タグ:仕事 ( 159 ) タグの人気記事
東部ブロック2月例会


 所得税・贈与税の確定申告の受付けが始まった2月16日に開催された東部ブロック例会は、木村金蔵先生に「確定申告前に知っておきたい譲渡所得税の実務20事例」と題して11名の参加で開催されました。
 ブロック例会の活性化と、確定申告期に資産税の大家である木村先生の報告をお聞きしたいとの、東京会事務局長の井上礎幸会員の特別参加で、活気ある例会となりました。

c0196754_2352985.jpg


 40頁に亘る詳細なレジュメを準備して頂き、豊富な具体的事例ごとに、誤りやすい点、改正された特定資産の買換えの特例、低額譲渡の課税関係、親族間の譲渡とみなし贈与「著しく低い価額」の対価、弁護士費用は譲渡費用になるか…など、経験も交えながら報告して頂きました。
 
c0196754_2363226.jpg


 報告の後は、それぞれ抱えている疑問、質問が次々と議論されました。
 短期決戦の確定申告期に、譲渡所得は神経を使う申告書作成となりますが、特に混乱しやすい事項について解説をお聞きして、一同スッキリ頭の整理ができたと思います。根拠条文や判例を盛り込んだ貴重なレジュメは大変有難い資料となりました。


 先週から抱えていた、遺留分減殺請求に対する価額弁償の課税関係と弁護士費用についての悩みについても解決して頂くことができました。
by toco_tax | 2012-02-17 23:03 | 仕事のこと | Comments(0)
いよいよ突入!

 いよいよ所得税、贈与税の確定申告の受付が始まりました。既に還付申告は何件か送信済みですが、今日は仕上がっていた申告書を相当数送信しました。昨年の確定申告期限直前の大震災、その後の計画停電などの教訓から、申告書は溜めずに、出来たものから送信するようにしています。

 昨日は、一年の中で最も過酷な勤労奉仕の当番でした。

 まだ受付前の、嵐の前の静けさ…な相談会場。

c0196754_0552433.jpg


 地元、駅前の地区センターの体育館が会場ですが、この会場にも今年から電子申告のためのPCが導入され、税務署の職員も配置されました。昨日、私が受けた相談者で電子申告にまわった方は2名だけでした。

c0196754_0554264.jpg


 平成23年分の確定申告から年収400万円以下の公的年金受給者は、他の所得が20万円以下なら申告が必要なくなりました。相談会場にいらっしゃる殆どの方が年金受給者で、僅かに天引きされた源泉徴収税額の還付を受けるケースが多数でした。
 所得税の申告をすると納税額が出てしまう方については、住民税の申告書を作成して頂きました。「自主申告」が建前なので、納税者の方に書いて頂かなくてはいけないので、3人~4人の方がコの字に配置されたテーブルに並んで、順番に少しずつ説明しながら対応していきます。

 いつもはコンピュータが計算してくれますが、この日ばかりは控除額や諸々の判定を「手引き」をフル活用しながら、電卓を叩きまくり、ヘロヘロになりながらの長い長い午前の相談が終わって、一時間のお昼休みには、TRATTORIA Sora でランチ~063.gif 美味しいパスタとガトーショコラを頂き、

c0196754_1254371.jpg


また午後も頑張れるパワーを充電して、さらに長い長い午後の相談。。。

 最後のトドメは、昨年の住宅ローンの控除が10万円ほど少なく申告していた方、所得税は還付済みで0ですが、住民税が還付になると思うので「更正の請求」をした方がよいと説明しましたが、この相談会場では、「そういった相談は受け付けない」という指針。用紙もなかったのですが、PCが設置されてたため、税務署の職員が親切に出力してくれて、他の相談担当税理士は既に引き上げてしまったのに、最後まで納税者の方が、「あーでもない、こーでもない、せっかくパートを早退して来たのに、また税務署に行くなんて面倒だ…ぐだぐだ。。。」と、5時少し前まで粘って、結局、提出はせずに、「後日、住民税の問い合わせをしてからどうするか決める」と帰っていかれました。昨年、申告会場で担当した税理士のミスだったと思いますので、納税者も気の毒といえば気の毒です。

