タグ:診察 ( 97 ) タグの人気記事
決断!!

 GWが明け、5月はいっぱい休んだ後だし、3月決算の申告月ということもあって、連日慌ただしく過ぎていきます。


 今日は診察日だったのに、物納の現地調査とバッティングしてしまい、早起きをして、診察だけは受けて、会計やお薬は娘に引き継いでもらう作戦で、約束の10:30には、診察を終えてなんとか現地へ間に合いました。


 手術から6年と5か月を無事に迎え、今日の診察で、私自身、重い決断をすることにしました。

 ボディブローのようにじわじわと効いてくるホルモン治療。今年に入って、気持ち的にも、身体的にも、諸々と限界がやってきたようで、最近は手足の強張りや、ぱんぱんに浮腫む感じやホットフラッシュ、そしてずっと続いている薄毛の悩み…。 「もうそろそろいいかな。」って、区切りをつけたいと、感じはじめていました。

 
 今日の診察、主治医とのやりとりで、これまでの検査や腫瘍マーカーなどの経過に特に問題もなかったし、フェマーラの続行によるメリットとダメージを考えて、ここでフェマーラの服用は止めるという決断に至りました。

 主治医としては、乳がんはゆっくり進行する癌なので、長く継続できればそれだけ安心、という見解のようでしたが、「止めることにしましょう!!」と、同意してくださったので、本日をもって卒業します。


c0196754_1822404.jpg



 その結果、お薬代がウソのように安くなりましたemoticon-0104-surprised.gif 診察代とお薬代にと、娘に2万円を預けたのですが、いっぱい戻りがありました!


 不安が全くないわけではありませんが、精一杯向き合ってきたし、手厚く、やれるだけの治療はして頂いたのだから、これまでも、そしてこれからも大丈夫!!と信じて、明るく前を向いて日々過ごしていこうと思います。




 ついでに、今日の物納の現地調査。

c0196754_18294370.jpg



 財務局から2人、物納担当の税務署から4人、測量士事務所から2人、申請者のお2人…と、境界や越境物などを確認。

c0196754_18295711.jpg



 駐車場として貸していた土地なので、特に問題ないと、終了しかけた間際、

 相続人である奥様が、
「お父さんが引いた水道管が埋まっているんですよ。」発言に、一同絶句!

 地続きの相続物件のあちこちを再確認することになり、
「少し時間がかかりそうですね。」
と、財務局の方も苦笑い^^ゞ

 水道業者に調査と、移設を依頼することとなって、物納許可が下りるのは暫く先になりそうです。



 そんなかんだで、5月も残り2週間になろうとしています。週末の金曜日、リンパマッサージに行ってきます!!











                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2015-05-15 18:44 | 診察 | Comments(1)
診察 2014年12月1日(備忘録)
 今年の後半は、瞬く間に過ぎていき、暫くブログの更新が出来ないまま師走に突入ですemoticon-0104-surprised.gif 


 元気なの~? とお電話を頂いたり、メールやLINEを頂いたり…、「便りがないのは!!」とはいえ、仕事もプライベートも、バタバタと慌ただしくも充実した日々を過ごし、PCの入れ替えなどもあってすっかりご無沙汰してましいました。少しはwindows8.1に慣れなければ…と、ポツリポツリと、綴っていきたいと思ってますemoticon-0111-blush.gif


 さてさて、本日は今年最後の診察でした。2か月に1回程の通院で、相変わらずホルモン療法と高脂血症の治療は継続していますが、寒い季節を迎えたからか、再開した高脂血症治療薬の影響からか、また少し関節痛が手の指に出ていて、ウィンカーを出すのも痛いかな…(';')ということで、次回の診察まで、高脂血症の薬をお休みすることになりました。


 週に1回くらいのペースではボディーズに通い、汗を流してゲルマに浸かっているので、以前のような高い体脂肪の数値にはなっていませんが、食欲が止まらない毎日です(*‘∀‘)


