タグ:薬・注射 ( 47 ) タグの人気記事
白血球1900
 
 一回の注射で劇的に白血球が回復する人もいるそうだが、残念ながら私は1100→1900までしか増加せず、今日の退院も見送りとなった。
 この数値では、放射線治療に外出することも許可されず、ハリー先生が墨東病院へ今日の治療のキャンセルを連絡してくれたそうだ。ハリー先生曰く、

「一時的に白血球が増えても、必ずリバウンドがあるので、数日は覚悟しておいた方がいいかもしれないね。」

と、哀しくなるような宣告だった。無性に家に帰りたくなり、娘と電話で話しながら二人で「寂しいよぉ。。。」と泣いてしまった。
by toco_tax | 2008-12-30 20:20 | 手術~外出許可 | Comments(0)
初めての発熱
放射線治療2回目。抗がん剤1クール4日目。

 朝から足腰の関節が重く痛く、だるくて、墨東病院への通院にタクシーで行こうという気力がなく、事務所のCさんに、私の車で迎えに来てもらい送迎をお願いした。朝の検温では、平熱が低いので私にしては微熱の36.8℃だった。

 昨日、墨東病院の放射線科で受付方法など説明を受けたのに、機械に診察カードを通しただけで、窓口へ提出することを失念し、しばらくボーッと待っていたが、予約時間前だし、そんなものかと15分程して、付き添っていたCさんが、「診察券をどこかへ出すのではないんですか?」と気が付き、「そういえば、そうだったかもしれない。」と、昨日説明されたことを思い出した。検査技師の方々も、「まだ顔と名前が一致していないので、気が付かなくて申し訳ない」とおっしゃって、すぐに呼んでくれた。

 無事に治療を終え、K病院に戻る前に味の民芸で昼食。味覚がおかしいのか、外食も美味しいとは全く思えず、なんとなく熱っぽい気がしてK病院へ戻った。少し疲れてウトウトはしたものの、夕方の検温では38.9℃と高熱が出た。入院後、初めての発熱。看護師さんがすぐに解熱剤の注射をしてくれた。
 
 事務所にメールで状況を伝え、昔、祖母がよく、熱が出た時に作ってくれた「すりおろしりんご」を食べたいことと、起き上がるのも辛いので曲がるストローを持ってきて欲しいことを頼んだら、Cさんが娘と連絡を取って、娘と娘のBFを車で連れて来てくれて、すりおろしりんごを作ってくれ、少し元気が出て和んでいたら、両親も心配して来てくれた。
 
 もともと便秘気味ではあったが、抗がん剤の副作用に便秘、下痢という症状もあると承知していたので、宿直の看護師さんとも相談して、先生に下剤を処方して頂き服用した。
 夕食までは熱で辛く、気持ちも塞いでいたが、みんなが来てくれて、夜にはかなり元気になり、解熱剤も効いて37℃に熱も下がって一安心。
 
 今年は暦の都合で今日が仕事納め。結局、入院してから平日には事務所に出ることなく年末に突入してしまった。
by toco_tax | 2008-12-26 21:05 | 放射線治療 | Comments(0)
化学療法①-1回目
 
 今日からいよいよ化学療法が始まる。抗がん剤投与の1回目。

 回診の後、T先生が針を挿してくれた。

 11:00~①ナゼア1A(吐き気止め)+生理食塩水100ml(30分)
 11:40~②タキソテール75ml/㎡+5%TZ500ml(90分)
 
 経口投与
  夕食後プレドニン10mg



c0196754_220132.jpg
 看護師さんが時々、点滴の落ちるスピードや、気分が悪くないか、何か変わったことはないか、様子を見に来てくれる。全く、何も異常なく、ブドウ糖と書かれたバックに、本当にタキソテールという抗がん剤が入っているのかしら?と思うほど、何事も起こらず、無事終了emoticon-0100-smile.gif
by toco_tax | 2008-12-22 21:53 | 化学療法① | Comments(0)
術後6日目

朝の回診後、レントゲン撮影と採血。
午前中に屋上で約1時間の歩行。外の空気はやっぱり気持ちが良いemoticon-0169-dance.gif

夕方の点滴で、手術後の抗生剤等の点滴が終了とのこと。点滴のルートも外れてスッキリ!まだリンパ液の排出が続いているのでドレーンはとれない。

夕食に、お鮨とカキフライを事務所のCさんに差し入れてもらう。私の病院食はCさんに無理やり食べてもらったemoticon-0136-giggle.gif
by toco_tax | 2008-12-16 20:43 | 手術~外出許可 | Comments(0)
術後2日目
 昨夜はお薬の効果もあってか、ぐっすり眠れて4時頃トイレへ。6時の起床時間までトロトロとしている。ヘルパーさんが蒸しタオルを2本持ってきてくれる。1本は白で顔用、もう1本は黄色で身体用らしいが確信は持てなかったが、取りあえず熱いうちに使うことに。私の部屋は個室なので洗面台がついている。古い病院なので、混合栓ではなく、熱々のお湯が出てくる。でも、洗面器があるので大丈夫!