 他にも、シルバー人材センターからの収入のある方が確定申告をする場合、「家内労働者等の特例」の適用で、収入金額から黙って65万円の控除が出来るのに、昨年は収入金額をそのまま所得金額として申告(させられてしまった)した方がいたり…、リストラで中途退職、息子が引きこもりで仕事をしても長く続かない、寝たきりの夫の介護で…、厳しい生活の現状をこぼしていかれる方々の申告書を作成しながら、精神的にも過酷な一日で、事務所に戻っても仕事を続けることが出来ず、早々に帰宅しました。

昨日は、所得税20件、住民税5件程の申告書を作成したと思います。
 
 収入に対して社会保険料の負担が重くのしかかっていることも痛感、これで消費税が10%に増税となったら、庶民の生活は破綻してしまう…、そんなずっしりと重い気持ちになった一日でした。
by toco_tax | 2012-02-16 23:49 | 仕事のこと | Comments(2)
固定資産税の行方(訂正記事!)
 固定資産税を担当している現場の友人から、昨日の記事について、その後の経過など、丁寧な説明をして頂きました。了解を頂いたので、そのまま転記させてもらいます。


H23.11.8の総務省資料は、税制調査会で検討するための資料でした。その後、政府税制調査会で決定し、1月27日に閣議決定され、1月31日に国会提出された地方税法の一部改正案では、24年度の改正として、Bの負担調整率の見直しが提案されました。(A,Cは改正なし)
変更点は、住宅用地について、負担額の据え置き上限を80%から90%に変更するというもので、現在の負担率が80%になっている方は、土地の評価額が多少下がっても、税額が5%近く上昇します。そして、25年度も5%近く上昇し、26年度には変更上限である「90%」も廃止されますので、さらに5%近い増税になります。
なお、商業用地などの非住宅用地については、従前どおり60%を据え置き限度とする制度に変更はありません。
他の、小規模住宅用地の見直しや新築家屋減額に関する見直しは、とりあえず24年度はおこなわれません。

詳しくは、総務省のホームページを見てください。
 

 少しホッとしましたが、いずれにしても増税されることは必至のようです。現場の方々は翻弄されて大変なことだと思います。


 メールをくれた友人に、
「それにしても、遊んでるね…。食べてるね…。
充実した生活を送っていることがよくわかります。
張り切りすぎると、体に負担がかかる年代になっていることも自覚して、遊んでください。」
なんて、おまけのコメントも頂いちゃいました。


「でも、ママは週末に遊ぶ予定がないと元気が出ないのよね~!」
と、娘によく言われます。仕事ばかりに没頭していると、ホントに体調悪くなるんです(^^ゞ
 友人の言うように、よく自覚して遊びたいと思います♪♪


 さて、今日もお客様が次々にお見えになり、応対に慌ただしい一日でした。先日の相続が発生した裁判の事案は、相続人の姉妹が必要な戸籍謄本や住民票などを持ってきて必要書類が揃ったので、弁護士の先生に依頼をしたので、あとは準確定と相続税の処理をすればよいことになりました。


 所得税の確定申告で一番悩ましいのは、医療費控除…(:_;) 相変わらず、今年も、資料の中にドサッと領収書の束が入っている方が多いです。せめて医療機関ごとに整理してくださればいいのに、意外ときちんと集計してくれている方は少数で、領収書を整理するという作業がもれなく付いてきます(^^ゞ

 
by toco_tax | 2012-02-09 23:51 | 仕事のこと | Comments(0)
固定資産税の増税?
 久しぶりに仕事の記事を綴ったら、資産税担当をしている友人からコメントを頂き、ハッとしました。

 税制改正について、国税ばかりに目を奪われがちですが、

「私のところは、地方税法の一部改正がいつとおるかで、やきもきしています。政府は改正法案を1月31日に国会に提出して、衆議院、参議院を通過させるつもりです。そして市議会で条例改正。4月には課税(増税)なんて、国民をバカにしています。増税になるにもかかわらず、市議会での審議は多分できないと思いますし、市民への周知もできないまま、固定資産税がUPすることになると思います。
 でも、改正法が成立すれば、まだいいのです。ねじれ国会や消費増税がらみで、もし3月31日までに改正法がとおらないと、固定資産税関係の特例が期限切れになり、2割から4割の増税になるはずです。
一体、総務省、政府、政党(与野党ともに)は国民生活をどう考えているのでしょうか?」


