タグ:ホルモン療法 ( 76 ) タグの人気記事
こんな日もあるよね…

 今朝、どうしても起きられなくて時間ばかりが過ぎてしまい、何度か起きようと試みましたが、9時過ぎ、午前中だけお休みしようと事務所に電話を入れました。お昼前にようやく起きよう!と思ったとき、今度は頭痛が酷くて、ボルタレンを飲んで伏せっていましたが、とても仕事ができる状態ではなかったので、こんな日もあるか…と、再び事務所に電話を入れて、お休みすることにしました。


c0196754_15255690.jpg



 バロンちゃんは、日中いつもいないママがいる~emoticon-0115-inlove.gifと、喉を鳴らしてベツタリです。


 身体中の関節がぎしぎしして、動くのもたどたどしいのですが、動かないとどんどん固まっていくような感じなので、毎日少しずつストレッチをしていますが、思ったような効果が出てきません。今年は毎日、とっても寒いので、余計に身体が強張っていくようです。

 
 今日はたっぷりお休みしたので、明日はきっと元気に起きられるぞ~~!と、自分に期待を込めていますemoticon-0165-muscle.gif












                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2013-01-24 23:40 | 日々のこと | Comments(0)
ジェネリック医薬品促進通知書


 フェマーラの薬価が高いことは、先日認識しましたが、


c0196754_2341243.jpg



 健保組合から「ジェネリック医薬品促進通知書」が届き、少しムッとしてしまいました。健保組合の医療費削減のために、「ジェネリック医薬品お願いカード」まで添えられての「費用削減効果の比較的大きい方々を対象に…」と、私宛に発行された、この通知書。

 そもそも、フェマーラに認可されているジェネリックはない筈…と、よくよく裏面を見たら、対象になっている医薬品は、「リピトール」でした(^^ゞ


 患者の立場からすれば、経済的な負担が軽減されるとはいえ、専門的なことはよくわかりませんが、ジェネリック医薬品の利点だけでなく、そのリスクについても十分に説明をした上で、「促進」するべきだと思います。

 特に命にかかわるお薬について、私は安全で安心できるオリジナルな薬を服用したいと思っています。


 
by toco_tax | 2013-01-21 23:33 | 治療費用 | Comments(0)
整形外科受診


 関節痛で身体全体が強張り、その強張りからなのか、右膝を伸ばすと痛くなってしまい、歩くときに変な格好でしか歩けなくなったら、バランスが崩れて、腰まで痛くなってしまいました。

 年末のお休みに入って、日頃できなかった物入れの中の整理や片付けなど、同じ姿勢でいる時間が長かったためか、どんどん身体が強張って、お料理をするときはずっと立ちっ放し…、身体によくないことばかりが続いていました。

 一度、きちんと診てもらおう!ということで、お昼前に整形外科で診て頂きました。


 診断は…


「お薬による関節痛についてとか、膝が痛くなった原因はよくわからないけど、筋肉痛ですね!骨は全く問題なく、綺麗です!運動して頂きます!」


だそうですemoticon-0104-surprised.gif


 膝を伸ばすと痛かったので、あえて伸ばす動作をしていなかっのですが、

「膝を伸ばす運動をしてください。」

だそうです。

1.椅子にすわる

2.片方の脚を水平に伸ばす

3.そのままで10秒ほど止める

4.元にもどす
これを4~5回繰り返す


という運動。


「フラ、やっても大丈夫ですか?」

と、オソルオソルお聞きしてみたら、

「あんまり痛むときは止めといた方がいいでしょうけど、痛まない程度だったらいいんじゃないですか!」


「ありがとうございます\(^o^)/」



 本当は、もうお婆ちゃんの身体になっちゃって、フラを踊れなくなってしまったのかしら…と、年末から、とっても心配で不安な、ちょっとブルーな気持ちでいたのでした。

 よかったemoticon-0111-blush.gif 頑張り過ぎずに、頑張ろう!と、思います。



 事務所に帰って話したら、

「tocoさん、太り過ぎなんじゃないですか?」

と、言われてしまいました(^^ゞ 

 確かにね、体重を支えきれなくなって膝が悲鳴をあげたのかもしれません(^_^;) 