 
 先日の3周年パーティーで今シーズンのイベントは終了~!! と思っていましたが、12月7日(日) 15:00~、ケイキ・カウイ・親子限定で出演することになったアリオ北砂のイベントで踊らせて頂くことになりましたemoticon-0169-dance.gif 少々緩みがちなこの時期、今年の締めくくりを、しっかり踊ってきたいと思いますemoticon-0100-smile.gif
by toco_tax | 2014-12-01 23:37 | 診察 | Comments(2)
•放射線科の診察日2014年1月(備忘録)
 プライベート…もですが、仕事があれこれと立て込んで、ずっと定期的に1週間~10日間に1回は通ってきたリンパマッサージに、もう4~5か月行っていない気がします。

 一度浮腫みだすと、なかなか浮腫みが取れず大変なことになるのは承知しているのですが、冬は服を何枚も脱ぐのも億劫だったりするのです。


 そんな状況の中、今日は放射線科の予約で、所沢ICから30分ほど一般道を走り、お会いするだけどホッとするO先生の診察に行ってきました。

 初めて伺った前回は雨模様で、車の渋滞も激しく、とても遠く感じた道のりでした。午前中の仕事を早めに切り上げたかったのですが、来客や電話で、昼食を食べる時間もなく出かけたので、車の中でドライフルーツとお水でお腹を満たしながら、時間が読めない関越道をひた走りましたが、予約時間より少し早めに到着~!

 
 今日の診察では、腕の浮腫みが気になっていること、味覚障害のこと、「自分の癌は硬癌で悪性、予後が不良な癌だということを最近知った」こと…など、最近不安に思っていることをお話しました。


 今日は、腕の状態、甲状腺、乳房などの触診、聴診器で胸と背中から音を確認して頂きました。

「最近、弾性スリーブは使っていますか?仕事が忙しくなるとどうしても固まってしまうので、仕事中に何時間かでも、弾性スリーブを使うといいですね。」

と指示があり、お風呂あがりにセルフマッサージをしているつもりでも、やはりリンパの流れが滞っていることを反省しつつ、億劫がらずに弾性スリーブを使おうと思いました。


 硬癌でも、私は2㎝程度の初期の段階であったし、手厚い治療を経ているので、心配するようなことは今の時点では何もないと、K病院から取り寄せた資料や検査結果を見ながら、O先生は穏やかに説明してくださいました。


 味覚障害について、サプリメントを摂取するより、亜鉛は「土」から摂取できるので、根菜類の煮物など、食事から摂ることも大切です、というお話をお伺いしました。

 O先生とお話をするだけで、心の霧が晴れていくような気がします。

 
 建築中だった放射線治療科の建物が完成して、前回は間借りしていた診察室でしたが、今回から広々とした専用の診察室になりました。次回の診察は4月22日です。









                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v








 
by toco_tax | 2014-01-21 23:22 | 放射線治療 | Comments(0)
診察 2014年1月10日(備忘録)
 今年最初の診察日。

 12月の診察日は、仕事の都合で主治医の受診をできず、本日に至りました。
 毎年12月には、PET-CTをしてきましたが、昨秋、放射線科のO先生の診察を受け、色々とお話を伺ったときに、次のPET-CTは、腫瘍マーカーが急激に上昇するとかがなければ、少し間隔をあけて問題なく、むしろ被曝もするので、もう一年くらい様子をみてからで大丈夫だと言われていたので、主治医から

「PET-CTをやりましょう。」

と言われましたが、

「もう少し先に延ばしたいと思います。」

と話したところ、

「では暖かくなってからにしましょうか。」

ということになりました。

「何か変わったことはないですか?」

との問いに、

「先生、味覚障害ってあるんでしょうか?最近、味を感じないんです。」

とお聞きしてみたところ、

「抗がん剤には、味覚障害の副作用もあるんですよね。亜鉛を摂ると戻ってくると思うけど、食物で多く入っているのは牡蠣とか。食事だけで摂取するのは難しいのでサプリメントで補給するのもいいかもしれないですね。」