という内容でした。鍵コメ公開してごめんなさいm(__)m

  
 固定資産税は3年に一度、固定資産税評価替えがありますが、今年、平成24年は評価替えです。

総務省の平成23年11月8日の資料
「固定資産税(平成24年度評価替えに伴う制度見直し等」によると、平成24年の評価替えにより約4800億円の過去最大の減収が見込まれるから、バブル期の地価高騰に対応して導入された特例等合理性が低下した特例を見直す必要があるのではないか、という要望を出しています。

 内容は、

A.住宅用地特例について

 現行 固定資産税評価額×1/6(200㎡超は1/3)×税率

 改正 固定資産税評価額×1/4(200㎡超は1/2)×税率

 自宅の土地部分の固定資産税が1.5倍になるということです。


B.措置特例について

 現行 固定資産税評価額×負担調整率×税率

 改正 固定資産税評価額×税率

   *負担調整率、住宅用地で0.8~1.0、商業用地で0.6~0.7となっています。

C.新築住宅特例

 新築住宅については、新築後3年の間は固定資産税が半額になっています。

 現行 居住用の賃貸アパートも含む

 改正 居住用の賃貸アパートは廃止、自分の居住用に限定


その他.不動産取得税の特例について

  不動産取得税は固定資産税評価額の1/2に税率を乗じて算出しています。
 この1/2特例を廃止するとの案があり、税負担は2倍となります。



 東日本大震災とこれに続く原発事故を口実に「社会保障と税の一体改革」と称して国民に大増税を押しつける国家的な詐欺としか思えないような改悪のメニューを次々と打ち出してくる政府の姿勢には、全く呆れるばかりですが、憲法25条で保障された理念を基本に、応能負担による財源の確保を、国民の視点から議論を早急に進めていかなければならないと日々感じています。
by toco_tax | 2012-02-08 21:51 | 仕事のこと | Comments(0)
確定深刻!


 2月に入り、所得税の確定申告の資料が、毎日宅配便や郵便、メールで次々に届き、いよいよ確定申告の繁忙期に突入します。

 こんな時期に限って、遺言の作成依頼だったり、相続の相談だったり、急を要する相談が立て込みます。

 私が2回目の入院をした頃に、癌の手術をされたお客様が、先日の検査で別の癌が見つかって、「早急に公正証書遺言を作成したい」とのこと。大急ぎで相続財産の評価をして、登記情報を取り、評価証明、戸籍謄本、住民票などを取得する手はずです。

 今日は、そんな相談が終わらないうちに、期限が迫った裁判所からの呼出状を持った別のお客様。。。昨年の秋頃から借地人と建て替えをめぐり、明日にも「譲渡の契約をしてしまう」、という話を資産家の地主の娘さんから相談を受け、「そもそも意思能力のない父親に代わって勝手に譲渡することは無効であるし、高齢のお父様の生前に譲渡すれば譲渡所得も相当額になるし、相続税についても貸地の評価と現金で残すのでは相当な違いとなるので、譲渡するのは待ってください。」とお願いした件で、借地人が建て替えを承諾するように裁判を申し立てたのです。ところが、地主であるお父様は、97歳で先月お亡くなりになったそうで、裁判所から特別送達された書類を娘さんは、あれこれ動転していて、そのまま放置してしまい、ようやく今日になって相談にみえた次第でした。

 担当書記官が不在でしたので、亡くなったお父様を相手方とする特別送達された申立書の取り扱いがどのようになるかは、再度問い合わせることになりましたが、1月11日付の書類を、せめて一週間早く持ってきてくだされば、落ち着いて対応できるのに…と思わずにはいられませんでした(^^ゞ


 確定申告2012年は、「確定深刻…」なスタートとなりました。












 
by toco_tax | 2012-02-07 23:23 | 仕事のこと | Comments(1)
公開講座-国税通則法「改正」の実務への影響と2012年確定申告への対応-


