<   2008年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
大晦日~病院での年越し

今朝の採血の結果、白血球は4000に回復。
「先生に連絡をとったら、外泊してもよいとのことでしたけど、どうしますか?」
と看護師さんに言われた。
 昨日、しばらく退院はできないと覚悟を決めていたし、娘も初日の出を見に外出するという約束をしていたようなので、
「救急車を呼ぶことになっても大変なので、年越しは病院ですることにします。」
と、外泊は一日延ばすことに決めた。
 
 今日は、午後から、マンションのN家の皆さんが揃ってお見舞に来てくれた。面会の前にナースステーションに寄ったら
「手短にお願いします。」
と言われたそうで、おまけに、3人の子供たちも含め、みんなでマスクをさせられ、絵になるような美しい子供たちの顔は、微かに引きつり緊張の面持ち!車で来てくれたのかと思ったら、5人で自転車に乗って来てくれたそうな。
 入居時から管理組合の役員、植栽委員会、広報、ゴルフサークルで…やるべきことを確実に処理してくれるので、私はとても頼りにしている仲間なのだが、小姑的な細かさもあって、そのバランス感覚がおもしろい(*^^)v
 楽しみにしていたマンションのパーティースタジオで開催されたクリスマスパーティーにも、シュリンプパーティーにも参加できず、そんな様子を時々メールで知らせてくれたりしていた。

055.gif「なおちゃんがバドミントンしたいと言っていたし、富士山を登んなきゃだし、キャンプにも行かないとだし予定がつまっているから、早めに治癒完治しないとだから!」
055.gif「全くだね。やること多過ぎてのんびりしてられないねっ。植栽もゴルフもあるしね。」

この日は、
「この病院、大丈夫なんですかぁ?古いですよね?」
ふふっ。大丈夫なんじゃよ(-_-;)」
そんなことを言いながら引き揚げていった。大晦日、お陰さまで気が紛れました。

 暫くしてから、娘が大晦日を一緒に過すためにやってきて、面会時間いっぱいまでまったりと過ごして帰っていった。
 大晦日も消灯時間は21:00で変わりない。普通に大晦日の一日は過ぎて行った。
by toco_tax | 2008-12-31 21:27 | 手術~外出許可 | Comments(0)
白血球1900
 
 一回の注射で劇的に白血球が回復する人もいるそうだが、残念ながら私は1100→1900までしか増加せず、今日の退院も見送りとなった。
 この数値では、放射線治療に外出することも許可されず、ハリー先生が墨東病院へ今日の治療のキャンセルを連絡してくれたそうだ。ハリー先生曰く、

「一時的に白血球が増えても、必ずリバウンドがあるので、数日は覚悟しておいた方がいいかもしれないね。」

と、哀しくなるような宣告だった。無性に家に帰りたくなり、娘と電話で話しながら二人で「寂しいよぉ。。。」と泣いてしまった。
by toco_tax | 2008-12-30 20:20 | 手術~外出許可 | Comments(0)
退院延期

 いよいよ今日は退院だ001.gifと、朝から荷物をまとめ、ロッカーやカウンターの中をすっかり綺麗に片付け、「退院証明書」や「退院おめでとうカード」なども受け取り、迎えに来てくれたCさんには、車に荷物を積み込んでもらい、朝のT先生の回診時にも、
「いよいよですね。」
「大変お世話になりました。」
などと会話して、あとは着替えて手続きをするばかりの時だった。T先生が来て、
「今朝の採血の結果が出て、残念ながら白血球が1100で、今日の退院は許可できなくなりました。」と告げられた。
「えっ?」
と、絶句。状況がよく飲み込めなかった。
「白血球を上げる注射をして様子をみましょう。」とのこと。
 そもそも最初の入院は10日間程というつもりでの入院だったのが、少しゆっくり…と思っているうちに化学療法が始まり、放射線治療も始まり、私の体内では、劇的な変化が起こっているんだ!と改めて認識する以外になかった。

 自分を納得させるのに少しポカンとしたけれど、もう一度詰め込んだ荷物を元に戻すしかなかった。注射で、すぐに白血球は上昇すると信じよう。
by toco_tax | 2008-12-29 21:18 | 手術~外出許可 | Comments(0)
入院の必需品ベスト10

 当初の退院予定日が過ぎたが、明日には退院出来そうなので、少しずつ増えたロッカーの中の荷物を整理したり、今日は日曜でお掃除の小母さんが来ないので、退院に備え、洗面台やテレビの上やテーブルなどの拭き掃除をする。

