タグ:白血球 ( 78 ) タグの人気記事
放射線科とゾラテックス注射25回目

 今日は、午前中が墨東病院、午後はK病院というダブルヘッダーとなってしまいました。

c0196754_0263924.jpg


 634mに到達した、今日の東京スカイツリーです。

c0196754_028148.jpg


 今まで使っていたコンデジが、どうもピントが甘く、もうイヤっ!と、コンデジを新調したので、まだ使い慣れていないのですが、踏切待ち、信号待ちで、パシャっとemoticon-0160-movie.gif撮ってみました。


 原発事故から、私にとって「放射能の恐怖」が続いていましたが、震災後、放射線科の受診は初めてなので、被曝は大丈夫なのか、専門のO先生に、ぜひお聞きしてみたいと思っていました。

 「変わったことはないですか?」

 「原発事故の放射線が怖くて怖く被曝は足し算だということなので、治療やCT、PET-CTなど、とても不安です。」

と話すと、O先生は笑っておっしゃいました。

 「海外旅行に行かれることがあると思いますが、自然界には放射線があって、ニューヨークへ往復すると、東京の今の放射線を10年分浴びているくらいのレベルです。4つの原子炉が全部爆発するようなことがあれば別ですが、今の状態では心配するような影響はないといっていいでしょうね。」

「政府や東電が発表している数値というのは信頼できるものなのでしょぅか?」

「ここで核医学検査をしていて、屋上の煙突から排気をしているので、常に放射線量は測定していて、日々報告されている数値に、それほどの誤差はないので、信頼していい数値だと思いますよ。」

 といったような説明をしてくださいました。また、40歳以上の人は問題にしなくてよい、との話もありました。

 「原発事故以来、そういった放射線についての講演を、4~5回ほど依頼されて話したけれども、例えばラドン温泉や、蛍光塗料、こういうものが危険だから、と避けますか?」

 と、事例をあげて説明して頂き、これまで漠然と抱いていた不安は、かなり払拭されたような気がします。

 
 いつものように、甲状腺、乳房の触診、聴診器で胸の音などを確認して頂き、リンパ浮腫の腕も、

「まあまあ、このくらいでおさまっていればいいですね。」

「弾性スリーブやグローブは、し続けていたほうがいいのでしょうか?」

「圧迫する力が強いので、指先にどうしても浮腫みがでてしまうので、この程度でおさまっていれば、様子をみながら、むしろこすって流してあげるように気をつけながら様子をみてもいいように思いますね。」

「一日弾性スリーブをしているのは、結構なストレスになるんです。」

「そうでしょうね。」

 たまに弾性スリーブを付け忘れて過ごすと、とても不安になったり、下げている姿勢や、仕事が立て込んでくると、どうしても同じ姿勢が続いてしまうので、下側の柔らかい部分にたまってしまうのですが、リンパ浮腫との付き合いも二年が過ぎ、良いことと、良くないことは、自分の中では分かってきたように思います。


 墨東病院を後にして、車を走らせながら、どうしても、美味しいうどんが食べたくなりました。

 そこで、娘を誘って、久々に水元公園近くにある「すずきや」へ行くことに!

c0196754_1193948.jpg


けんちん鍋うどん~♪

c0196754_1195696.jpg


鴨汁せいろ~♪

 あ~、ほっとする幸せな味でした。娘を送り届けて(なんて優しいママなんでしょemoticon-0115-inlove.gif)、午後からの診察、K病院へと向かいます。

 先日から気になっていた、白血球が減少しているときの、頭がスーッと風が抜けるような感じ…が心配で、いつもは、
「特に変わりないです。」
で、済ませていましたが、今年はまだ一度も採血していなかったということもあって、久しぶりに採血して頂き、すぐに結果がでるものは、教えて頂くことになりました。

「白血球は5000でした。気のせいですね。」

と、S先生、笑ってました。

白血球、赤血球、血小板…8項目すべて参考値内におさまっていました。


 前回、薬剤師にハネられたアレルギー薬!今日も、薬局の窓口で、聞かれましたが、
「アレルギーの薬は二種類です!emoticon-0121-angry.gif
と、言い放ち、その勢いにビビったのか、今回は、アレロック、アレグラとも出してもらいましたYOemoticon-0169-dance.gif 


