タグ:ゴルフ ( 95 ) タグの人気記事
放射線治療終了後の2回目の診察

抗がん剤3クール17日目、放射線治療終了後16日目


 今日は、墨東病院で、放射線治療終了後の2回目の診察でした。

 照射した部分の皮膚炎は、照射終了10日過ぎからピークとなって、二週間目頃から、パジャマや下着に擦れて、日焼け後の皮が剥けるような感じになっていました。
c0196754_17431845.jpg


 先日の診察でクロマイ-P軟膏を塗布して頂き、ガーゼで保護をするようにしてから3日後には、赤味も落ち着き、一皮剥けて新しい肌に生まれ変わってきています。脇の下の部分は、照射によるもの、というより、むしろ垢がポロポロと落ちている(^^ゞという感じです。少々グロいですが、クロマイ-P軟膏を塗布した後です。
 
c0196754_17443751.jpg

 

 今日の診察では、先日ネットで見かけた乳癌牛乳原因説骨粗しょう症を予防するために、どう考えたらよいのかお聞きしてみました。

 
 私の放射線治療では、背骨に放射線は照射していないので、放射線治療による骨粗しょう症は考えにくいこと、牛乳が乳癌の原因となるという説は、欧米人の食事の中心が肉で、肉食と牛乳という偏った食生活の場合に、癌となる可能性はあるかもしれないけれど、日本人の食事の欧米化によって、女性では、乳癌と大腸癌の率が高くなっているといわれているとのこと、これを予防するには食物繊維を多く摂るとか、大豆製品を多く摂るなど、また骨粗しょう症を予防するためにカルシウムの摂取は必要だが、牛乳の過剰摂取は、高脂血症の要因となるため、豆乳がこれに替って良いだろうけれどコストが高くつくので、小魚やにぼしなどで補充する…結局は、栄養バランスの問題で、偏らずに栄養バランスを考えて楽しく食事をすることが一番ではないでしょうか、というお話でした。

 また、大学病院時代に10年間くらいに亘って、骨粗しょう症の研究をしていたそうですが、食事によるカルシウム摂取も大切ですが、それ以上に運動によって、筋力をつけ、ストレスを発散させるなど、適度に体を動かすことが、より骨粗しょう症の予防になるというデータがあるという話もお聞きしました。


 ネットで、イソフラボンと、乳がんを増殖させるエストロゲンとの関係を調べてみたら、農林水産省の下記の公表が、すぐにヒットしました。


大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A


農林水産省
平成18年2月2日公表
平成18年5月12日最終更新

食品安全委員会は、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」の中で、大豆イソフラボンの主たる生体への影響として、以下のとおり、エストロゲン受容体を介する作用を挙げています。
エストロゲン受容体を介する作用
(1) 「大豆イソフラボンは植物エストロゲンのひとつといわれ、その化学構造が女性ホルモン(エストロゲン)と類似しエストロゲン受容体(エストロゲンレセプター)に結合することから、促進的あるいは競合的に種々の生体作用を発揮することが、試験管内の試験や、動物実験で示されている。」
(2) 「これらの効果がヒトにおいても発揮されることが推論されうる。例えば骨粗しょう症、乳がんや前立腺がん等の予防効果が期待されるが、一方、乳がん発症や再発のリスクを高める可能性も考えられる。しかし未だ実際に多くの研究が行われている段階にあり、ヒトにおける大豆イソフラボンの有効性と安全性についての議論は確立していない。」
 



 放射線科のO先生のお話をお聞きして、心と体のセルフコントロールについてどのように考えるべきか、大変参考になりました。

 
 日常生活では、ストレスを溜めてしまうと免疫力が低下してしまうので、適度に気分転換をはかりながら、疲れたら無理をしないでゆったり休養をとる、気持ちに余裕をもってストレスを溜めない、栄養バランスのよいメニューを工夫する…こんなふうに過ごせせたらいいなぁ、と思います。


 そうそう、それともう1つ。今日は、3月15日に予定されているマンション内ゴルフサークルのコンペに、参加しても良いかどうか、お聞きしてしまいましたemoticon-0116-evilgrin.gif

