は、アレルギーや、睡眠導入剤だけなので、とっても気が楽です。また来週から、飲んだのか飲まなかったのか、分らなくなったり、朝、飲み忘れて、昼休みに自宅へ帰って慌てて飲む…という生活が始まりますが、フェマーラを再開できそうな気配なので、実はホッとしています。


 副作用と上手に付き合いながら、長く続くホルモン療法、再度頑張っていきたいと思います。













                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v











 
by toco_tax | 2013-06-07 23:45 | ホルモン療法 | Comments(0)
休薬中…


 私の主治医がK病院を退職されて、カルテのあるK病院で他のドクターに診て頂くという選択肢もありましたが、私は発見から手術、化学療法、現在継続中のホルモン療法と、ずっと診て頂いている主治医に引き続き診て頂くことを選択しました。

 そして、今日は新しい病院が開院するまでの間、毎週金曜日に診察をすることになったクリニックで、最初の診察の日でした。


 前回の診察日から、関節痛の副作用が強く出ている原因と思われる「フェマーラ」をお休みしています。

「その後、関節痛などは治まりましたか?」

「少しは軽くなったような気はしますが、まだ体の芯は痛くて、強張りは続いています。」


「浮腫みはどうですか?」

「今日は良い方なんですが、脚もパンパンに張ってくる感じや、腕も浮腫んでます。リンパマッサージは一週間に一回は必ず欠かせないです。」

「肩のコリとかはどうですか?」

「酷いです。」


「そうですか。。。高脂血症のリピトールも長く続けていますが、実はこの薬にも筋肉を溶かしてしまうという副作用もあるんですよ。」

「筋力が落ちているという感覚はすごく感じています。」


 …と、K病院では待っている患者さんのカルテが山積みで、いつもお忙しそうだったために、なるべく早く切り上げなければ、という状況だったため、辛い副作用について細かく報告することもありませんでしたが、電子カルテということもあるのか、落ち着いて話すことができました。


「それでは、フェマーラとリピトールを4週間、お休みしましょう。」

「7月に健康診断があるんですけど、また血液検査で引っ掛かってしまいそう…。」

「4週間休薬して様子をみて、また6月に考えましょう。毎週金曜は一日ここで診察していますから、何かあったら4週でなくても来てください。」



ということになりました。ちょっぴり心境は複雑ですが、食事や運動など日常生活を改善していく努力もしなければ!と改めて考えるきっかけになりそうです。












                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2013-05-10 23:07 | ホルモン療法 | Comments(0)
キンギョソウ~花言葉は…

 3か月毎の苦難の連結決算処理、夕方5時頃、いよいよ長い残業タイムに突入したところ、事務所に花束を抱えて、お客様がいらっしゃいました。

c0196754_1710063.jpg


 どなたかしら?と玄関を見ると、なんと私と同じ主治医に診て頂いているHさんです。

 いつも応援してくださっていて、私と同じタイプの乳がん…ということもあって、久しぶりに更新したブログを見て、とても心配くてくれて、「春らしい、元気の出るお花を!」と、花言葉のように「しぶとく、図々しく!」頑張れるようにと、キンギョソウをお見舞いに届けてくださいました056.gif


 嬉しくて、思わず胸が熱くなりました053.gif

 この日も、まだまだ仕事が終わる気配はなく、確定申告が明けても、次々と急ぐ仕事が続いて、連日、気持ちもいっぱいいっぱいで、体調も、ずっと固まって仕事をしているのと、花粉症で、疲労もピークを迎えつつあったので、本当に嬉しい励ましのメッセージが嬉しかったです。


 このブログには、「辛いこととか悲しいことは綴らない!My happy lifeなんだから!」と思っていたのですが、私自身の闘病記なので、記録として正直な状況を記しておこう、と迷った末での先日の記事でした。Hさんには、気持ちを共有して頂いているし、他にもたくさんの励ましのメールや言葉を頂きました。
 私は、そんなに強い人間ではないので、ここで綴ることで気持ちの整理ができたり、明るく頑張っていこう!と思えるので、これからも、辛いことがあったり、悲しいことがあったら、正直な気持ちを綴っていきたいと思います。

