 そんなかんだで、無事にゾラテックス注射25回目を終え、本当はそのまま家に帰りたいくらい疲れてしまいましたが、決算の打ち合わせの約束もあるし、明日までに仕上げなければいけない仕事もあるし…で、事務所へと車をころがし、長い一日を過ごしました。







                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v




 
by toco_tax | 2011-04-18 23:22 | 診察 | Comments(0)
ゾラテックス投与 5回目/24回
 昨夜は美味しいビールとワインを久しぶりに何杯も飲んだので、ふと中川元大臣のことが頭をよぎり、いつも寝る前に飲んでいる睡眠導入剤ハルシオンと睡眠薬ユーロジンを飲まなかったのと、台風の雨と風の音が気になって、熟睡できないまま朝を迎えました。

 うっかりしていましたが、今日は4週に一度の診察の日。毎回、採血があるのに、診察前夜に飲み会はNGですねっ(^^ゞ

 台風の影響で、待合室はいつもの半分くらいの患者さんで、採血の結果が出た後、直ぐに診察に呼ばれました。

 今日の白血球数は3400!今までは2000台だった白血球数が、ようやく正常値に近い数値まで回復してきました。血小板も194,000と、全く問題のない数値で心配ないです、とのことでした。
「調子はどうですか?」
「特に問題なく元気です。」

 5回目となるゾラテックスを、お臍の脇をつまんで、皮下注射。カプセルを埋め込む注射なので、少し太い針でパチンという感じです。少し痛いです。
「ホルモン療法の副作用で、関節痛があるとのことで、ストレッチやマッサージは頑張って続けています。」
「強いお薬なので、色々な副作用が出てくると思います。女性は様々な変化を経験していけるけど、男性はそんな変化には耐えられないですからね。女性は強いんですよ。」
との先生のお話に、なるほどなぁ~、と妙に納得。

 確かに、女性は初潮から妊娠、出産、閉経…と、男性には絶対に出来ない劇的なことを経験していくのですから、肝が据わっているのかもしれません。
「インフルエンザの予防接種はどうなんでしょうか?」
と、お聞きしてみたところ、季節型は接種が始まっているので、やっておいた方がいいでしょうとのこと。新型については、まだはっきりとしたことが決まっていなくて、医療従事者については、来週かその次の週頃から始まるらしいけれど、薬がどれくらい入ってくるのかも分らない状況なので、できれば接種した方がいいけれど、今は何とも言えない、とのことでした。
 
 今日は、季節型の予防接種をするために、検温をしたところ、全く普段と変わったこともないのに、なんと37.0℃。平熱が低い私自身がビックリですemoticon-0104-surprised.gif 看護師さんが、
「今日は体調が悪いとか、喉が痛いとか、いつもと違ったことはないですか?最近、体温を測ったりしていないですよね?」
「はい。全く、どこも調子悪いということもないんですけど。最近、特に熱を測ったことはないです。」
「お薬の影響で、体温が高くなっているのかもしれないようなので、特に体調が悪くなければ、注射しても大丈夫でしょう、と先生がおっしゃっているので、やりましょう。」
ということで、無事季節型のインフルエンザ予防接種をして頂きました。







                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2009-10-08 23:00 | ホルモン療法 | Comments(0)
診察の日

 ゾラテックス投与 2回目/24回

 今日は2回目の皮下注射、ゾラテックスの投与の日でした。採血の後、看護師さんから
「マスクしていてね。」
とマスクを渡され、
「白血球、少なかったんですか?」
「そうなのよ。人混みとかには気をつけてね。」
 そう言われてみれば、先週の風邪をひいた頃も、なんとなく頭頂部がスーッとするような気がしていましたが、それが白血球が減少していたときの唯一の自覚症状だったのです。
 今日の白血球数は2100。でも、血小板や貧血などをみる数値は問題ないそうで、今日はノイトロジンの注射はしませんでした。
 
 すぐに診察に呼ばれ、
「調子はどうですか?」
と、手術痕や腕を診て頂きながら、
「ホットフラッシュや不眠、それと尿の排出がスッキリしないです。でも、先週の日曜にゴルフに行ってきました。」
「またリンパ液が溜まってきていますね。辛いですね。少し抜きましょうね。どの辺が辛いですか?」
「腋の下の辺りと、おっぱいの左側をマッサージすると全体的に張った感じです。」 