 整形外科の先生に頂いた「ひざと付き合う、4つのポイント」には、

1.「ひざ」を支える筋肉を鍛えましょう。

2.柔軟性のある「ひざ」にしましょう。

3.適度な運動で、「ひざ」の筋力強化と肥満を防止しましょう

4.痛みや腫れがあるときは、早期に診察をうけましょう。


って、書いてありました。


 お正月太りと、肥満傾向を解消するために、頑張らないと!って思います。
by toco_tax | 2013-01-07 23:43 | ホルモン療法 | Comments(2)
フェマーラの薬価
 関節痛が昂じたためか数日前から右膝が痛み、歩くのに右脚を庇っていたら腰まで痛くなってしまい、昨日は今年最後のフラのレッスンを無念にもお休みして、整体・マッサージをして頂きました。歩き方が悪かったようで、相当傾いでいた身体が、ほぼ復活!年末を迎えて、暗~くなっていましたが、ホッとしましたemoticon-0152-heart.gifご心配頂いた皆さま、ありがとうございましたemoticon-0139-bow.gif

 昨日で年内の仕事を終え…た筈でしたが、メールは容赦なく送信されてくるので、年明けにしようと思いながらも、先方にとって火急の用件については取りあえず返信をしなければならず、年末のお掃除も捗りません(^^ゞ

 デスクの周りを片付けていて、ふとお薬の明細書を眺めていたら、

「フェマーラの薬価、高~~っemoticon-0104-surprised.gif

と、今初めて気がつきました! 

 ホルモン療法が始まって、3年数か月「タスオミン」を一日2錠服用していました。今は「フェマーラ」を一日1錠です。
 「タスオミン」の薬価は105.5円、単純に薬剤料だけだとすると1日220円×30%(患者負担割合)=66円でしたが、「フェマーラ」は、なんと655.4円、同じく薬剤料1日660円×30%=198円ということになります。

 お薬の領収書をよく見ると、薬剤料のほかに「調剤技術料」と、「薬学管理料」との名目で薬剤料の10%超の点数が加算されています。

 私は他にも色々な薬を処方して頂いているので、前回の薬局での支払額は11,460円でした。


 全く集計していませんが、今年の医療費は病院、薬局、マッサージ、リンパマッサージ…総額でどの位になるでしょうか?


 デスク周りの片付けって、写真や諸々の書類など、本当にいつになったら整理がつくのか、ピッチをあげなければ年が明けてしまいそうですemoticon-0141-whew.gif 














                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2012-12-29 22:00 | 治療費用 | Comments(0)
フェマーラ続行

 お薬がフェマーラに替わってからゾラデックス+タスオミン服用のときにはなかったような体調不良が続いていましたが、心配してくださった皆さまからメールやお電話を頂いたり、タクティールを施術して頂いたり、メレフラパーティーで先生やフラシスたちと楽しい時間を過ごしたり、明るく元気に頑張っている、がん友Hさんとお話したり…たくさんの励ましを頂いて、少しずつ元気を取り戻してきましたemoticon-0152-heart.gif 心からの感謝の気持ちをお伝えしたいと思いますemoticon-0139-bow.gif


 フェマーラを4週服用した診察日、先生に

「変わったことはないですか?」

と聞かれて、

「お薬に身体が慣れなかったためか、少しむかむかしたり、気分が下がって、とっても辛かったです。ここ数日は緩和してきましたけど…。」

と答えました。

「そうですか。フェマーラは、あまりそういうことはない筈なんですけどね。。。」

「最初の頃と比べると、大分改善はしてきているとは思います。」

「…もう少し、この薬を続けて様子をみてください。」

ということで、フェマーラを続行することになりました。

「もうすぐ4年になります。」

「そうですね。12月10日でしたね。今日は採血をして、PET-CTの予約をとっていってください。」

と、やはり今年もPET-CT検査を受診することになりました。


 今年は採血だけで大丈夫かなぁ、と思ったりしていましたが、リンパ節転移が3/8…だったのですから、検査をして「転移の所見なし」の結果を期待したいと思います。


 







 
by toco_tax | 2012-12-06 21:53 | ホルモン療法 | Comments(0)
フェマーラの副作用?