とのことでした。


 フェマーラって、「ホルモン剤」という認識でしたが、確かに「アロマターゼ阻害剤/閉経後乳癌治療剤」という「抗がん剤」に分類される薬のようです。

 一つの目標だった5年クリア…でしたが、

「乳がんの進行はゆっくりなので、10年間は経過を診ていかないとなんですよ。」

と、改めて告げられ、まだ折り返し地点を通過しただけなんだ…と、ふっと深呼吸。


 でも、リンパ浮腫や、関節痛や、諸々の更年期更年期障害的な副作用があるとはいえ、元気に折り返し地点を通過することができたことに感謝です。
by toco_tax | 2014-01-10 23:19 | 診察 | Comments(0)
腹部エコー検査

 切っただけでは終わらない乳がん治療中に「要精密検査」という所見は、「念のため」であっても少々ドキっとする文字です。


 実は、主治医が就任された病院が開院されたためか、系列のクリニックで診察をする時間が、週に僅か2時間…ということになったらしく、前回の診察の際にお聞きしたような気もしますが、薬が終わったので4週ごとの診察に伺ったのですが、うっかり午後だったため、主治医は帰ってしまった後でした。

 珍しく(^^ゞ「フェマーラ」が、前の晩にキッチリ28日分で終わったため、「別の先生でいいのでお薬だけお願いします。。。」と受診をして、やはり気になったので、

「実は健診の結果、腫瘍マーカーCA19-9が少し高かったので、要精密検査という所見だったのですが、こちらでエコーはできますか?」

と、ついお聞きしてしまいました。

 「一番早くて、明日出来ますけど、どうしますか?」

と、即答されてしまったので、心の準備ができないまま、お願いすることになりました。


「膵臓は分りにくいので、朝食は抜いて、尿を1時間前くらいから貯めてきてください。」




 そして翌土曜日に、腹部エコー検査をしてきました。押しの強い感じのクリニックの所長先生ではなく、若い優しそうな検査技師の方が、モニターで丁寧に説明をしながら検査をしてくれました。

 腎臓、肝臓、胆のう、膵臓…、疑問な部分は血管?の動きに色を付けて解説してくれたので、異常がないことを自分の目で確認することができました。



 取りあえず、ホッとしています。



 そして、墨東病院でお世話になったO先生が異動されて、しばらく受診していなかった放射線科もちゃんと診て頂いておこうと、お盆前にメールをしていたのですが、
「旧盆で田舎に行っていたため返事が遅くなり申し訳ありません。」
   …

「受診の際には、PET-CTのデータと以前の腫瘍マーカーのデータ、健保組合の検査データ (可能なら以前の分も)、大腸 ポリープの所見と病理診断の結果などもみさせていただけると参考になると思います。

病院案内を貼付させていただきます。
その他、気になることがありましたら、メールでも結構ですのでご連絡ください。」



と、返信を頂きました。エコー検査を受けたこと、月末から旅行の予定があること、大腸の内視鏡を9月中旬に受ける予定であること…などを更に折り返したところ、大腸の検査が終わってからの受診の方が良いでしょうとのことで、先生のスケジュールの詳細もお知らせくださいました。



 優しいご配慮に、「ドクター難民」か?と、少し心細くなっていた気持ちが、パッと明るくなりました。





 


 


                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2013-08-19 22:24 | 検査 | Comments(0)
フェマーラ再開予定
 フェマーラをお休みして8週、リピトールをお休みして4週で迎えた診察日。

 リピトールをお休みして、明らかに膝の関節痛(変形性膝関節痛…なんだと思う)が緩和しました。40歳の節目健診から服用を続けているリピトール…(/_;) ホルモン療法が始まって、さらに数値が悪化したため、通常の倍の2錠を服用するようになって、半年?くらい経ってからでしょうか。

 筋力低下を自覚したのは、昨年の初サーフィン体験の時でした。陸でダイちゃんに、軽くレクチャーして頂きましたが、この時点で全く立てる気がしなくて、実際にいい波に乗せてもらいながら、膝で立つのが精いっぱい!しかも、足ヒレをつけて、最後にボディーボード、気合いを入れたらピキーンと猛烈にツッてしまい、痛くて歩くのもやっと…ということがありました。