 2月に入り、いよいよ確定申告の繁忙期を迎えています。連日、年に一度のお客さまからの資料が届き、出来るものから始めています。
 
 今日は、東京税財政研究センターの「国税通則法「改正」の実務への影響と2012年確定申告への対応」の公開講座へ、父と一緒に受講してきました。

c0196754_1434694.jpg


 Ⅰ.国税通則法「改正」と納税者の対応
 Ⅱ.2011年分確定申告-ここに注意
 Ⅲ.源泉所得税調査のポイントと対策

の3本立てで、国税OBの税理士会員から、理論武装と現実的な対応など、現場の経験から意義深い話をお聞きすることができ、貴重な資料を頂くことができました。

c0196754_144564.jpg


 平成23年度税制改正は迷走を続け、いつ何がどう改正されたのか、正確に理解できていなかった点について、歯切れのよい講義でスッキリ整理することができたように思います。
by toco_tax | 2012-02-03 23:42 | 仕事のこと | Comments(0)
東部ブロック1月例会


 2012年1月の東部ブロック例会は、新加入の会員も迎え10名の参加でした。

c0196754_2441335.jpg


 江北ブロックの中川敦子会員に、昨年12月に東京税経新人会有志で視察してきた「韓国の納税者番号制度」について報告して頂きました。

 事前の勉強会、韓国税務士会館での研修、三成税務署での懇談…のメモをもとに、韓国の実情をお聞きしました。

* 韓国では、朴大統領軍部独裁政権下の1960年代、北朝鮮のスパイ識別を目的として1968年に住民登録番号制度が制度化され、出生申告時に付番された番号に、指紋を含め、あらゆる情報を込めて行政が管理する唯一の国である。

* 日常生活おいても、税務、医療、年金、銀行口座開設やWEBサイトへの会員加入など民間サービスでも利用されている。

* 事業者(個人または法人)は事業を開始すると、事業所ごとに事業所登録番号が付与され、すでに持っていた住民登録番号と結ばれ、国税庁の電算網に収録され、税務署等の監視から逃れるすべはない。

* 韓国では、付加価値税の計算に、日本の帳簿方式ではなく、インボイス(税金計算書)方式を採用している。事業者登録番号は、①付加価値税法上の税金計算書の交付・受取、付加価値税の申告・納付、②源泉徴収する税目の申告・納付―などに管理番号として活用される。

* 法人も個人も、付加価値税は年4回の申告義務がある。また、日本と同じ簡易課税制度があり、売上金額に業種別付加価値税率×10%となります。簡易課税者は、直前1年間の売上金額が4800万ウォン(約336万円)に達しない「個人」事業者で、国税庁が計算してくれる。

* 納税者番号を利用した現金領収制度を実施することにより、個人事業者の所得捕捉を目的とし、クレジットカード利用を促進して捕捉していたものを現金取引まで把握するため2005年から導入された。このデータはそのまま消費者の所得控除データとして用いられるため、自分の番号を告知することにより、国税庁では名寄せして膨大なデータを蓄積している。この取り組みで、民間支出における収入金額捕捉率は75%にもなるという。


c0196754_2462737.jpg


 韓国の住民登録制度は軍事政権の権力安定のための道具として登場し、国民を監視、統制する仕組みとして利用されたという背景があり、この誕生時の限界が克服されないまま機能し、高いIT技術を誇る反面、個人情報の漏えいなど不信を払拭できず、ICチップ入りの電子住民カードへの切りかえは、市民団体などの多数の反対により実現していません。

 日本でも、このような共通番号と共通ICカードを使って国民生活を生涯にわたって監視することで、社会保障と税の一体改革を推し進めようとしていますが、行政の効率や利便のために、国民の人権を侵害する危険性が高い制度は必要ないという認識を深くしました。
by toco_tax | 2012-01-17 23:39 | 仕事のこと | Comments(0)
年末調整で思うこと
 仕事は、年末調整の真っただ中です。例年、扶養控除等申告書、保険料控除申告書等をくくりながら、年末調整をしていると、関与先の従業員の家族の状況が垣間見え、なんとも複雑な心境になってしまいます。


 大部分の給与所得者は、年末調整によって所得税額が確定して、納税も完了するシステムになっていますから、給与の支払者に、配偶者の収入、扶養親族、障害者や寡婦(夫)に該当するか、どんな保険に加入していて支払額はいくらになるか…、報告をしなければなりません。それぞれの家庭の事情があるのですから、給与の支払者に知られたくないことも色々あると思います。徴税の便宜のために、確定申告する権利を奪われていることには例年、数百人の年末調整をしながら、どうしても納得ができません。