 ゾラデックス&タスオミンを卒業して、フェマーラにお薬が変わってから2週間が過ぎました。

 骨密度検査の結果「骨密度指数(スティフネス値)73、骨年齢は63歳」という結果レポートによる衝撃も影響しているのかもしれませんが、フェマーラの副作用?と思うような症状が幾つか現れています。


 とっても残念な、地味~な副作用の積み重ねが、少し気持ちを後ろ向きにさせています。

 私自身が色々なことにやる気を失くしている‥って思いたくないだけなのかもしれないですが、自分の体のあちこちが、急激に老化している気がして悲しいです。

 

 私に必要のない情報は、なるべく取り込まないようにしていますが、「薬の副作用」と解れば、自分の「怠け心」ではないんだと納得することができるので、「がんサポート情報センター」のHPは、とても役立っています。


 そして、今日見かけたのは、

 副作用対策
 ホルモン療法の副作用


 ホルモン療法の副作用について、様々な症状のデータを見て、少しホッとしました。

[図1 自覚症状のセルフチェックリスト]
(ホルモン療法の副作用)

体や顔がほてる
汗をかきやすい
指の関節にこわばりや痛みがある
手や足の先がしびれる
気力がなく、疲れやすくなった
物忘れが多い
くよくよし、憂うつである
体がだるく、重い
イライラする
体重が増えている
最近、骨折した
膣からおりもの、出血がある
膣の乾燥がある


 殆どの症状に該当しています(^^ゞ

 ホットフラッシュ、関節痛、うつに対処し、治療を完遂する方法
 ホルモン療法中のつらい副作用は、こうして乗り切る


という記事でした。

c0196754_0525567.jpg



 ずっと関節痛に悩まされていましたが、今日は吐き気と頭痛、軽いめまい…そんな症状まで現れ、かなり凹みました。

 化学療法の副作用は、脱毛、吐き気、骨髄抑制…など、顕著な症状で認識され易いですが、ホルモン療法の副作用は、長期に亘ってじわじわと辛い思いをするので、何とも言いようのないストレスが溜まっていきます。

 とはいえ、フェマーラは、何年継続できるか分かりませんが、再発リスクを効果的に減らすことが証明されているようです。日常生活で改善すべきことは前向きに向き合っていかなくちゃ!とへこたれそうな気持ちに渇を入れてがんばろ~っとemoticon-0165-muscle.gif













                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2012-11-25 23:52 | 日々のこと | Comments(0)
ホルモン療法~フェマーラへ
 ゾラデックス注射+タスオミンは4週間×42回が終り、4週間の休憩を経て、昨日の診察で処方されたフェマーラが、いよいよ今朝からスタートです。

c0196754_1464367.jpg


 昨日の診察で、

「体調はどうですか?特に変わったことはないですか?」

「はいっ。身体じゅう、ギシギシいっていたのが、お薬が抜けて、とっても身体が楽です。今まで、関節痛が辛かったです。」

と、答えると、

「あぁ、やっぱりホルモン剤は、どうしてもそうなんですよね。生理はきたりしてないですか?」

「はい。大丈夫です。」

「今日からフェマーラを出しますが、これは関節痛というより、少し吐き気があるかもしれないですね。」

と、オソロしいことをおっしゃってました。日頃、吐き気を感じることはあまりないので、そんなに心配はしていないのですが、今までのような関節痛がやってこなければいいなぁと思います。

「先生、右腕が痛くて痛くて、マウスを握る動作が辛くて…。」

と訴えたところ、

「あぁ、腱鞘炎・テニス肘ですね。これが大きな筋肉で、とても治りにくいんですよ。時間がかかりますね。湿布を出しますけど、使わないのが一番いいです。そういう訳にもいかないので、バンドがあるんですけど…どこで手に入るかな。」

