タグ:抗がん剤 ( 35 ) タグの人気記事
血管炎その後…

 抗がん剤の投与で傷んだ右腕、引き攣れた感じは大分解消していますが、赤茶色になった色は若干薄くなった気はするものの、まだまだ綺麗になるには時間がかかりそうです。

c0196754_0364468.jpg


 関節痛やリンパを流すためのストレッチで両手を組んで伸ばすと、術側より健側の右腕の方が突っ張って真っ直ぐに伸ばせません(-_-;)

 左手は、いつもこんな感じの弾性スリーブとグローブをしています。

c0196754_037489.jpg


 スッキリと調子がよいときは付けない日もありますが、少し重いものを持ったり、軽作業をするとテキメンに浮腫み始めるので、弾性スリーブを装着していた方が安全なようです。
 お風呂に入るときに外して、リンパマッサージをして、朝起きたらリンパマッサージをして…そんな毎日が続きます。

 左腕には、刺激となる腕時計、指輪、バックを肩にかけるのもNGだと言われています。時計はしばらく放置してありましたが、ベルトを少しゆるめて右腕にしてみましたが、自動巻きなので、慣れない右手にする時計は、うっかり忘れて、いつもとんでもない時を刻んでいます059.gif
by toco_tax | 2009-10-30 22:35 | リンパ浮腫 | Comments(0)
究極の脱毛から一転…

 「ママは、究極の全身脱毛でいいね~!」などと能天気な娘が言っていましたが、確かに抗がん剤で、全身の毛が綺麗に抜けて、肌がツルツルだったのです。それが近頃は、夏場の庭の雑草のように、全身に毛が生えてきています。

 未だ早い感!は否めませんが、既に人目にも慣れ、自髪で過ごしている頭頂部は、こんな感じです032.gif

c0196754_012869.jpg


 病気になる前には、ほとんどお化粧もしなかったのですが、まつ毛から眉まで脱毛した後は、仕方なくアイメークだけはしています036.gif 
 ところが乳液と化粧水だけでは、眉毛がないので、眉毛パウダーの付きが悪く、どんどん変な形の眉になっていたのですが、日焼けもよくないので、ベースクリームとパウダーだけはたくと、幾分付きが良くなりました。相変わらず、上手く描けてないですけど…(^^ゞ

 最近、眉毛も少しずつ生えてきて、眉がワサワサとしてきたばかりでなく、もみあげや頬、口の周りもお髭?みたいに、うっすらと産毛のように増殖してきたのです。しばらく使うこともなかったのでしまってあったシェーバーを出して顔に当てると、グレーの柔らかい毛がたくさん収穫(^^ゞできました。
by toco_tax | 2009-08-05 23:55 | Comments(2)
抗がん剤が終わって

抗がん剤FEC100 4クール終了日、放射線治療終了後122日目


 3週毎の抗がん剤投与は全て完了です。
 乳がん治療のフルコースメニューのうち、残す治療はホルモン療法です。副作用は個人差がかなりあるようですが、日常生活では、運動と食生活に気をつけることが大切だとのことです。
 いよいよ来週の16日からホルモン療法が始まりますが、乳がんの術後の補助療法として、とても重要だということですので、長期にわたる治療となりますが、主治医を信頼して、乗り切っていきたいと、気持ちも新たにしています。



ゆるゆる生活の友

 エミリは、甘え下手で、じっと抱かれていたり、ゴロゴロまったりすることがありません。甘えにやって来ても、ネコっぽく、自分の気の向くままに、媚びたりしません。シャッターチャンスはなかなかやってきません。

c0196754_0343813.jpg
c0196754_0351579.jpg


 バロンは、信州弁で言うと「ずく無し」です。ネコじゃらし的なおもちゃで遊んでも、ジャンプするのは最初の1~2回で、すぐにゴロンと横になったままじゃれるのです。甘え上手で、ネコだとは思えません。こんなデレデレなバロンと一緒なら、すぐに同じ態勢で眠れてしまいます。

c0196754_036587.jpg

by toco_tax | 2009-06-08 23:29 | ホルモン療法 | Comments(1)
最後の点滴終了

抗がん剤FEC100  4クール12日目、放射線治療終了後114日目


 点滴の針を入れるのが、あまりにも大変な状況になっていたので、いつもは点滴のルートは留置しないで、点滴が終わる都度抜いて頂いていたのですが、昨日はいよいよ針を刺す場所も限界かなぁ、と私も覚悟をして、親指に近い、とても不自由なところでしたが、一晩針を抜かずに留置することにして、今日の点滴に備えました。
 毎日欠かさず続けているリンパマッサージは、右手がまともに使えなかったので、昨夜と今朝は、撫でてあげる程度のマッサージしかできませんでした。