 エコーで確認しながら、腋のリンパ節を郭清した部分と手術痕近くの2箇所から、リンパ液 11㏄を抜いて頂きました。エコーを見ていると、抜いて頂くとスーッと黒い部分が消えていくのが解ります。

 その後、お臍の脇にゾラテックスをブチっと注射です。
 エコー穿刺もゾラテックスの太い注射も、針生検を思い出せば、全然我慢出来てしまいます。
「今度の日曜にゴルフのコンペがあるのですが、行っても大丈夫でしょうか?」
と、一応お聞きしてみました。
「大丈夫ですけど暑いから、熱中症にならないように水分補給をしっかりしてくださいね。」
と、笑っていらっしゃいました。

 利尿剤と睡眠導入剤ロヒプノールを追加で処方して頂き、次回の診察は8月13日となりました。ドクターはお盆休みも関係なくお仕事なのですね。


 今日の会計は16,850円、お薬代は5,820円でした。昨日、アフラックから2回目の入院給付金、通院給付金などの支払い通知書が届いていたので、今日は精神的に余りビビることなく支払うことができました(^^ゞ
by toco_tax | 2009-07-16 23:46 | ホルモン療法 | Comments(2)
ホルモン療法スタート

ゾラテックス投与 1回目/24回 、 タスオミン 服用開始



 いよいよ今日からホルモン療法が始まりました。専門用語がたくさん登場しますが、自分自身が納得して治療に臨めるように、いつもは斜めに読んでいる「よくわかる乳がん治療」のホルモン療法のページを真剣に読んでみました。


 病院の外来は、今日も混雑。
 採血の後、診察となり、今日の白血球数は、2100と少なめでしたが、血小板その他の数値は上昇してきているので、予定通りゾラテックスという固形のカプセルのような薬剤を、お臍の少し下の、皮下脂肪がたっぷりつまめる辺りに、太めの注射針で投与しました。

c0196754_0424897.jpg


「麻酔とか、痛み止めの注射はしないのですか?」
と、昨日の予習通りにお聞きしてみましたが、主治医のS先生は笑って、

「少し太い針だけど、お腹をつまんで皮下注射するので、麻酔はしません。見てみる?」

と、薬と針の先を見せてくれました。「まっ、我慢するかぁ~」ということで、ブスリっ!
 針生検のことを思えば、チクリとする程度の痛さで一安心ですemoticon-0105-wink.gif

 
 ホルモン療法は、脳に指令を与えて卵巣でエストロゲンを作らないようにするLH-RHアゴニスト製剤(ゾラテックス)と、女性ホルモンのエストロゲンが乳がん細胞のエストロゲン受容体と結合して細胞分裂・増殖を阻止するための抗エストロゲン剤(一般名:タモキシフェン、商品名:タスオミン)の2種類があるそうです。

 タスオミンは、朝と夕の2回、5年間経口投与するそうですが、不正出血などの症状が出てしまった場合には、この抗エストロゲン剤の使用は中止して、LH-RHアゴニスト製剤だけを使うことになるそうです。

 やはりホルモン療法にも副作用があって、更年期障害のような症状がでるといわれています。

「ホットフラッシュ、精神・神経症状など、うつになることもあって、少々やっかいな治療ではありますが、相当強烈な化学療法を頑張って乗り切ったあなたが、うつになることはないでしょう。」

と、笑っておっしゃってくださったので、長い道のりですが、皆さまに励まされ、助けられながら、無理をしないで、副作用とも仲良く付き合っていきたいと、覚悟も新たにしています。

 どうぞ、皆さまこれからも温かく見守っていただいて、私にパワーを与えてくださいませ。
by toco_tax | 2009-06-16 23:35 | ホルモン療法 | Comments(2)
白血球数 7400に回復

抗がん剤FEC100  4クール19日目、放射線治療終了後120日目


 今日は、木曜に減少していた白血球数が上昇しているか確認するため、採血の後診察がありました。
 朝、10時過ぎに出掛け、採血に呼ばれましたが、ずっと入院していたので、今日の外来の看護師さんとはあまり面識がなく、一度目の採血は失敗に終わりました(-_-;)
 ベテランらしき看護師さんに代わり、採血する針もフトンボあに替えて手の甲から、やっと…な感じで採血でき、結果が出たら、すぐに診察に呼んで頂きました。

