白血球減少 底値?


抗がん剤FEC100  4クール9日目、放射線治療終了後111日目

 朝のO先生の回診の後、主治医のS先生がみえて
「tocotaxさん、気分はどうですか?体調は悪くないですか?」
「はい。大丈夫、元気です。」
「今朝の採血の結果、300まで下がってしまったので、今日は抗生剤など点滴をします。とにかく白血球を上げていかないと、大変な状態になってしまう危険があるので、最後の辛抱のしどころですね。」
「昨日、1900あったのが、300まで下がってしまうんですね。」
「手術の痕が張ってくるのは、リンパ腋が溜まってくるからですか?ここ数日、夕方になってくると突っ張った感じなんですけど。」
と、手術痕を診て頂いたところ、
「リンパ腋ですね。今日は針を刺したりしたくないので抜きませんけれど、落ち着けばまた抜きます。」
「T先生は、このくらいだと、余り抜くより自然に吸収させた方がいいとおっしゃるんですが、どちらがいいのでしょうか?」
「抜けば、ご本人が楽になるのであれば抜きますけど、どうしても溜まってきてしまうので、自然に吸収できるものなら、その方がいいです。」
「では、自分でリンパマッサージをして流してあげていいんでしょうか?」
「はい。腕と一緒にマッサージしてあげてください。」
と、今感じていた疑問を確認することができ、納得できました。
 それにしても、今日の300という数値は、ある程度の減少は予想している該当日ではありましたが、納得できません。


 いつものノイトロジンを注射して、点滴の準備ができるのを待ちましたが、ウトウトしているうちに昼食の時間となり、午後から久しぶりの点滴です。右腕一本で頑張ってきて、もう退院まで点滴はないかと期待していましたが、今回は3日間ほど点滴をするようです。

c0196754_1913494.jpg


点滴が始ってから、血管炎の方も、黄色いアクリノールで湿布をして頂きました。


c0196754_19145778.jpg


 自画像ならぬ、自画撮影037.gif
 ここ数日、脱毛も少し仕上げ段階に入っているようで、枕に短毛が目につきます。
 
 娘に言わせると、「究極の全身脱毛!」ですが、そもそも色素が薄いので、自覚はなかったのですが、言われてみれば全身で脱毛しているので、うぶ毛も抜けてます(^^ゞ

 今さらですが、抗がん剤って、凄い威力だったのですね。私は負けないけど、癌細胞は、きっと悲鳴を上げて、退散してくれたことと信じています。
by toco_tax | 2009-05-27 19:20 | 化学療法②
<< 白血球数300 続く 白血球数減少 1900 >>