                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2013-04-04 23:05 | ホルモン療法 | Comments(1)
フェマーラ中断…2つの診療情報提供書

 今日は主治医の診察の日でした。

「調子はどうですか?特に変わったことはないですか?」

との問い掛けに、

「辛いです。全身が強張って、おばあちゃんになったみたいです。」

「そうですか。。。手術をしてからどれくらいたちましたかね、12月10日でしたね。4年は過ぎていますね。フェマーラですね。

 少しお休みしましょうか。」



「……」

「関節が痛いのは、いつ頃からでしたか?」

「秋頃からです。」

「PET-CTでも異常はなかったので、フェマーラだと思います。少しお休みして様子をみましょう。
 花粉の方は治まってきましたか?」


「いえ。駄目です。3月のはじめにゴルフに行って以来、ずっと喉も痛くて、金曜日に耳鼻科に行ってしまいました。」

「もうしばらくの辛抱ですね。。。」

と、フェマーラ以外のいつもの薬と点眼、点鼻薬などを処方して頂き、

「さぁ、これからどうしましょうかね?土曜日の予約外来も出来なくなってしまったんですよ。」


「えっ?そうなんですか?」


c0196754_2272472.jpg



 実は、院長先生は今月いっぱいで退職されることになりました。7月までは、週に一回、通院できる地区のクリニックで勤務されるとのことなので、繋ぎの間は、そちらで受診はできますが、その先は、外来での受診はできないかもしれません。

 私の乳がんを、しこりを感じて受診をした4日後には「硬癌」と診断して頂き、その2週間後には手術をして頂いて、先生を信頼して、ずっと強い気持ちを持ち続けて治療を続けてきたので、正直、なんとも言えない動揺を感じています。


 病院は関与先でもあり、監事もさせて頂いているので、色々な経緯などは承知していましたが、患者の立場になると、やはり今後のことがとても心配です。

「西洋医学的には、なんの問題もありません。」と、今年になって、内科を受診して血液を詳しく調べて頂いていたので、なんとか気持ちは持ちこたえていますが、この一カ月ほど、花粉症だけではなく、実はとても辛い日が続いて「体がボロボロになっていく…」感じの恐怖と、確定申告前後の仕事のストレスで、軽い引きこもり状態になっていました。 




 全く同じタイミングで2つの診療情報提供書を並べて、フェマーラも中断することとなり、なんだか涙がポロリン…な夜を迎えてます007.gif













                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2013-04-02 22:05 | ホルモン療法 | Comments(2)
ホルモン療法と漢方
 私にとって「ボディーブローのようにジワジワときいていってQOLを低下させる」つらい副作用のあるホルモン療法。有効性が証明されているアロマターゼ阻害薬「フェマーラ」と長く付き合っていかなければ…、というジレンマが昨秋以来続いていました。


「本当に素晴らしい先生だから、相談してみて!」、仲良しのYさんに、前から時々お話を聞いていたものの、そのうち…と、受診に至っていませんでしたが、膝の関節痛が改善しない日々に悶々としていた私を心配して、またYさんがお勧めしてくれました。


 1月29日、初診の予約をとって、クリニックを訪ねてみました。お忙しい先生なので、これまでの経過を説明するために、昼休みにこのブログを確認しながら、時系列で手術、化学療法の薬剤名、放射線治療、ホルモン療法、現在の状況などをA4で2枚にメモをまとめ、お薬手帳も持参して診察を受けました。


 話をよく聞いてくださり、診察ベットで足の浮腫みや体温なども触診して頂き、先生が確認しておきたいという「甲状腺機能」「コレステロール」「肝機能」…諸々をチェックするため採血をして、3日後に結果が判るため、診察の予約をとって頂きました。

 
 そして本日の受診の結果、

「完璧です!西洋医学的には、全く問題ないですね!」

という診断でした。先生が一番気にしていた甲状腺機能については、バランスの良い数値であること、白血球数も貧血も問題ないこと、40歳の節目健診から続いている高脂血症についても、総コレステロールと中性脂肪も値は高いものの悪玉コレステロール値は正常値内におさまっているため、現在「2錠のリピトールは1錠にしてもいいんじゃないかなぁ~。他の数値が1錠にしちゃうと引っ張られちゃうのかなぁ~。」、強いて言えば肝機能の数値くらいで、経過観察で大丈夫なこと…、丁寧に説明して下さいました。