 平成23年分は16歳未満の扶養控除が廃止され、16歳から19歳未満の特定扶養控除の上乗せ部分も廃止になりました。住民税は平成24年度から適用されます。年末調整での還付金は、ささやかな楽しみだったと思いますが、子ども手当はしっかり家計費に入ってしまうので、「お小遣い」になっていた還付金は、今年は特定扶養上乗せ廃止などが響いて、全体的に少なくなっているように思います。


 来年の確定申告では、その実感がさらに深刻になることは必至です。こんなときに消費税が増税となったら、中小零細業者は壊滅的な打撃を受けることは間違いありません。


 金曜、土曜と年末調整に追われながら、不公平な税制にたくさんの疑問を感じる週末となりました031.gif
by toco_tax | 2011-12-24 01:30 | 仕事のこと | Comments(2)
リプレースⅡ


 このところ、連日J 社の担当営業所O所長、カストマK主任に来所頂いていますが、本日も午後から、宿題となっていたLAN上にあるF社複合機の設定、J-LANの設定など続いています。


c0196754_23574150.jpg


 リモート接続で使っている自宅のワーク、病院の予約などでバタバタしている中、設置完了!今まで使っていたデスクトップもリビングに残すことにしました。どんどんリビングが狭くなる気がしますが、諸々のソフトや、キッチンでレシピが見れたら便利かも~♪と、取りあえずカウンター下にお引っ越し。

 vistaから7へと変わっているので、しばらくは画面を凝視しながら、どこに何の機能があるのか格闘が続きそうです009.gif
by toco_tax | 2011-12-05 23:30 | 日々のこと | Comments(0)
リプレース

 顧問先のソフトを1本購入する相談から、思いがけない方向へと話が展開し、購入から4年半の現在のシステムから、リプレースの提案があり、あれれ?と思っているうちに、スピード決着して、仕事に支障がないように、昨日の土曜日、搬入設置…ということになりました!


 突然の総入れ替えになったので、データのバックアップ、その他もろもろ大わらわ025.gif

 12月、例年早目の大掃除をする時期なのですが、いつもの大掃除では「掃除」がメインで、なかなか手がつけられなかった書類の整理や、書籍の処分など、またまた書類と格闘することに~^_^;


 虫の知らせなのか、前日お休みをとっていたKTさんのPC、バックアップすることになっていたフォルダを…と電源を入れ、暫くカリカリと変な音。モニターも点かず、何度かトライしてみたものの、ようやくこんな画面に!

c0196754_1914541.jpg


 PCもドナドナされてしまうことを察知したのでしょうか 007.gif


 土曜日の休日、私が事務所に到着した頃には、既に、玄関の外には…

c0196754_1916947.jpg


 開梱した段ボールが積み上げられ、

c0196754_19163897.jpg


 リプレースの件から担当になった所長、カストマさん2名で、次々と作業を進めていました。


 私は…というと、

c0196754_19191568.jpg


 仕事も出来ないし、邪魔にならないように、隣の野良猫ちゃんを追っかけたり、

c0196754_19202897.jpg


 玄関のガラスにとまっているムシを追いかける猫…
 

 様々な設定があるので、朝から20時頃だろうなぁ…と思っていましたが、予想通り、私の自宅でリモート接続する1台は後日に延び、幾つかの宿題を残して午後8時、昨日できる作業は完了となりました。


 いつもお世話になっている担当営業所のカストマKさん、新人だというAさん…礼儀正しく黙々と作業を進めてくれ、所長のOさんはA型らしく、事務所内のケーブル類などを、全てスッキリと綺麗にまとめてくださり、気持ちの良い仕事っぷりでした。

c0196754_19321676.jpg


 PCに関する事務所のサポートセンターのCさんにも一日立ち会ってもらい、大変お疲れ様でした。


 さぁ、これから繁忙期を迎えますが、心機一転、頑張って仕事に励みたいと思います。
by toco_tax | 2011-12-04 19:39 | 仕事のこと | Comments(0)