 それからどんどん膝が痛くなって、秋頃には体中がギシギシ…。整形外科で診てもらっても、骨には異常なし。暮れには、膝痛から腰痛になって、とっても辛い日常生活でした。もやもやと、フェマーラだけの副作用だと思い込み、フェマーラを続けられなくなる恐怖と関節痛のジレンマに、暗い気持ちに落ち込んだこともありました。


 4週前の診察で、リピトールも休薬することになって、徐々に膝の痛みが緩和して、仕事中、立ち上ったときの不快な痛みは、1週間ほど前から消えています。

 リビトールをお休みしているので、今まで無頓着だった食事にも気を配り、ベジタリアンか?というくらい、野菜中心の食事を心がけ、油は控えめにしています。


 そんな状況で迎えた診察日。

「フェマーラ、リピトール…どちらが原因だったんでしょうね?」

「先生、間違いなくリピトールだと思います!」


本人が、一番良くわかります。


「今日はフェマーラを出します。やはりフェマーラでしっかり抑えましょう。」


「はい。でも、来週旅行があるので、帰ってから再開するってことでもいいですか?」

「それは構わないでしょう。」


ということで、フェマーラは、木曜から出掛ける旅から帰ってから再開することになりました
(*^^)v


 長いこと飲んでいた大事な薬、今は、アレルギーや、睡眠導入剤だけなので、とっても気が楽です。また来週から、飲んだのか飲まなかったのか、分らなくなったり、朝、飲み忘れて、昼休みに自宅へ帰って慌てて飲む…という生活が始まりますが、フェマーラを再開できそうな気配なので、実はホッとしています。


 副作用と上手に付き合いながら、長く続くホルモン療法、再度頑張っていきたいと思います。













                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v











 
by toco_tax | 2013-06-07 23:45 | ホルモン療法 | Comments(0)
休薬中…


 私の主治医がK病院を退職されて、カルテのあるK病院で他のドクターに診て頂くという選択肢もありましたが、私は発見から手術、化学療法、現在継続中のホルモン療法と、ずっと診て頂いている主治医に引き続き診て頂くことを選択しました。

 そして、今日は新しい病院が開院するまでの間、毎週金曜日に診察をすることになったクリニックで、最初の診察の日でした。


 前回の診察日から、関節痛の副作用が強く出ている原因と思われる「フェマーラ」をお休みしています。

「その後、関節痛などは治まりましたか?」

「少しは軽くなったような気はしますが、まだ体の芯は痛くて、強張りは続いています。」


「浮腫みはどうですか?」

「今日は良い方なんですが、脚もパンパンに張ってくる感じや、腕も浮腫んでます。リンパマッサージは一週間に一回は必ず欠かせないです。」

「肩のコリとかはどうですか?」

「酷いです。」


「そうですか。。。高脂血症のリピトールも長く続けていますが、実はこの薬にも筋肉を溶かしてしまうという副作用もあるんですよ。」

「筋力が落ちているという感覚はすごく感じています。」


 …と、K病院では待っている患者さんのカルテが山積みで、いつもお忙しそうだったために、なるべく早く切り上げなければ、という状況だったため、辛い副作用について細かく報告することもありませんでしたが、電子カルテということもあるのか、落ち着いて話すことができました。


「それでは、フェマーラとリピトールを4週間、お休みしましょう。」

「7月に健康診断があるんですけど、また血液検査で引っ掛かってしまいそう…。」

「4週間休薬して様子をみて、また6月に考えましょう。毎週金曜は一日ここで診察していますから、何かあったら4週でなくても来てください。」



ということになりました。ちょっぴり心境は複雑ですが、食事や運動など日常生活を改善していく努力もしなければ!と改めて考えるきっかけになりそうです。












                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2013-05-10 23:07 | ホルモン療法 | Comments(0)
フェマーラ中断…2つの診療情報提供書