「今日は7400に回復しましたね。もう大丈夫でしょう。いよいよ一週間空けて、ホルモン療法を開始しましょう。火曜、木曜、土曜では、いつがいいですか?」

「土曜じゃない日が嬉しいです。火曜でも、木曜でも大丈夫です。」

ということで、6月16日が第1回目ということになりました。
 ゾラテックス3.6mgを皮下注射、タモキシフェンを1錠経口投与、という説明は以前からお聞きしています。当日は念のため、採血をしてから診察、というペーパーを頂き、今日はお昼前には会計も済み、真っ直ぐ帰宅。
 
 午後はソファーで寝ているバロンちゃんと、まったりと寛ぎました。
 何の予定もない土曜の午後emoticon-0152-heart.gif まだ入院中の荷物は鞄に詰め込んだまま放置されていますが、「少しずつやれる時にやればいいや!」と開き直っているので、休養第一!バロンちゃんの体温は38℃くらいなので、今日くらいの陽気には、睡眠誘導体のように眠りに誘われます。夏の毛に生え変わる季節なので、すぐに私もその周辺も毛だらけですが、ホコリは気になっても、猫の毛は、何だか平気なんです(^^ゞ

c0196754_23264846.jpg

 夕方buuさんがピンポンと、こんな素敵なお花を届けてくださって退院後、まだご挨拶にも伺っていなかったのに、恐縮の二乗…。久しぶりにお会いできて、嬉しかったです。バロンもエミリも、大喜びで群がります。
c0196754_2327348.jpg



 その後もまた、娘が帰宅するまで、テレビをつけたままソファーで爆睡。こんなに眠っても、不思議と夜は夜で眠れてしまうのが、病院にいるときと大違いです。やっぱり我が家はいいものですemoticon-0115-inlove.gif
by toco_tax | 2009-06-06 23:29 | 日々のこと | Comments(2)
賞与の日

抗がん剤FEC100  4クール18日目、放射線治療終了後119日目


 昨日の白血球数の減少と、退院後の仕事や雑用の過激さ?からか、少し疲れが出てきたのと、周囲からの「今は、ゆっくり身体を休めないと、後になって堪えてくるから、無理をしないで!」という温かいお言葉に甘えて、「朝は重役出勤、明日出来る仕事は今日しない」ようにゆるゆる生活スタートです。

 いつも応援メールを下さる先輩からも、こんなメッセージを頂きました。

腫瘍マーカーの数値、ほんとうに嬉しいニュースでした。
不屈の闘魂の賜物ですね。おめでとうございます!
”明日出来ることは明日に”。いいですねぇ。
でも、”今日出来ることも半分明日に”くらいでいかがでしょうか。
ゆるゆる、ゆったりと日常生活に戻って体力をつけて、次なるホルモン療法にお備えください。
くれぐれも飛ばし過ぎないように。(いずれドライバーでどうぞ)
ほんとうによかったです。(涙)



 毎週金曜はメイドサービスの日です。入院中からすっかりお世話になって、どれほど精神的にストレスを溜めずに過ごせたことか、そして娘との衝突も回避することができて、感謝感謝でした。入院が長くなってお支払いも気になっていて、今日はK子さんに久しぶりにお会いすることができて、とっても嬉しかったです。
 二人の猫たちも、すっかり懐いて甘えにきていました。今は、夏毛に生え変わる抜け毛の季節で、ブラッシングをしても、驚くほど大量の毛が抜けます。私の抜け毛はどうやら止まって、このところ少しずつ毛が生えてきているのに…

c0196754_2333011.jpg


 そして、K子さんから素敵な退院祝いのプレゼントの猫ちゃんのプレートを頂いてしまいました♪ 可愛い猫ちゃんの紙袋も超キュート! 大切に使わせて頂きます。



 今日は、夏季賞与の日。うちの事務所は、現金での支払いなので、今日の仕事は賞与の計算と現金の袋詰め! 