 ところが、朝の点滴を始めようとしたところ、なかなか落ちていかず、看護師さんと思わず顔を見合せてしまいました013.gif 抜いて刺し直すか、角度を微調整しながら、生食を入れて押し出しながら様子を見るか…。すると、やっと順調に落ち始めました。ホッ042.gif


 今日はT先生がおっしゃっていた通り、白血球数は2200まで回復しました。
「もう、安定してくると思いますが、今日もノイトロジンの注射をして、明日また採血して数値をみて、来週には退院できそうですね。」
と主治医のS先生のお話でした。
 ただ、タキソテール4クール+FEC1004クールの抗がん剤で、血管炎による血管痛で右腕は悲鳴をあげているところなのと、粘膜の炎症で、幸い口内炎はできていませんが、数日前から歯茎が痛くなっていて、歯磨きが辛いのが、今、自覚している副作用として現われています。血管痛には、今日もアクリノール液で湿布をして頂きました。歯茎が痛いのは、イソジンガーグルで口腔ケアを欠かさないようにするしかありません。

c0196754_1945490.jpg


 夕方5時前に、最後の点滴が終わりました。途中、看護師さんが、先生の指示に基づいて「終了後抜針」とマジックで書きにきてくれたので、この点滴が入院中、最後の点滴となることは間違いないようです。


 点滴ガ終了して、針を抜いて頂いた後、3日前にシーツ交換の予定でしたが、ようやく今日になって、シーツと布団カバーなど一式、綺麗に交換して頂きました。その間、病棟の廊下を歩行訓練してみたら、情けないことに、足腰が相当弱っていて、よぼよぼのお婆さんのような足どりで、すぐに疲れてしまいました。


 退院したら、まずはゆっくりウォーキングをして、カートがあるとはいえ、早くゴルフができるように、18ホール歩けるだけの体力をつけなくちゃ070.gif!と真剣に思いました。
 2回目の入院前の最後のラウンドでは、「力を入れない066.gif」ことを心掛け、思い掛けない収穫があったので、いつ頃になるかわかりませんが、退院後の初ラウンドでは、どんな収穫があるのか、なんだかワクワクしてきました058.gif
by toco_tax | 2009-05-30 19:07 | 2回目の入院 | Comments(3)
白血球減少 底値?


抗がん剤FEC100  4クール9日目、放射線治療終了後111日目

 朝のO先生の回診の後、主治医のS先生がみえて
「tocotaxさん、気分はどうですか?体調は悪くないですか?」
「はい。大丈夫、元気です。」
「今朝の採血の結果、300まで下がってしまったので、今日は抗生剤など点滴をします。とにかく白血球を上げていかないと、大変な状態になってしまう危険があるので、最後の辛抱のしどころですね。」
「昨日、1900あったのが、300まで下がってしまうんですね。」
「手術の痕が張ってくるのは、リンパ腋が溜まってくるからですか?ここ数日、夕方になってくると突っ張った感じなんですけど。」
と、手術痕を診て頂いたところ、
「リンパ腋ですね。今日は針を刺したりしたくないので抜きませんけれど、落ち着けばまた抜きます。」
「T先生は、このくらいだと、余り抜くより自然に吸収させた方がいいとおっしゃるんですが、どちらがいいのでしょうか?」
「抜けば、ご本人が楽になるのであれば抜きますけど、どうしても溜まってきてしまうので、自然に吸収できるものなら、その方がいいです。」
「では、自分でリンパマッサージをして流してあげていいんでしょうか?」
「はい。腕と一緒にマッサージしてあげてください。」
と、今感じていた疑問を確認することができ、納得できました。
 それにしても、今日の300という数値は、ある程度の減少は予想している該当日ではありましたが、納得できません。