 今日は主治医の診察の日でした。

「調子はどうですか?特に変わったことはないですか?」

との問い掛けに、

「辛いです。全身が強張って、おばあちゃんになったみたいです。」

「そうですか。。。手術をしてからどれくらいたちましたかね、12月10日でしたね。4年は過ぎていますね。フェマーラですね。

 少しお休みしましょうか。」



「……」

「関節が痛いのは、いつ頃からでしたか?」

「秋頃からです。」

「PET-CTでも異常はなかったので、フェマーラだと思います。少しお休みして様子をみましょう。
 花粉の方は治まってきましたか?」


「いえ。駄目です。3月のはじめにゴルフに行って以来、ずっと喉も痛くて、金曜日に耳鼻科に行ってしまいました。」

「もうしばらくの辛抱ですね。。。」

と、フェマーラ以外のいつもの薬と点眼、点鼻薬などを処方して頂き、

「さぁ、これからどうしましょうかね?土曜日の予約外来も出来なくなってしまったんですよ。」


「えっ?そうなんですか?」


c0196754_2272472.jpg



 実は、院長先生は今月いっぱいで退職されることになりました。7月までは、週に一回、通院できる地区のクリニックで勤務されるとのことなので、繋ぎの間は、そちらで受診はできますが、その先は、外来での受診はできないかもしれません。

 私の乳がんを、しこりを感じて受診をした4日後には「硬癌」と診断して頂き、その2週間後には手術をして頂いて、先生を信頼して、ずっと強い気持ちを持ち続けて治療を続けてきたので、正直、なんとも言えない動揺を感じています。


 病院は関与先でもあり、監事もさせて頂いているので、色々な経緯などは承知していましたが、患者の立場になると、やはり今後のことがとても心配です。

「西洋医学的には、なんの問題もありません。」と、今年になって、内科を受診して血液を詳しく調べて頂いていたので、なんとか気持ちは持ちこたえていますが、この一カ月ほど、花粉症だけではなく、実はとても辛い日が続いて「体がボロボロになっていく…」感じの恐怖と、確定申告前後の仕事のストレスで、軽い引きこもり状態になっていました。 




 全く同じタイミングで2つの診療情報提供書を並べて、フェマーラも中断することとなり、なんだか涙がポロリン…な夜を迎えてますemoticon-0106-crying.gif













                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2013-04-02 22:05 | ホルモン療法 | Comments(2)
放射線科の診察日2013年-3月

 今日は放射線科の診察日。ゴルフコンペで花粉シャワーを浴びて以来、すっかり過敏に反応してしまい、花粉症鬱…な日々。早く咲きすぎた桜を観賞する勇気もない今年の桜シーズンです。

c0196754_024467.jpg


 通院中の車窓から、今年初の桜並木を走り抜け、

c0196754_0102538.jpg


踏切待ちで通過したスカイライナー! そして、いつもの場所でスカイツリー!

c0196754_0125347.jpg


 今日は、墨東病院で放射線科を受診する最終回なので、ここで撮るのも最終回です。

 放射線科の受診が終わるということではなく、担当のO先生が他の病院へ異動されるので、私も先生についていくことにしたのです。少し遠い病院なので、


「あまりお薦めはできないんですけど、2~3ヶ月に1回なので気分転換にいらっしゃいますか?」


「先生のお顔を拝見するだけでホッとするので、もちろん先生に診て頂きたいと思います。」


と、迷わず決め、今日の受診時に新しい病院の案内と診療情報提供書を頂くことになっていました。

放射線科があるのは、こちらの病棟の地下2階でした。
c0196754_0221984.jpg



駐車棟からの診療棟、
c0196754_0225233.jpg
 


雨の日は3階まで満車で、雨にぬれる屋上に停めたことも何度かありました。
c0196754_025570.jpg




 放射線科は、今日も新患の方が放射線技師の方に「お風呂に入るときは印が消えないように、決してゴシゴシ洗わないでください。」等と説明されていました。よく見かける光景ですが、自分自身の初めての診察の日のことと鮮明に重なります。