 適度な運動が大切!との話の流れで、右利きなので、手術した左とは反対側なので、テニスはいいでしょう、とのこと。そして、白血球が減少しているときは当然無理なことですが、水泳-水中歩行だけでもよいとのこと。そして、ゴルフは、やはり強打すると肋骨骨折のリスクは否めないけれど、化学療法が進むにつれて、骨折のリスクはむしろ高くなってしまうので、次回の入院前の3月15日は、体調とお天気次第ではありますが、「力は入れない、無理をしない、疲れたらカートに乗る、お散歩のようなつもり」での参加ならいいのではないでしょうかemoticon-0157-sun.gifという許可を頂いてしまいしまたemoticon-0169-dance.gif

 もちろん、今、無理をしてはいけないことは私自身が一番分かっていますので、無茶はしませんから、ご安心くださいませ。
by toco_tax | 2009-02-20 23:50 | 放射線治療 | Comments(0)
日曜日
 
 朝から日差しが眩しいくらいの良い天気!あぁ、ゴルフ日和だなぁ~と屋上から空を見上げる。

 いよいよ明日から抗がん剤が始まる。先日、お見舞に来てくださったMさんから
「いよいよですね。今日の体調はいかがですか。よろしければ、午後少しだけお顔を見に行こうと思っていますが。。」
とメールを頂いた。申し訳ないなぁ、と思いつつも、大好きな方が来てくださるのは、とっも嬉しいものemoticon-0157-sun.gif 体調が悪いはずもなく、元気そのもの(^^ゞ

 部屋のノックに、扉を開けると、MさんだけではなくUさんもご一緒に。私の悲惨な初のゴルフコンペ以来、いつもマンション内ゴルフサークルの若いメンバーたちのお世話をして下さり、ゴルフ練習だけでなく、ホームパーティーには沢山の差し入れとおやじギャグと共に参加してくださり、時には築地で仕入れた新鮮食材でBBQ隊長となって下さったり、時にはプライベートコンペに協賛して豪華賞品を提供してくださったり…マンション大家族のパパとママのような存在のお二人が、抗がん剤で弱る前に、励ましに来てくださいました。

 きっと、お守りも効いて、悪い癌細胞をやっつけてくれると思います。
 勇気100倍!頑張りますemoticon-0165-muscle.gif
by toco_tax | 2008-12-21 20:31 | 手術~外出許可 | Comments(0)
入院前、最後のラウンド
 乳がんと診断されてから、仕事や身の回りの整理など、バタバタと忙しい日々が続いた。そして、「病気なのだから、ゴルフは治るまで我慢だぁ~」と、勝手に思い込んでしまい、今までと全く変わらずに元気に日々を過ごしていたのに、ゴルフはしばらく出来ないと諦めていた。

 先日の検査のとき、病院で看護師さんに確認したら、「ゴルフやっても大丈夫よ。でも怪我をしないようにね。」と言われたので、今日の日曜に1組予約してあった、同じ倶楽部のメンバーH夫妻がこの日プレーする予定だったのに、ご厚意に甘え、急遽、ラウンドさせて頂くことになった。感謝emoticon-0152-heart.gif

 ゴルフで、すっかりお世話になり、倶楽部も紹介して頂いて、ようやく私もメンバーになったYゴルフ倶楽部の大将、Aパパさん夫妻と、口説いて同じくメンバー入りが決まったNさんと4人でのラウンド。
 今日は、最初のホールで、Nさんがいきなりチップインパーを決め、その後、パパさんもK子さんもそれぞれチップインを決め、残るのは私だけだった。それがなんと、最後の最後にチップインを決め、Yゴルフ倶楽部でのベスト更新でホールアウト。最高の一日となったemoticon-0102-bigsmile.gif もう、入院前に思い残すことは何もないemoticon-0157-sun.gif






                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2008-12-07 22:31 | 発見~検査~入院まで | Comments(0)
検査翌日のゴルフ