 いつものノイトロジンを注射して、点滴の準備ができるのを待ちましたが、ウトウトしているうちに昼食の時間となり、午後から久しぶりの点滴です。右腕一本で頑張ってきて、もう退院まで点滴はないかと期待していましたが、今回は3日間ほど点滴をするようです。

c0196754_1913494.jpg


点滴が始ってから、血管炎の方も、黄色いアクリノールで湿布をして頂きました。


c0196754_19145778.jpg


 自画像ならぬ、自画撮影037.gif
 ここ数日、脱毛も少し仕上げ段階に入っているようで、枕に短毛が目につきます。
 
 娘に言わせると、「究極の全身脱毛!」ですが、そもそも色素が薄いので、自覚はなかったのですが、言われてみれば全身で脱毛しているので、うぶ毛も抜けてます(^^ゞ

 今さらですが、抗がん剤って、凄い威力だったのですね。私は負けないけど、癌細胞は、きっと悲鳴を上げて、退散してくれたことと信じています。
by toco_tax | 2009-05-27 19:20 | 化学療法② | Comments(4)
人生って不思議

抗がん剤FEC100  4クール5日目、放射線治療終了後107日目

 抗がん剤は正常な細胞にもダメージを与えるために、副作用が現れるのは当然のことで、この副作用との闘いも、あと一息だとは十分に承知していながらも、今日は朝の目覚めから、夕食後まで、一日まさに眠り姫(-_-)zzz 
 自分でも呆れるほど一日中寝て過ごしました。

 タキソテールからFEC100まで、腕一本で合計8クール頑張ってくれた、健側の右腕の血管炎がここ数日痛み、ずっとケアを続けている術側の左側の腕は、既に真っ直ぐに伸ばすのに何不自由なく使えるようになっていますが、今は、右側の腕を伸ばしたり、握られたりするのが辛く、これから毎朝続く採血も看護師さん泣かせです。

c0196754_22354856.jpg



 そして、
「悲しいお知らせです。今日の白血球は1700なのでお注射打たせてね。」
と、結果が出て、看護師さんに、すぐにノイトロジンを打って頂きました。
 
 朝の回診で、
「血管の炎症が辛いですね。湿布を看護師さんにしてもらいましょうね。今日はだるいですか?最後ですからね。頑張りましょうね。」
と、S先生にも励まされ、アクリノール液?の冷たい黄色い、色が染まると落ちない湿布を捲いて頂き、無意識の中で昼食を食べ、さらに無意識のまま夕食の時間を迎え、夕食後も、ぼんやりしていました。

c0196754_22372699.jpg


 そんな状態の今日の私に、思い掛けない懐かしい先生がお見舞いに来て下さいました。

 娘が小さい頃にピアノを教えて頂いていた先生で、ピアノをやめた後も、コーラスグループで一緒に唄ったり、確定申告が終わった春休み、私が初めて父に、当時小2になった娘を預けて、母と二人でイタリア旅行へ二週間ほど出かけた間に、途中から先生のお宅に住みついてしまい、春休みの学童保育へ先生のお宅から通ったり…など、昔からお世話になってばかりの先生で、いつもお忙しく周囲の方々のために飛び歩いているような先生です。
 今日一日、誰ともお喋りもせず、ひたすら病人をしていた一日が嘘みたいに、不思議と元気が出てきました。ベッキーの言葉の通り、今日もそんな幸せな時間を過ごせました。

c0196754_22394735.jpg


お見舞いに頂いた、ピンクのパラやトルコ桔梗、大好きなビバーナムなどの優しいお花のアレンジメントです。

人生って不思議ですね。
本当に不思議。

苦しいとき、つらいとき、悲しいとき…
必ずと言っていい程、
誰かが背中を押してくれる。
手を差しのべてくれる。
不思議。そしてありがたいです。

by toco_tax | 2009-05-23 22:43 | 化学療法② | Comments(2)
元気の出るロン毛のカーリーバンダナ

抗がん剤FEC100  4クール2日目、放射線治療終了後104日目

 最後の抗がん剤は、大サービスで倍量のお薬が入っていたのかしら?と思うような効き具合で(^^ゞ、今日のお昼頃までぐったりしていましたが、朝の回診で主治医のS先生が、給料計算等の仕事のための外出希望を昨夜、伝えておいたので、
「どうぞ。外出してきてもいいですよ。」
とおっしゃって下さいましたが、
「締日が20日なので、明日、外出させて頂きます。今日はまだ少し辛いので。」
「あぁそうですね。今日はゆっくり休んでください。」
ということで、明日は事務所にだけ数時間、仕事に外出する予定です。