 帰り道、車窓から満開の桜をあちこちで楽しみながら、何度も通ったこの道を感慨深く思い返しました。次の受診は初めての病院、少し遠いので小旅行気分で出掛けたいと思います。
by toco_tax | 2013-03-26 23:00 | 放射線治療 | Comments(0)
ホルモン療法と漢方
 私にとって「ボディーブローのようにジワジワときいていってQOLを低下させる」つらい副作用のあるホルモン療法。有効性が証明されているアロマターゼ阻害薬「フェマーラ」と長く付き合っていかなければ…、というジレンマが昨秋以来続いていました。


「本当に素晴らしい先生だから、相談してみて!」、仲良しのYさんに、前から時々お話を聞いていたものの、そのうち…と、受診に至っていませんでしたが、膝の関節痛が改善しない日々に悶々としていた私を心配して、またYさんがお勧めしてくれました。


 1月29日、初診の予約をとって、クリニックを訪ねてみました。お忙しい先生なので、これまでの経過を説明するために、昼休みにこのブログを確認しながら、時系列で手術、化学療法の薬剤名、放射線治療、ホルモン療法、現在の状況などをA4で2枚にメモをまとめ、お薬手帳も持参して診察を受けました。


 話をよく聞いてくださり、診察ベットで足の浮腫みや体温なども触診して頂き、先生が確認しておきたいという「甲状腺機能」「コレステロール」「肝機能」…諸々をチェックするため採血をして、3日後に結果が判るため、診察の予約をとって頂きました。

 
 そして本日の受診の結果、

「完璧です!西洋医学的には、全く問題ないですね!」

という診断でした。先生が一番気にしていた甲状腺機能については、バランスの良い数値であること、白血球数も貧血も問題ないこと、40歳の節目健診から続いている高脂血症についても、総コレステロールと中性脂肪も値は高いものの悪玉コレステロール値は正常値内におさまっているため、現在「2錠のリピトールは1錠にしてもいいんじゃないかなぁ~。他の数値が1錠にしちゃうと引っ張られちゃうのかなぁ~。」、強いて言えば肝機能の数値くらいで、経過観察で大丈夫なこと…、丁寧に説明して下さいました。

 西洋医学的に問題がないので、私のような更年期障害の症状には漢方が適合するので、漢方の説明をしてくださり、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)を処方して頂きました。この漢方は、若い頃よく服用していた薬なので、薬に対する不安もありません。


「副作用だけを心配して飲んでいたら、フェマーラに対して失礼になっちゃって、効く薬も効かなくなってしまいますからね。」

 なんだか、とても大事なことをお聞きしたと思います。

「痛いときは、飲んでいいと言われた薬は、罪悪感を感じて飲む必要はないんです。我慢するより、痛み止めを飲んで楽になるなら、遠慮しないで飲んでいいんですよ。」

とも言われ、ホッと気持ちが楽になりました。


 この日、初診の予約がとれたので、生理痛で毎月辛い数日を過ごしている娘も、先生に診て頂きました。娘は私とは体質が違うようで、桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン) を処方して頂き、

「これでしばらく飲んでみて、それでも改善しなかったら、私の信頼できる婦人科の女医さんを紹介するからね。」

と、娘もニッコリ、安心していました。



 大好きなフラのK先生と出会えたことと同じように、幸せな出会いに感動ですemoticon-0171-star.gif

 優しくて気持ちを分ってくれて、颯爽とカッコいい素敵な先生、これからまだまだ続くホルモン療法にも、明るい気持ちで向き合っていけそうな、本当に嬉しい出会いでした。

 背中をポンと叩いて、一歩を踏み出させてくれたYさんにも心から感謝したいと思いますemoticon-0152-heart.gif


 









                   「読んだよ~♪」のかわりにポチッとしていただけるとうれしいです(*^^)v
by toco_tax | 2013-02-01 22:36 | ホルモン療法 | Comments(0)