 寒い朝で天気もパッとしない。5時半に待ち合わせ場所に行くと既にAご夫妻が待っていて、Eさんを待つことに。Eさんに電話したところ、まだ寝ていた。
「先に行ってください。追いかけるから。」
と言ったけれどAパパさんが
「待っているから早くおいで。」
と待つことに。車の外で、寒い中、立ち話をしながら約40分。ようやくEさんが来て出発。長時間寒い中で立っていたので腰が少し痛かった。
 雨が降ったりやんだりの生憎の天候の中、一昨日まで全く感じたことのない乳房が疼くような軽い痛みを何度か感じながら、お天気同様、スコアも冴えないままラウンド終了。ラウンド中、昨日の検査のことを話しながら、少しずつ心配になってくる。
by toco_tax | 2008-11-16 22:36 | 発見~検査~入院まで | Comments(0)
触診、エコー、針生検
 約束の午前11時にK病院へ。上半身の衣類等を脱いで診察室のベットに横になる。

 まず触診からだった。
「これですね?」
と、しこりのある辺りを確認しながら左も同様に確認すると、やはり
「エコーで確認してみましょう。」
と、すぐにエコーで確認しながら、
「針を刺させてもらってもいいですか。」
と、検査をすることになった。

 機械との位置関係で頭の向きを変えて、再びバンザイをして横になる。超音波画像で見ながら
「少しチクッとしますね。」
と針を刺される。この検査のためドクターが看護師に準備するように言っていた検査器具名は、あやふやな記憶によれば「バイオプシーニードル」と、何度か看護師に指示をしていたように思うが確かではない。私は、注射針のような細いモノだろうと思っていたが、実際に刺された痛みは注射針などという生やさしい痛みではなかった。
「パチンという音がしますよ」
と言われたとおり、久々の激痛と共にパチンとえぐり取られるような痛みを感じた。
「痛いですね。ごめんなさいね。」
と言われながら2か所同じことを繰り返した。いつまで続くのかと思ったら
「これで終わりですからね。」
と、検査は終了した。
 
 検査が終わって、超音波検査の画像を見せてくれながら
「乳腺は通常、このように白く流れていますが、しこりのある部分が黒くクローバーのように影になっているんですね。」
と説明してくれた。
 「検査で傷がついていないかレントゲンを撮らせてください。」
と、胸の写真を撮りに行き、画像をもらって再び診察室へ。先生が画像を確認しながら
「綺麗ですね。問題ないです。」
とおっしゃったので少しホッとしつつ、
「検査は急いでやらせるように出しましたが、土日が入ってしまうので、木曜の外来には間に合うと思いますが、結果が分かり次第お電話しましょうか。」
とのお話に、ドキッとした。
 月曜~水曜まで、青森へ出張の予定が入っていたので
「水曜の昼過ぎには戻りますが、留守の場合は父が事務所におりますので父に伝えてください。」
とお願いした。

 翌日はゴルフの約束が決まっていたので先生に
「明日はゴルフの予定が入っているのですがゴルフをやっても大丈夫でしょうか?」
とお聞きすると、
「この検査とゴルフは全く関係ないので大丈夫ですよ。」
と笑いながら答えていたので安心でもあった。
「今日は針を刺したのでお風呂は控えてください。そこが内出血したりすることはあるかもしれないですからね。」
と言われてこの日の診察は終わった。

 後からネットで調べたところ、通常は針生検をする場合、局所麻酔をするらしいことが分かったが、麻酔をするとターゲットが確認しにくくなることもあるようだ。

 また、採取した標本は透明な液体の小さな容器に入れられていた。この透明な液体はホルマリンなのだろう。あのパチンという音がファイアで標本を採取した瞬間であったようだ。

 ちょうど一週間前から、同じマンションの友達夫妻が通っているゴルフスクールに通い始め、この日はどうしようかと迷ったが、悩んでみたところで結果が変わるわけではないし、と事前に
「病院へ行くので約束の時間に遅れてしまうと申し訳ないので先に行ってね。」
と伝えてあったので、一人でゴルフ練習場へ向かった。この日はなんとなく、クラブを振り回しながら、検査の痕が気になり友達には
「実は今日、しこりを発見してエコーと細胞を取る検査をやったんだぁ。」
と報告した。定期健診の話になり、今年は確実に受診していないこと、もしかすると、昨年も受診しそびれてしまっていたことが気になった。






                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2008-11-15 22:55 | 発見~検査~入院まで | Comments(0)