 午前中、いつもブログを読んでくださって、心配しては、事務所に電話を下さったり、コメントを下さっていた関与先の仲良し姉妹のお嬢様二人で揃って、退院祝いに来てくださいました。それぞれ旦那様は独立して、事業をされているお客様でもあり、社長はじめ、皆さまでいつも応援してくださっていました。

c0196754_2341383.jpg


 Hさまからは、大好きなユリの香りのする、素敵な元気の出るビタミンカラーのアレンジメントemoticon-0155-flower.gif
病気になってから、病院にいるときも、自宅にいるときも、お花が絶えることがありません。

c0196754_2351762.jpg

c0196754_235328.jpg


 Yukoさんからは、そのままメッセージカードとして売れてしまいそうな可愛らしいカードと、猫ちゃんだらけの大中小のポーチです。
 これから、ゴルフや、しばらく行っていない小旅行に大活躍しそうなポーチ!娘に「ちょ~可愛いいんだけど、ちょーだい!」と懇願されましたが、お断りしておきました。…必要な時だけ、貸してあげるのでちゃんと返してねっ!

c0196754_237319.jpg


 夕方の帰宅後は、しばしお昼寝をしたり、夕食後は、久しぶりに大きな画面でテレビを見たり…まったり寛いでいたら、いつもは電波の届かない携帯に、「ご在宅ですか?」とメールを受信。「家でまったりしているのでお待ちしてますよぉ。」と返信したら、

c0196754_2374816.jpg


なんと、
「退院おめでとうございます。」
と、何度か頂いたねんりん家の、憧れの5山ではありませんか!
 うわぁ~~~♪ 幸せの味♪ 夜なのに、我慢できずに、少しだけ切り分けて、早速コーフンしながらパクリと頂いてしまいました。

 明日はまた、採血をして白血球を確認する日ですが、今日の退院祝いの数々の品で、間違いなく上昇していると確信しています。
by toco_tax | 2009-06-05 23:30 | 日々のこと | Comments(2)
退院後の初診察日

抗がん剤FEC100  4クール17日目、放射線治療終了後118日目


 今日は退院後の、外来診察日でした。採血をして、結果が出て直ぐに診察に呼んで頂けました。
「退院後、体調はどうですか?」

「お陰さまで、元気です。ただ、仕事が忙しくて、寝る時間が2時~3時が続いてしまって…」

「そうですか。今日は、白血球数が1800に減少してしまっているんですよ。でも、300に下がったときの血小板は7.6で、退院の日は白血球4900で13.5だったのが、今日は22.7あるので、注射をすればすぐに上がってくれるとはおもうのですが、今日は注射をして、明後日、また採血に来てください。」

「それから、腫瘍マーカーの数値の結果が、CA15-3というマーカーが17.2でしたので、正常値は28.7以下ですから、全てがこれで判るわけではないですが、がんは綺麗になくなっているので、心配ないです。抗がん剤治療、よく頑張りましたね。1回だけ80%に減らしましたけど、最後は100%でやっていますから、ほとんどフルドーズで入れたと考えていいでしょう。骨シンチ、PETは今の段階では必要ないと思います。術後一年後で十分でしょう。その他胸部のX線で診ることができますから。」

「次の予防的な治療として、ホルモン療法に入る時期ですが、今は、とにかく白血球を正常値に戻して安定させないといけないので、まずそれからですが、2年間はカプセルのゾラテックスというカプセルのような薬を一か月に一度、皮下注射するのですが、今は抗がん剤で生理は止まっていますが、これを始めると不正出血が起こってくるので、状況を確認しながら、薬を変えていく必要があるので、それはまた治療を始めて経過を観察しながらになりますね。それと、経口投与でタモキシフェンという薬も並行して服用していきます。卵巣からだけでなく、皮下脂肪からもエストロゲンという癌を成長させる女性ホルモンが分泌されるので、皮下脂肪を溜めないことも、再発の予防となるのです。」


「ホルモン療法にも個人差がありますが、副作用が出てくるので、これも経過をみながら対策をとっていくことになりますね。」

 と、主治医のS先生から、詳しい経過報告をお聞きして、今日は白血球数が下がっていることは残念でしたが、退院後、少し忙しく仕事をやり過ぎてしまったという自覚があるので、無理をするなという警告と受け止め、暫くの間は、ゆるゆる生活を目指すことを目標に、考えたいと思いました。