入院生活で役立った必需品ベスト10

1位 ペットボトルで使う携帯加湿器
 この手のひらサイズ加湿器のお陰で、全身麻酔での手術後、痰が絡んだり、咽喉がいつまでも痛かったりしたのが、随分と緩和されたと思う。
  
 
c0196754_21412638.jpg
 

2位 アロマストーン&アロマオイル 
 これも携帯用のケースに入ったテラコッタのアロマストーン。これにお気に入りのアロマオイルを2~3滴たらすだけで、我が家の香りになる。看護師さんやヘルパーさんが部屋に入ってくる度に、「このお部屋、なんかいい香りがする!」と言ってた。

3位 イソジンガーグル
 一日に4~5回、口内炎の予防に使用していたお陰で、咽喉痛にも風邪予防にも役に立ったと思う。

4位 お気に入り枕
5位 ハンドクリームとワセリン
6位 ディスポーザブルマスク
7位 電気あんか
8位 茶こし付きマグカップとケトル
 
c0196754_21474817.jpg

9位 S字フック(どこへでも引っ掛けて、袋を下げられる)
10位 レッグウォーマー

その他日用必需品は…

洗濯バサミ、綿棒と爪楊枝、水のいらないシャンプー、バスタオル、タオル、ティッシュペーパー、石鹸、箸、スプーン、湯呑、置時計…PCやワンセグもあれば、消灯後に眠れないときには、眠らなければいけないというプレッシャーから解放される。


 退院前の日曜日、午後になって、姪っ子と甥っ子がコシジのケーキを買って来てくれた。しばらく積もる話をして和み、帰って行った。姉弟はとても仲良し。娘とも仲良しで、小さい頃からずっと喧嘩をしたことがないほど娘に優しい従姉弟たちだ。
by toco_tax | 2008-12-28 21:16 | 手術~外出許可 | Comments(0)
退院予定日が…

放射線治療3回目。抗がん剤1クール5日目。

 昨夕服用した下剤が効いて、朝食後、無事にお通じがあった。熱も下がって、今朝の採血では白血球も3,700。
 墨東病院へ出かける前に主治医のS先生に会い、
「昨日の熱は放射線治療の影響もあったのかもしれないですね。白血球はそれほど下がっていないので、退院しても大丈夫だとは思いますが、心配でしたらもう少し様子をみましょうか。気を付けて墨東へ行って来てください。」
と、墨東病院への外出許可が出た。毎朝の採血数値からみて、今日にでも退院できるでしょう、という見通しだったのだが、昨日の発熱で私が心配になってしまったので、退院は月曜になる予定だ。
 昨日のような関節のだるさなどはなく、体調は悪くなかった。昨日の発熱のこともあり心配してくれて、出勤を予定していたCさんが年内の仕事も終わったので、送迎を申し出てくれた。お言葉に甘えることにして迎えに来てもらった。今日は受付も順調に済み、すぐに呼ばれて3回目の治療が終わった。
 ランチは自宅近くのSCで、娘とも合流して外食。食欲はあまりなくて、頑張って半分ちょっとは食べた。少し疲れてきたので自宅へは寄らずにK病院へ送ってもらった。
 やはり身体が慣れないせいか、少し疲れた気がする。手術後ずっと続けていた屋上歩行もここ数日はストップだ。
by toco_tax | 2008-12-27 20:51 | 手術~外出許可 | Comments(0)
初めての発熱
放射線治療2回目。抗がん剤1クール4日目。

 朝から足腰の関節が重く痛く、だるくて、墨東病院への通院にタクシーで行こうという気力がなく、事務所のCさんに、私の車で迎えに来てもらい送迎をお願いした。朝の検温では、平熱が低いので私にしては微熱の36.8℃だった。

 昨日、墨東病院の放射線科で受付方法など説明を受けたのに、機械に診察カードを通しただけで、窓口へ提出することを失念し、しばらくボーッと待っていたが、予約時間前だし、そんなものかと15分程して、付き添っていたCさんが、「診察券をどこかへ出すのではないんですか?」と気が付き、「そういえば、そうだったかもしれない。」と、昨日説明されたことを思い出した。検査技師の方々も、「まだ顔と名前が一致していないので、気が付かなくて申し訳ない」とおっしゃって、すぐに呼んでくれた。