 
 そんな元気のない状態でしたが、今日の昼から、こちらの医療生協の理事会があったため、父を送ってきた事務所のスタッフが、午前中に事務所に届いた、ハンドメイドハットの帽子を届けてくれました。
 このブログにコメントを下さった方のブログを拝見していて、「わぁ!素敵っ!」と、ハワイ大好きな私のお気に入りなアロハ柄のバンダナとロン毛のカーリーのつけ毛と、サンバイザーの上から被れるタオル素材のフルフル帽子などを注文してあったのです。わずか数日で製作してくださり、素敵なメッセージと共に、少し弱っていた私の手元に届きました。

copyright 2008 Handmadehat (yamazaki hitomi)
ハンドメイドハットの帽子は抗がん治療の副作用、頭のけがや病気などによりある期間だけいつもの自分のイメージと違う時期をすごさなければならない方を応援するために作りだした医療場面でかぶっていただくため帽子です。
もちろん治療終了後もおしゃれな帽子としてかぶってほしい帽子達です。私も5年前に手術入院を経験し、そこで見た世界があまりにも...心のケアーとこれがあれば大丈夫!と思えるものがあまりに少なく、医療の現場である病院内は患者の立場から見ると...さびしい世界でした。気がついた人が行動を起こさなければ!世界を変える役割だと気づいた瞬間でした。
私はおしゃれ心を大切に自分らしい生き方や行動をあきらめないでほしいという気持ちを伝えたくて...療養中にかぶる帽子とつけ髪を制作しています。すべての方の要望を形にすることはできないかもしれませんが...できることは形にしていきたいと思います。
「トップページから」


 昼食後、早速、ダフィーちゃんが被っているウイッグの下地帽子に、ロン毛のカーリーのつけ毛を張り付けて試着!自分で鏡を見ながらパチリ!と早速いつも応援して下さっているメル友さんに写メール055.gifを送りつけて近況報告!

c0196754_187576.jpg


 今度は、もう少し明るい茶髪にしようかしら、とか、バンダナの柄もプロバンス風のおしゃれなのもいいなぁ~と、不思議と元気が出てきます。
 ナースステーションにでもお出かけして自慢したい気分でしたが、明日の外出の時に、看護師さんたちをちょっと驚かせようかと思って、まだ内緒です。
 
 冬の間はニット帽にマスクで外出しても、全く違和感なく過ごせていましたが、今年の夏は暑さとの勝負!かと思っていましたが、さすがに毎日、事務所で坊主頭のまま仕事、というわけにはいかないので、色々と帽子やバンダナで楽しみたいと思ってます。
by toco_tax | 2009-05-20 18:01 | 化学療法② | Comments(6)
副作用-眠り姫と脱毛

抗がん剤FEC100  4クール1日目、放射線治療終了後103日目

 最後の抗がん剤投与が終わり、今朝は珍しくあまり気分が良くありません。珍しく食欲もなく、なんとなくだるくて、朝の先生の回診にも起きられず、横になったままで失礼してしまいました。血圧も低めの90-68。食事時間が近付くと恐怖です。3クール目の投与翌日はどうだったのだろうと、確認してみたら、やはり同じ状態でした。しかも今夜の夕食は煮魚と冷や奴。ぐはっ。看護師さんの巡回が今日は遅くなって、食事のときにみえて、結局ご飯は一口も食べられず、
「何か補充する食べ物は今日はあるの?」
と聞かれて、ハーゲンダッツのアイスがあることを思い出し、食後早速、食べちゃいました。

 朝から、私の担当の決算を処理してくれているCさんから何度も電話が入りましたが、頭が働かず、まともな回答ができないまま、お昼が過ぎ、ようやく午後になってから、朝の質問に答えるという始末です。

 一番顕著な副作用の脱毛ですが、まだツルツルとはなりませんが、ここ数日は枕にかけたバスタオルには一日数本ずつ、抜けた髪が目につきます。そして眉毛!残っているのは眉頭だけなのですが、左側の眉頭に長めの毛が数本残って、5ミリほど間をあけて2センチ位残っているのです。眉を描くときに、上手く描けるときはいいのですが、片方だけ上手くいった!と喜んでいても、反対側が曲がったり、真っ直ぐすぎたり、なかなか上手く描けません(^^ゞ


 先ほど、尾瀬の山開きのニュースを見ました。今年は尾瀬に行けるほど、体力が回復するのかわかりませんが、一去年から富士登山が一つの目標になっていたので、徐々に足慣らしをして、ここ数年の間にはチャレンジしたいですね!