 西洋医学的に問題がないので、私のような更年期障害の症状には漢方が適合するので、漢方の説明をしてくださり、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)を処方して頂きました。この漢方は、若い頃よく服用していた薬なので、薬に対する不安もありません。


「副作用だけを心配して飲んでいたら、フェマーラに対して失礼になっちゃって、効く薬も効かなくなってしまいますからね。」

 なんだか、とても大事なことをお聞きしたと思います。

「痛いときは、飲んでいいと言われた薬は、罪悪感を感じて飲む必要はないんです。我慢するより、痛み止めを飲んで楽になるなら、遠慮しないで飲んでいいんですよ。」

とも言われ、ホッと気持ちが楽になりました。


 この日、初診の予約がとれたので、生理痛で毎月辛い数日を過ごしている娘も、先生に診て頂きました。娘は私とは体質が違うようで、桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン) を処方して頂き、

「これでしばらく飲んでみて、それでも改善しなかったら、私の信頼できる婦人科の女医さんを紹介するからね。」

と、娘もニッコリ、安心していました。



 大好きなフラのK先生と出会えたことと同じように、幸せな出会いに感動です072.gif

 優しくて気持ちを分ってくれて、颯爽とカッコいい素敵な先生、これからまだまだ続くホルモン療法にも、明るい気持ちで向き合っていけそうな、本当に嬉しい出会いでした。

 背中をポンと叩いて、一歩を踏み出させてくれたYさんにも心から感謝したいと思います053.gif


 









                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2013-02-01 22:36 | ホルモン療法 | Comments(0)
整形外科受診


 関節痛で身体全体が強張り、その強張りからなのか、右膝を伸ばすと痛くなってしまい、歩くときに変な格好でしか歩けなくなったら、バランスが崩れて、腰まで痛くなってしまいました。

 年末のお休みに入って、日頃できなかった物入れの中の整理や片付けなど、同じ姿勢でいる時間が長かったためか、どんどん身体が強張って、お料理をするときはずっと立ちっ放し…、身体によくないことばかりが続いていました。

 一度、きちんと診てもらおう!ということで、お昼前に整形外科で診て頂きました。


 診断は…


「お薬による関節痛についてとか、膝が痛くなった原因はよくわからないけど、筋肉痛ですね!骨は全く問題なく、綺麗です!運動して頂きます!」


だそうです005.gif


 膝を伸ばすと痛かったので、あえて伸ばす動作をしていなかっのですが、

「膝を伸ばす運動をしてください。」

だそうです。

1.椅子にすわる

2.片方の脚を水平に伸ばす

3.そのままで10秒ほど止める

4.元にもどす
これを4~5回繰り返す


という運動。


「フラ、やっても大丈夫ですか?」

と、オソルオソルお聞きしてみたら、

「あんまり痛むときは止めといた方がいいでしょうけど、痛まない程度だったらいいんじゃないですか!」


「ありがとうございます\(^o^)/」



 本当は、もうお婆ちゃんの身体になっちゃって、フラを踊れなくなってしまったのかしら…と、年末から、とっても心配で不安な、ちょっとブルーな気持ちでいたのでした。

 よかった012.gif 頑張り過ぎずに、頑張ろう!と、思います。



 事務所に帰って話したら、

「tocoさん、太り過ぎなんじゃないですか?」

と、言われてしまいました(^^ゞ 

 確かにね、体重を支えきれなくなって膝が悲鳴をあげたのかもしれません(^_^;) 


 整形外科の先生に頂いた「ひざと付き合う、4つのポイント」には、

1.「ひざ」を支える筋肉を鍛えましょう。

2.柔軟性のある「ひざ」にしましょう。

3.適度な運動で、「ひざ」の筋力強化と肥満を防止しましょう

4.痛みや腫れがあるときは、早期に診察をうけましょう。


って、書いてありました。


 お正月太りと、肥満傾向を解消するために、頑張らないと!って思います。
by toco_tax | 2013-01-07 23:43 | ホルモン療法 | Comments(2)
フェマーラ続行