 無事に治療を終え、K病院に戻る前に味の民芸で昼食。味覚がおかしいのか、外食も美味しいとは全く思えず、なんとなく熱っぽい気がしてK病院へ戻った。少し疲れてウトウトはしたものの、夕方の検温では38.9℃と高熱が出た。入院後、初めての発熱。看護師さんがすぐに解熱剤の注射をしてくれた。
 
 事務所にメールで状況を伝え、昔、祖母がよく、熱が出た時に作ってくれた「すりおろしりんご」を食べたいことと、起き上がるのも辛いので曲がるストローを持ってきて欲しいことを頼んだら、Cさんが娘と連絡を取って、娘と娘のBFを車で連れて来てくれて、すりおろしりんごを作ってくれ、少し元気が出て和んでいたら、両親も心配して来てくれた。
 
 もともと便秘気味ではあったが、抗がん剤の副作用に便秘、下痢という症状もあると承知していたので、宿直の看護師さんとも相談して、先生に下剤を処方して頂き服用した。
 夕食までは熱で辛く、気持ちも塞いでいたが、みんなが来てくれて、夜にはかなり元気になり、解熱剤も効いて37℃に熱も下がって一安心。
 
 今年は暦の都合で今日が仕事納め。結局、入院してから平日には事務所に出ることなく年末に突入してしまった。
by toco_tax | 2008-12-26 21:05 | 放射線治療 | Comments(0)
放射線科受診
 今日は、墨東病院の放射線科へ治療計画を立てるための受診とのことで、外出許可を頂き、予約時間が10時半だったので、少し余裕をもってタクシーの迎車をお願いして9時頃出発。

 外に出るのは一週間ぶり。橋の上から真っ白に雪化粧した富士山が綺麗だ!年末のゴトウ日で車は混雑気味。それでも40分ほどで、妊婦さんが亡くなった件で一躍有名となった都立墨東病院へ到着。

 放射線科は病棟棟の地下二階にある。予約時間より大分早かったが、すんなり受付をして、主治医から預かってきた情報提供書を渡す。直ぐに放射線科の担当医の部長先生に呼ばれて診察。ペーパーに書かれている放射線受診にあたっての一般的な注意事項などの説明を受ける。

 実に気さくな、優しい先生だ。

 「治療は今日から始められますが、最初だけX線とCTなどの検査をして、照射量などの計算をしてからの治療となるので2時間ほどかかりますが、大丈夫ですか?」
 大丈夫なのかお聞きしたいのは私の方だった。主治医からは、手術の傷が綺麗になってからでないと、傷跡がただれたりしてしまうので、手術後2か月以内に治療をすればよいので、開始するのは1月からになると思いますよ、聞いていたので、素早い!展開過ぎ!と思った。

 診療放射線科は、年末年始も12月27日、30日、1月3日は、放射線治療を行っているという。

 「せっかく今日来て頂いたので、患者さんの負担を考えれば無駄にするのはもったいない、というのが私の考え方なんですよ。今日から始めれば、年末年始もこの日は治療ができるので、それだけ早く終わるしね。傷も綺麗なので全く問題ないですよ。」

と言われて、相談する相手もいなかったので、

 「はい。では、今日からよろしくお願いしますっ。」
と、いよいよ放射線治療をスタートすることとなった。

 まず、治療計画を立てるために、CTシュミレーター室でX線とCTの検査をおこなった。私は検査の台に横になって、手術した側の腕を上にあげているだけで、あとは15分ほどじっと、普通に呼吸をしていればいいだけだった。台が移動して、2つの検査は終了した。 その後、先生と放射線技師が計算をするために15分ほど待合室で待機。どちらの部屋でだったか記憶が定かではないが、治療部位と反対側の身体の横に、十字の紫色のマーク「しるし」を書かれた。
 放射線治療を受ける放射線治療室へ呼ばれて、上半身だけ裸になり、バスタオルをあてて、治療台へ横になる。 Siemens の機械だということだけ、目に入った。天井には赤いランプが2つ。長いパイプのようなものが天井から円を描くように移動する。ここでも、手術した側の腕を上にあげて固定する。照射する部分に少し重いシートのような物体をのせ、治療時間はわずか1分半~2分くらいだろうか。