 先生付きの看護師さんが、調べにいってくれて、

c0196754_1573940.jpg


先生が使い方を教えてくれました。


「これをすると、痛みが少し楽になりますけど、ずっとしているとうっ血してくるので、適度に使ってください。」


と、肘バンドを頂きました。このところ、キーボードやマウスを握る動作、コーヒーカップを持ち上げるのも辛い状態だったので、この肘バンドが活躍しそうです。


 そして、前に検査した、骨密度の検査結果をお聞きしたところ、なんと、私の骨年齢は…

  63歳 emoticon-0104-surprised.gif という結果でした。

 3年前には91%だった値が、今回は73%…emoticon-0106-crying.gif

 かなり打ちひしがれる結果でした。ホルモン療法の副作用に「骨粗鬆症」があるとは認識していたものの、フラでかなり運動しているつもりだったので、こんなに急激に低下しているとは思ってもいませんでした。


 運動やカルシウム摂取、日光浴をすることが重要らしいです。。。ちょっぴり哀しくなってしまった一日でしたemoticon-0101-sadsmile.gif









                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v







 
by toco_tax | 2012-11-09 23:55 | ホルモン療法 | Comments(2)
放射線治療の診察日2012秋

 清々しい秋晴れの一日でしたが、今日はドライブ…、

c0196754_0552664.jpg


ではなく、放射線科の診察日でした。

c0196754_057302.jpg



 今日は、悉くタイミングが悪く、信号も繋がらず、スカイツリーも間が悪く撮れるチャンスがなく、先端切れてるし、会計窓口でも「先生の確認印がなかったので確認でした。」とかなり待たされ、駐車券も患者用のスタンプを押してもらわないといけないのに車に置き忘れたり…と、アンラッキーが続いた診察日でした(/_;)


 放射線科の待合室で待っている時、若い女性が会計の精算を終えて戻ってきました。

「あの…、今日はビックリするほどのお会計だったんですけど、明日からもこんなに費用がかかるのでしょぅか?」

と、放射線科担当の看護師さんに質問しに戻ってこられたようです。

「私はよくわからないから、技師さんに聞いてみて!」

と、今度は技師さんにお聞きしていました。耳をダンボにしていた訳ではないのですが、近い距離だったので、聞こえてきてしまったのです。

「驚くほど高くて、これが明日から続くのかと思うと、ちょっと考えてしまうんですけど。。。」

「最初だけだと思いますけど、保険の種類によっても違うので、会計の窓口で聞いてみてください。」

と、技師さんに言われていました。


 私が診察を終えて、会計の列に並ぼうとしたら、その女性が病院の受付か案内のスタッフと話しているところでした。これも耳ダンボにしていた訳ではなく、たまたま近かったのですが…、

「…最初に手術するという方法もあるんだと思いますけど、ご主人ともよく相談してみて…」

といった会話をしていました。


 私も、初めての放射線受診をした日、治療計画の相談だけだと思って心の準備もできていない状況で、いきなり検査と治療が始まって、25,000円ほど初診でかかり、「これが25回続くのかしら?」と、かなり衝撃を受けた記憶がありますが、治療費の問題は、本当に深刻です。


 命とお金と秤にかけられませんが、日本の医療制度、社会保険の制度や給付については、長い闘病生活の中で、色々なことを考えさせられます。

 そういえば、ドクターや放射線技師の方から、治療方法等については、詳しい説明をして頂きましたが、治療費の総額について、どの程度かかるのか、といった説明は、どの医療従事者からもお聞きしたことがないかもしれません。

 長く付き合っていかなければいけない病気なので、患者の立場からすれば、先が読めなかったり、経済的な負担がどの位かかるのか、知っておきたいものなのですけどね。

 私もそろそろ転移や再発に備えるための保険に入ろうかな…、なんて思っていたところでもあるので、他人ごとではありません。

 その後、私も自分の会計や確認があって、その若い女性がどうしたかはわかりません。ちょっと心が重くなった診察日でした。



 私の診察は、いつものように前回の夏の診察日からの経過をざっくり報告して、

「ゾラデックスを42回で終えて、タスオミンも次回の診察日からフェマーラに変わることになりました。今はお薬が抜けて、関節の強張りやダルさがなくて、とっても快適です!」