 お薬がフェマーラに替わってからゾラデックス+タスオミン服用のときにはなかったような体調不良が続いていましたが、心配してくださった皆さまからメールやお電話を頂いたり、タクティールを施術して頂いたり、メレフラパーティーで先生やフラシスたちと楽しい時間を過ごしたり、明るく元気に頑張っている、がん友Hさんとお話したり…たくさんの励ましを頂いて、少しずつ元気を取り戻してきました053.gif 心からの感謝の気持ちをお伝えしたいと思います040.gif


 フェマーラを4週服用した診察日、先生に

「変わったことはないですか?」

と聞かれて、

「お薬に身体が慣れなかったためか、少しむかむかしたり、気分が下がって、とっても辛かったです。ここ数日は緩和してきましたけど…。」

と答えました。

「そうですか。フェマーラは、あまりそういうことはない筈なんですけどね。。。」

「最初の頃と比べると、大分改善はしてきているとは思います。」

「…もう少し、この薬を続けて様子をみてください。」

ということで、フェマーラを続行することになりました。

「もうすぐ4年になります。」

「そうですね。12月10日でしたね。今日は採血をして、PET-CTの予約をとっていってください。」

と、やはり今年もPET-CT検査を受診することになりました。


 今年は採血だけで大丈夫かなぁ、と思ったりしていましたが、リンパ節転移が3/8…だったのですから、検査をして「転移の所見なし」の結果を期待したいと思います。


 







 
by toco_tax | 2012-12-06 21:53 | ホルモン療法 | Comments(0)
ホルモン療法~フェマーラへ
 ゾラデックス注射+タスオミンは4週間×42回が終り、4週間の休憩を経て、昨日の診察で処方されたフェマーラが、いよいよ今朝からスタートです。

c0196754_1464367.jpg


 昨日の診察で、

「体調はどうですか?特に変わったことはないですか?」

「はいっ。身体じゅう、ギシギシいっていたのが、お薬が抜けて、とっても身体が楽です。今まで、関節痛が辛かったです。」

と、答えると、

「あぁ、やっぱりホルモン剤は、どうしてもそうなんですよね。生理はきたりしてないですか?」

「はい。大丈夫です。」

「今日からフェマーラを出しますが、これは関節痛というより、少し吐き気があるかもしれないですね。」

と、オソロしいことをおっしゃってました。日頃、吐き気を感じることはあまりないので、そんなに心配はしていないのですが、今までのような関節痛がやってこなければいいなぁと思います。

「先生、右腕が痛くて痛くて、マウスを握る動作が辛くて…。」

と訴えたところ、

「あぁ、腱鞘炎・テニス肘ですね。これが大きな筋肉で、とても治りにくいんですよ。時間がかかりますね。湿布を出しますけど、使わないのが一番いいです。そういう訳にもいかないので、バンドがあるんですけど…どこで手に入るかな。」

 先生付きの看護師さんが、調べにいってくれて、

c0196754_1573940.jpg


先生が使い方を教えてくれました。


「これをすると、痛みが少し楽になりますけど、ずっとしているとうっ血してくるので、適度に使ってください。」


と、肘バンドを頂きました。このところ、キーボードやマウスを握る動作、コーヒーカップを持ち上げるのも辛い状態だったので、この肘バンドが活躍しそうです。


 そして、前に検査した、骨密度の検査結果をお聞きしたところ、なんと、私の骨年齢は…

  63歳 005.gif という結果でした。

 3年前には91%だった値が、今回は73%…007.gif

 かなり打ちひしがれる結果でした。ホルモン療法の副作用に「骨粗鬆症」があるとは認識していたものの、フラでかなり運動しているつもりだったので、こんなに急激に低下しているとは思ってもいませんでした。


 運動やカルシウム摂取、日光浴をすることが重要らしいです。。。ちょっぴり哀しくなってしまった一日でした002.gif









                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v







 
by toco_tax | 2012-11-09 23:55 | ホルモン療法 | Comments(2)