 この放射線治療の予定回数は25回。土曜、日曜、祝祭日はお休みだ。

 治療が終わって、明日以降の受付方法や治療、予約のことなどの説明を受けて、診療棟へ行き、計算窓口に受け取ったクリアケースを出し、会計を待つ。大きな病院なので時間がかかるかと思ったが、次々と名前が呼ばれて、5分ほどで全部終わった。

 この日、外出許可届を出して、病院へ戻る時間は午後2時ということになっていたが、帰りのタクシーの中で病院へ連絡をして、外出時間の延長と、自宅でのシャワーの許可を得ようと思った。看護師さんが主治医に確認をしてくださり、「お風呂にゆっくり浸かって頂いても大丈夫ですよ。風邪をひかないようにね。」と、入浴の許可も頂いたので、すぐに自宅にいるはずの娘に連絡をして、お風呂の準備をしておいてもらった。
c0196754_16513347.jpg 
 手術後、前回の外出時にシャワーだけだったけど、「今日はお風呂に入れる~♪」と、嬉しかったのに、残念なことに、身体に付けられた「しるし」が初めてだったので、どの程度の入浴で消えてしまうのか分からず、また、特に「年末年始は先生がお休みになってしまうので、しるしが消えてしまうと、来て頂いても治療ができなくなってしまうこともあるので気を付けてください。」と放射線技師に言われていたので、「しるし」が、あまりお風呂で浸からないように、四つん這いになっての入浴で、とてもゆったりとは言えない入浴になってしまった。
 それでも、久しぶりに我が家でバスタイム001.gifは、やっぱり気持ちいい~~053.gif
 お風呂に入っている間、久しぶりに会ったバロンちゃんは、ずうっとお風呂の前で待っていてくれた016.gif

 お風呂の後は娘とランチをパステルで食べて、外出は終了。





                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2008-12-25 22:48 | 放射線治療 | Comments(0)
おひとり様
 今日はクリスマスイヴ。
 一人寂しく…、と思っていたら、ランチタイムに間に合うように、と赤トンボのサンドウィッチを差し入れに、兄貴分のTさんが来てくださった。多忙で最近、あまり会えなくなってしまったTさんは、お茶目で家族に優しく、陽気でナイーブな兄貴様!
 弟分の事務所のCさんに来てもらって、私の病院食を食べてもらい、私はペロリとサンドウィッチをいただく。美味~~!

 午後、父が洗濯物などを持ってきてくれたり、不要な物を持ち帰ってくれたりした。

 仕事が終わった後、弟分のCさんが、毎年クリスマスには欠かさない
  067.gifコシジ

のお一人様デコレーションケーキと阿波鶏のチキンを持って来てくれた。

 
c0196754_234143100.jpg


 
c0196754_23425187.jpg


まっ、こんなクリスマスも一生に一度なら許しましょ(^^ゞ






                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2008-12-24 20:39 | 手術~外出許可 | Comments(0)
娘とまったり

 今日は祝日。

 私の入院中、二人の猫と暮らしている娘は、学校が大好きで、休んだことがない。
 授業が終わるのが午後6時の日が週に何度かあって、真っ直ぐ帰っても帰宅時間がかなり遅い。そんな事情で、なかなか病院へ来られなかったのだが、今日は午後3時頃やってきて、二人でまったりと録画してもらったドラマ「風のガーデン」を2回分、ベットに仲良く並んで座ってPCでDVDを見たり、「水のいらないシャンプー」で髪を洗ったり、お見舞に頂いたフルーツを食べたり…面会時間が終わるまで久しぶりに一緒に過ごした。こんなに離れて暮らすことは初めてのこと。娘よ、逞しく育っておくれ~!
by toco_tax | 2008-12-23 20:40 | 手術~外出許可 | Comments(0)
化学療法①-1回目
 
 今日からいよいよ化学療法が始まる。抗がん剤投与の1回目。

 回診の後、T先生が針を挿してくれた。

 11:00~①ナゼア1A(吐き気止め)+生理食塩水100ml(30分)
 11:40~②タキソテール75ml/㎡+5%TZ500ml(90分)
 
 経口投与
  夕食後プレドニン10mg



c0196754_220132.jpg
 看護師さんが時々、点滴の落ちるスピードや、気分が悪くないか、何か変わったことはないか、様子を見に来てくれる。全く、何も異常なく、ブドウ糖と書かれたバックに、本当にタキソテールという抗がん剤が入っているのかしら?と思うほど、何事も起こらず、無事終了001.gif
by toco_tax | 2008-12-22 21:53 | 化学療法① | Comments(0)