とお話しすると、

「リンパ節への転移があったから慎重になっているんでしょうね。フェマーラの方が、副作用は少ないかも?しれないですね。」

「はい。そのように期待しているんですけど。。。」

と、いつものように甲状腺、胸部の触診、リンパ浮腫の状態を確認して頂きました。

「ゴルフはやつているんですか?」

「はいっ。月に1~2回程ですけど(^^♪ リンパマッサージはちょっとサボッてます。」


「まぁ、その程度ならいいでしょう。カルテにはサボッている…じゃなくて、「サボリ勝ち」って書いておきましょう。」

と笑ってました。



 先生に報告した通り、9月に42回目のゾラデックス注射をしてから、今はタスオミンも中止して、コレステロールのお薬だけになっているので、関節痛がとっても楽になり、体が自由に動かせるようになってきましたemoticon-0169-dance.gif 

 なので、数日前から夜のウォーキングに出掛けたり、ふとゴルフの練習にも行ってみよう!と、今夜は夕食のあと、片付けは娘に任せて半年以上ぶり?に近所の練習場へ行けたり、近頃の私にとっては画期的なほど快調ですemoticon-0115-inlove.gif

 とりあえず次回の主治医の診察日までは全身が快調なので、ウキウキしていますemoticon-0102-bigsmile.gif
「フェマーラ」と、どうか仲良くお付き合いができますように…emoticon-0152-heart.gif








                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2012-10-17 23:53 | 治療費用 | Comments(0)
「ゾラデックス」&「タスオミン」から「フェマーラ」へ
 関節痛が辛く、ゾラデックス注射を「強制終了」させた前回の診察から2週間後の診察日でした。

c0196754_1312222.jpg


 血液検査の結果、リウマチ因子は見当たらず、問題なのはコレステロール値だけで、血液の数値はどれも正常値とのことです。

 「ゾラデックス注射を中止して、何か変わったことはありましたか?」 

 「関節痛は大分緩和されました。おりものが少しあります。」

 乳がんに用いられるホルモン剤にはいくつかの種類があって、閉経前か閉経後かによって使われる薬は異なります。閉経前でしたので、卵巣からのエストロゲン分泌を抑制する「LH-RHアゴニスト製剤のゾラデックスを使ってきましたが、私は年齢的に超ビミョ~で、このまま閉経すれば閉経後に使用されるアロマターゼ阻害薬の「フェマーラ」が成績をあげているそうです。


c0196754_125976.jpg

 
 「ゾラデックス&タスオミン」は卒業して、4週ほど経過をみて、特に変わったこと(生理が復活とか?…(^^ゞ )がなければ、次回の診察から「フェマーラ」を服用することになるそうです。


 「ゾラデックスは、何回くらいするものなんですか?」

と、今更ながらお聞きしてみたら、

「2年間といわれていますが、今は3年、そして心配な人はもう少し長く続けますね。もう42回やったので終りにしましょう!」

「フェマーラは、腫瘍を小さくするという効果もあげている薬なので、これで問題なければずっと続けていける薬です。」

「副作用はあるんですか?」

「ほてったり、関節痛もあるかもしれないですね。」

 リアル更年期と注射で、眼が近くも遠くも見えにくくなったり、関節が辛かったここしばらくですが、「フェマーラ」と仲良く付き合っていけたらいいなぁ~~!と、期待と不安な気持ちです。

 あと4週は薬服用の呪縛から解放され、関節痛や手指のこわばりも一休みです。さて、何を楽しもうかしら~~emoticon-0115-inlove.gif






                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2012-10-11 12:53 | ホルモン療法 | Comments(0)
当面の目標!
c0196754_232235.jpg



ゾラデックス注射を42回で中止しているので、これからは経口投与のお薬を飲み忘れないように、適当な管理になっていた一週間分のお薬を、お薬カレンダーに分け分けしましたemoticon-0171-star.gif


季節の変わり目は、体調の維持も難しい季節ですが、固まり勝ちな体を、ストレッチとセルフリンパドレナージュでときほぐす習慣を身に付けることを、当面の目標にしたいと思います。emoticon-0169-dance.gif










                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2012-09-23 23:01 | ホルモン療法 | Comments(0)