 でも、腫瘍マーカーの数値は、とても嬉しいニュースでした。


 事務所に戻って、「明日できることは明日にしよう!」と、午後は自宅に戻って、朝出来なかったリンパマッサージをしてからお昼寝をしました。

c0196754_08561.jpg


 「ママと一緒に寝られる~♪」と気配を感じ、バロンちゃんは、ベットで待機です。もう公開してしまった、小錦座り!これからはこの路線でいくのかしら…emoticon-0111-blush.gif
by toco_tax | 2009-06-04 23:57 | 日々のこと | Comments(0)
白血球数7400…足湯をしました

抗がん剤FEC100  4クール13日目、放射線治療終了後115日目


 今朝は、採血も無事に1回で成功emoticon-0137-clapping.gif 日曜なので計量があります。
 先週と比べて400gほど減ってはいるものの、着ているTシャツなどの誤差もあるので、ほぼ体重維持。
 喜ぶべきなのか悲しむべきものなのか微妙なところですemoticon-0108-speechless.gif
 乳がんの再発予防やリンパ浮腫の予防には、皮下脂肪を溜めないことが大切なことのようですので、運動不足の入院中、体重が増加しなかったことは良しと考えることにします(^^ゞ
 
 いよいよ、退院の目途がついてきたので、入院中にやっておきたいことが色々あって、今日は一日、ほとんどテレビも見ないでパソコンに向かっていました。日曜は、先生の回診もないし、点滴も終了したので、看護師さんの出入りもほとんどなく、かなり能率よく仕事が進みました。

 
 今日の白血球数は7400でした。普通の人と同じです。
 そこで、気になってきた足の臭いを解消するためにバケツをお借りして、お部屋で足湯!ラベンダーのエッセンシャルオイルを数滴入れて、しばしの間漬け込むと、本当にまったりと癒されます。ホカホカと、気持ちまでリラックスできるので、退院してもリンパマッサージをしながらフットバス、いいかもしれませんemoticon-0115-inlove.gif
 
 今日は、お日様も出てきたりemoticon-0157-sun.gif、入院中、日曜日らしい気持ちで迎えた初めての日曜日だったような気がします。
by toco_tax | 2009-05-31 20:02 | 2回目の入院 | Comments(0)
最後の点滴終了

抗がん剤FEC100  4クール12日目、放射線治療終了後114日目


 点滴の針を入れるのが、あまりにも大変な状況になっていたので、いつもは点滴のルートは留置しないで、点滴が終わる都度抜いて頂いていたのですが、昨日はいよいよ針を刺す場所も限界かなぁ、と私も覚悟をして、親指に近い、とても不自由なところでしたが、一晩針を抜かずに留置することにして、今日の点滴に備えました。
 毎日欠かさず続けているリンパマッサージは、右手がまともに使えなかったので、昨夜と今朝は、撫でてあげる程度のマッサージしかできませんでした。

 ところが、朝の点滴を始めようとしたところ、なかなか落ちていかず、看護師さんと思わず顔を見合せてしまいましたemoticon-0112-wondering.gif 抜いて刺し直すか、角度を微調整しながら、生食を入れて押し出しながら様子を見るか…。すると、やっと順調に落ち始めました。ホッemoticon-0141-whew.gif


 今日はT先生がおっしゃっていた通り、白血球数は2200まで回復しました。
「もう、安定してくると思いますが、今日もノイトロジンの注射をして、明日また採血して数値をみて、来週には退院できそうですね。」
と主治医のS先生のお話でした。
 ただ、タキソテール4クール+FEC1004クールの抗がん剤で、血管炎による血管痛で右腕は悲鳴をあげているところなのと、粘膜の炎症で、幸い口内炎はできていませんが、数日前から歯茎が痛くなっていて、歯磨きが辛いのが、今、自覚している副作用として現われています。血管痛には、今日もアクリノール液で湿布をして頂きました。歯茎が痛いのは、イソジンガーグルで口腔ケアを欠かさないようにするしかありません。

c0196754_1945490.jpg


 夕方5時前に、最後の点滴が終わりました。途中、看護師さんが、先生の指示に基づいて「終了後抜針」とマジックで書きにきてくれたので、この点滴が入院中、最後の点滴となることは間違いないようです。