8時:朝食。
10時20分:O先生の回診。
「朝食、食べました?美味しくないでしょ。食べたい物があったら持ち込んでもらっていいですよ。」
とのこと。私は、入院した日に注意事項が諸々書かれた文書を読んで、「食事は勝手に食べてはいけない」的なことが書かれていたのを真に受け、入院時に持参していたりんごやみかんを、両親に持ち帰ってもらったところだったので、また持ってきてもらうように事務所の職員にすぐにメールを入れた。
「へぇ~!こんな加湿器があるんだぁ。幾らくらいするの?」
「5千円くらいです。」
「へぇ、結構するんだねぇ。生ビール何杯分かなぁ。自分だったら買うかなぁ。」
などと言いながら、傷を確認。
「出血もないし、綺麗だから大丈夫だね。」
ぶっきらぼうなんだか優しいんだか、年齢不詳な感じのハリーに似た先生だ。

午前中の抗生剤の点滴をしながら、また今日も屋上へ出て20分ほど歩行。

12時20分:事務所の職員が、早速、なしとりんごを届けてくれる。事務所から近い病院なので、本当に助かる。

昼過ぎ:ドレーンから排出されるリンパ液を捨ててもらう。胸のポケットに抱いているので温かい。85ccくらい。

夕方の抗生剤の点滴。

夕方:T先生の回診。「腕は上がりますか?」なるべく高く上げておくようにとの指示だったので、手術した左側の腕の下にバスタオルを2枚折って敷くことにした。看護師さんが来て、血圧を測定するときに、このバスタオルを台に使う。

20時過ぎ:就寝の準備。歯磨き、身体を拭いたり、顔を洗ったり。

21時:消灯

 朝からゴミの回収、部屋の清掃、食事30分前にお茶、検温等、回診、看護師さんの見回り…入院生活も、退屈だけれども結構忙しい。
by toco_tax | 2008-12-12 21:42 | 手術~外出許可 | Comments(0)
術後1日目

 ようやく自室に戻り、メールや携帯が出来るようになったので、事務所の職員に、持ってきて欲しい物リストをメールして依頼。長時間、同じ体位で横たわっていたので腰が痛かったので、まずクッションが欲しかった。そして、一日も早くリハビリを開始したいという気持ちから、入院前にネットが見た「リハビリ体操」をプリントするか、動画をメモリーに保存して持ってきてもらいたかった。

 抗生剤などの点滴がしばらくかかる。横になっているとどうしてもウトウトしてしまう。

 午後になって、両親が来てくれた。ベットにへばりついてばかりでは、脚が萎えてしまうので、散歩をしようと決めた。廊下を、点滴をしながら歩いてウロウロしていたら、
「屋上に出られますよ。外の空気も吸えていいかも!」
と、病院のスタッフが教えてくれた。

 そんなに広くない屋上だけど、12月にしては暖かだったし、外の空気は気持ちがいい。ハムスターがくるくる回るように、屋上を30分ほど何周も何周も歩行する。
 入院前に、子宮癌をもう10年くらい前に患った友人から、「おばあさんのように、たった1㌔も歩けなくなってしまうので、毎日お散歩をしてね。」というアドバイスをもらっていたこともあったので、これからは屋上歩行を日課にしよう。

 夕方に、また抗生剤の点滴が始まる。

 6時前に、事務所の職員が、娘と娘の友達を車で連れてきてくれた。娘の友達が肩や腰を揉んでくれたり、ペットボトルを補充してくれたり、しばし団らん。
 途中、夕食がきたので、一人もくもくと食べ、完食。
 「アイスクリームが食べたいなぁ~。」
と呟いてみた。今度来る時に持ってきてもらおう。

 みんなが引き揚げたあと、歯磨き、洗顔など済ませ、看護師さんの巡回のときに、昨夜眠れなかったので、今夜はよく眠れるようにと、痛み止めと眠れる点滴をしてもらう。
 今夜はどうかよく眠れますように。。。

 


 
by toco_tax | 2008-12-11 23:58 | 手術~外出許可 | Comments(0)
入院
 7時半起床。シャワーを浴びて朝食を済ませる。8時半頃、病院までおくってくれることになっている事務所職員が到着。

 手術前の写真を撮影。

 9時半少し前に自宅を出て病院に向かう。入院受付にて手続きをして、今日の担当看護師が迎えに来てくれて病室へ。部屋は207号の個室を用意してくれてあった。入院着に着かえて身の回りの品をセッティング 。洗面グッズ、加湿器、お茶セット。娘の友達が折ってくれNAORE700鶴を掛ける。

 少しすると看護師が来て、発症からこれまでの経過を聞かれ、これからのスケジュールの説明をしてくれた。検温、血圧測定をして、身長、体重測定。
セッティングしてもらったノートPCでDVDチュモンを見始める。ほどなく昼食の時間。昼食はハヤシライスとサラダ、黄桃のデザートとヤクルト。


c0196754_21444419.jpg先日渡されたトライボール。全身麻酔で手術を受けると、肺活量が低下するとのこと。そうなると浅く早い呼吸となって、うまく換気ができず、痰が溜まって酸素を十分に取り込めなくなる肺合併症を起こしやすくなるそうだ。そのため、このおもちゃのゲームみたいな器具を利用して呼吸訓練が大切なのだそう。


その後、手術前の剃毛をする。
午後2時頃、入浴。手術後しばらく入浴できないので髪も本日2度目となるが洗ってしまう。しっかり温まって、ドライヤーをお借りする。
少しゆっくりできたので、頂いた励ましメールに返信。

c0196754_21584165.jpg 
3時過ぎ、下剤を服用。少しウトウトする。昨夕からの喉の痛みも大分良くなった。


c0196754_222393.jpg6時、夕食は流動食。味がしないけど、完食。持参した薬のうち、PLとリピトール、デパスとミオナールだけ服用OKと看護師さんが持ってきてくれた。
 20時に再び下剤を服用するとのこと。その後は絶飲食。
病院の消灯は21時。眠れるだろうか。。。






                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2008-12-09 23:30 | 発見~検査~入院まで | Comments(0)