c0196754_20261847.jpg



 夜の看護師さんの巡回で、検温、血圧測定、問診などと、寝る前のお薬を頂きました。入院中は、夜の薬は眠剤が入っているためか、すべて管理されています。上のデカドロンは吐き気止めで、抗がん剤投与後3日間だけ服用です。一回に8錠(0.5mg)って、初めはビックリでした。あとは、ビタミン剤とリピトール(高脂血症)とアレロック(アレルギー)のお薬です。入院中、一体、どれだけのお薬が身体の中に取り込まれるのか、恐ろしい気がしますが、これも治療と副作用を抑制するため、あとは慢性疾患のためですから、仕方ないですね。

c0196754_20422649.jpg

by toco_tax | 2009-05-19 20:27 | 化学療法② | Comments(0)
最後の抗がん剤投与-無事終了

抗がん剤FEC100  4クール投与日、放射線治療終了後102日目

 昨夜は、病院に戻ってから、色々と用事を済ませたら就寝時間が0時を過ぎてしまったので、今朝の起床時間はあっという間にやってきました。抗がん剤投与の前の晩は、緊張感からか、眠れないことが多かったのですが、さすがに昨夜は爆睡しました。

 今朝の白血球は2400。やはり3日前の19300の白血球の貯金はしっかり減少していました。お昼頃、ノイトロジンの注射をして頂き、最後の抗がん剤は午後2時頃に無事終了しました。点滴の針も直ぐに抜いて頂き、これで順調に経過してくれれば、右腕一本で頑張ってくれたこの腕も、この後は採血だけで、長時間の点滴針を刺されることもなく、しばらく休養できるかと思うと、右腕に「よく頑張ったね!ありがとう。」と褒めてあげたい気持ちです。今日は、内側の血管は炎症を起こしているので、外側の血管を使っての投与でした。

c0196754_20193937.jpg


 朝食と昼食は、ほぼ食べられ、お昼にはアイスクリームもペロリ037.gif

c0196754_20244075.jpg


 やはり、点滴終了後は喉もとまで、なんだか詰まっている感じで、吐き気もムカムカもないのに、抗がん剤投与日の中では、今までで一番「投与した~!」という感覚が残りました。
 夕食は珍しく、半分ほどしか食べられず、今日はお菓子も食べていません(^^ゞ



 少し悩ましいのは、お隣の部屋の患者さんの状態がよくない様子で、一日中断続的にうめき声が聞こえてきてしまうので、枕元でウォークマンのスピーカーから音楽を流して、気を紛らわしています。この調子だと夜はヘッドホンをつけて寝たほうが良さそうです。今のお部屋は角部屋で明るいし、引っ越しは大変なので、もう少しなので、ここのお部屋で頑張ってみようと思っています。
by toco_tax | 2009-05-18 20:25 | 化学療法② | Comments(0)
眉の脱毛

抗がん剤FEC100 3クール4日目、放射線治療終了後85日目


 今日は採血もなく、まったりな一日が過ぎて行きました。
 
 
 FEC100の副作用の説明で、脱毛については、
「投与を開始して2週間後くらいから起こります。頭髪、眉毛、まつげなど全身の体毛に起こりますが、治療終了後半年くらいで短い毛が生え始めます。個人差がありますが、治療終了後8ヶ月~1年くらいでかつらが不要になるといわれています。」
といった記載があります。

 私の脱毛は、タキソテールの投与を開始して、3週間後くらいから本格的になってきましたが、眉の脱毛は少し始まるのが遅かったのか、2回目の入院の頃から、眉を描かないと怖すぎっ005.gif という雰囲気になってきて、最近は、朝の洗顔の後、鏡をみながら頑張って描いています。036.gif
 お化粧をする習慣が乏しかったので、うっかり忘れてしまうのです。そんな時にふと鏡を見て、自分で驚きます。そもそも左右対称になっていない自分の眉を、なるべく対象に描こうとするのは難しいですね。

c0196754_21452230.jpg



 夕食前に、無性に食べたくなったケンタッキーフライドチキンを娘に差し入れてもらい、数か月ぶりにケンタのチキンを食べました060.gif


c0196754_16403843.jpg










 
by toco_tax | 2009-05-01 21:56 | 2回目の入院 | Comments(1)