 点滴ガ終了して、針を抜いて頂いた後、3日前にシーツ交換の予定でしたが、ようやく今日になって、シーツと布団カバーなど一式、綺麗に交換して頂きました。その間、病棟の廊下を歩行訓練してみたら、情けないことに、足腰が相当弱っていて、よぼよぼのお婆さんのような足どりで、すぐに疲れてしまいました。


 退院したら、まずはゆっくりウォーキングをして、カートがあるとはいえ、早くゴルフができるように、18ホール歩けるだけの体力をつけなくちゃemoticon-0169-dance.gif!と真剣に思いました。
 2回目の入院前の最後のラウンドでは、「力を入れないemoticon-0165-muscle.gif」ことを心掛け、思い掛けない収穫があったので、いつ頃になるかわかりませんが、退院後の初ラウンドでは、どんな収穫があるのか、なんだかワクワクしてきましたemoticon-0157-sun.gif
by toco_tax | 2009-05-30 19:07 | 2回目の入院 | Comments(3)
勘違い

抗がん剤FEC100  4クール11日目、放射線治療終了後113日目


 毎朝の採血が、いよいよ大変になってきました。
 血管が硬くなっているのと、血管が細いのとで、看護師さんも緊張しながらの採血です。

 今日のお部屋の担当看護師さんは、いつもは内科病棟の看護師さんで、今日は外科に応援で来ているとの自己紹介をされて、
「白血球をあげる注射からしましょう。」
「今日はいくつだったんでしょう?」
「300でしたが、もう一度確認してあとでお知らせしますね。」
と、ナースステーションに戻って確認して頂いたところ、
「3100でした。」
「わぁ!上がったんですね?」
「ごめんなさいね。もう一回よく見てきます。」
そして戻ってきたら、
「3とlowのlが重なって、やっぱり300でした。」
ということでした。毎朝の部屋のお掃除も中止です。

c0196754_20181434.jpg


 いつもの抗生剤と乳酸リンゲル液の点滴も続きます。血管炎のアクリノール液の湿布も続きます。外科用のワゴン車には、色々な診療材料が満載!

 私が記録しているいつもの経緯ですと、3日目には上昇傾向に転じるはずなのに、3日連続で300と聞いて夕食時間まで過ごしました。
 気持ちも昨日よりさらに暗くなって、日中は、昨夜父が届けてくれた、アマゾンで注文した「乳がんと牛乳」を読み始めたものの、点滴をしているということもあって、ウトウトしたり、午後は、内容は覚えていませんが変な夢を見ているときに、
「夕方の点滴です。」
と、看護師さんの声で目が覚めたりと、スッキリしない一日を過ごしました。

 そして、夕食中、T先生が笑顔で来て下さって、
「上がりましたね。もう明日からは上昇していくから大丈夫でしょう。」
「へっ?300ではないんですか?」
「600です。300、300、600と、今日からは上がってきたので、また明日はパンと上がりますよ。」
「よかった~♪ ありがとうございます。」

 一日の憂鬱が、ちょっと損した気分でしたが、でもホッとして夕食は久々に完食です。

 心配していた父にも安心するように連絡をして、私自身ももちろん、悶々とした気分もスッキリで、来週の予定なども落ち着いて考えられるようになりました。



 昨日、無断でメールをブログに転載してしまったお詫びメールをMさんに送ったところ、こんな笑える返信が届きました。

体調がすぐれないのにメールありがとう。ブログ先ほど拝見したしました。
なんか、メジャーデビューしたようで嬉しく読みましたよ!ありがとう。私は実名でもかまいませんよー(笑)
載せると分っていたら、もっと物の本に書いてあるような感動的なメッセージを考えたんですが・・・・(笑)
残念!

とりとめもないメールすみません。何かもっと勇気づけるようなコメントをしたいのですが・・・・。言葉が出てきません。
ただ、tocoさんの病気が治るように毎日祈っています。ファイト!お母さん!
返事はいいですよ!では、また。


 学生時代に同じ目標を持って過ごした友達って、やっぱり私にとっては宝物です。
by toco_tax | 2009-05-29 20:22 | 化学療法② | Comments(2)